Home >News > ProMED翻訳情報(357回) ~ニューヨーク州における野生動物の狂犬病の状況~

ProMED翻訳情報(357回) ~ニューヨーク州における野生動物の狂犬病の状況~

2015.04.13

RABIES – USA (04): (NEW YORK), WILDLIFE, HUMAN EXPOSURES

********************************************************

Date: Fri 13 Jun 2014     Source: The Buffalo News [edited]

 

The number of wild animals testing positive for rabies in Erie County — and several recent incidents of rabid animals biting residents — led public health authorities on Friday [13 Jun 2014] to issue an alert about the problem.

エリー郡における狂犬病陽性と診断される野生動物の数と、いくつかの最近の狂犬病罹患動物の住民咬傷事例により、金曜日(2014年6月13日)に公衆衛生当局からこの問題に関する警告が発せられた。

 

To date in 2014, 13 animals — 5 raccoons, 5 bats, and a cat, skunk and fox — have tested positive for rabies in the county.

2014年のこの日までに、郡において、13の動物(アライグマ5、コウモリ5とネコ1、スカンク1、キツネ1)が狂犬病陽性と診断された。

 

On Wednesday [11 Jun 2014], a rabid bat bit a 15-month-old West Seneca girl on the face in her bedroom. On Thursday [12 Jun 2014], a rabid raccoon bit a man in Alden when he attempted to stop the animal from attacking his dog. Also on Thursday, a Buffalo resident found a rabid bat in his home.

水曜日(2014年6月11日)に、狂犬病罹患コウモリが寝室で15か月齢のWest Senecaの少女の顔を噛んだ。木曜日(2014年6月12日)に、イヌを攻撃している狂犬病罹患アライグマを止めようとしてAldenの男性が咬まれた。同じ木曜日に、Buffaloの住民はかれの家で狂犬病罹患コウモリを発見した。

 

Rabies is caused by a virus that people and other mammals can get through exposure to the saliva or nervous tissue of a rabid animal, and if untreated, is almost always fatal, according to public health officials. The virus is preventable in pets by vaccinating them to protect against the disease.

公衆衛生職員によると、狂犬病はウイルスを原因とし、人々と他の哺乳動物は、狂犬病罹患動物の唾液や神経組織への曝露を介して感染し、そしてもし治療をしなければたいてい致死的である。ウイルスは予防接種によりペットを疾病から防御することが出来る。

 

“To stay safe, never handle a bat or any other wild animal,” said Dr. Gale R. Burstein, Erie County health commissioner. “In addition, it is extremely important that all household pets receive rabies vaccinations.”

「安全のままでいるために、コウモリやいかなる他の野生動物を手に取らないこと。」とエリー郡の健康委員のDr. Gale R. Bursteinは述べた。「加えて、すべての家庭動物が狂犬病ワクチン接種を受けることが非常に重要である。」

 

Officials recommended that residents contact the county’s Division of Environmental Health at 961-6800 if they come into contact with an animal that may have rabies.

もし、狂犬病に罹患しているかもしれない動物に接触したなら、住民は郡の環境健康部門に961-6800の電話によって連絡するようにと、職員は勧告した。

 

 

[In the USA, there exist several wildlife variants of Lyssavirus that circulate in bats, raccoons, skunks, foxes and coyotes. It is very important to make sure to keep the vaccination schemes of all dogs and cats in the area up to date.

USAでは、コウモリ、アライグマ、スカンク、キツネ、コヨーテに循環する、リッサウイルスの数種の野生動物変異株が存在する。地域におけるすべてのイヌネコの予防接種計画を最新のものに確実に維持することは大変に重要である。]

 

PageTop