Home >News > ProMED翻訳情報(358回) ~アメリカにおける狂犬病に曝露した動物の取扱いに関する情報2題~

ProMED翻訳情報(358回) ~アメリカにおける狂犬病に曝露した動物の取扱いに関する情報2題~

2015.04.13

RABIES – USA (31): (SOUTH CAROLINA) BAT, CANINE AND HUMAN EXPOSURE

******************************************************************

[1] South Carolina (Charleston): bat, canine and human exposures

[1]サウスカロライナ(チャールストン):コウモリ、イヌとヒトの曝露

Date: Mon 13 Oct 2014      Source: Live 5/WCSC [edited]

 

Health officials are recommending a West Ashley [Charleston, South Carolina] family to receive post-exposure treatment for rabies after their 9-week old puppy got hold of a bat that later tested positive for the disease.

衛生局職員は、West Ashley(チャールストン、サウスカロライナ)の家族に、彼らの9週齢の子犬が、後に狂犬病陽性であると診断されたコウモリを捕まえたことから、狂犬病の曝露後治療を受けることを勧告している。

 

According to the South Carolina Department of Health and Environmental Control [DHEC], the puppy was spotted by its owner carrying a bat in its mouth on [10 Oct 2014]. The owner, along with another family member, removed the bat from the puppy’s mouth with their bare hands and had it submitted to DHEC for testing. The results on the bat came back positive for rabies on [14 Oct 2014].

サウスカロライナ健康環境コントロール部門[DHEC]によると、2014年10月10日に、その子犬は、口でコウモリを運んでいるところを飼主に見つけられた。飼主は、他の家族と一緒に素手で子犬の口からコウモリを取り出し、DHECへ検査の為に提出した。そのコウモリの結果は2014年10月14日に狂犬病陽性と回答された。

 

DHEC officials have recommended that the 2 people who came in contact with the bat undergo post-exposure treatment, while the puppy, who was too young to have been vaccinated, must undergo a 180-day quarantine.

DHEC職員は、コウモリに接触した2名に、曝露後免疫治療を受けるように勧告し、一方子犬に対しては、予防接種を受けるには若すぎるため、180日間の隔離を勧告した。

 

There were 124 confirmed cases of animal rabies during 2013 in South Carolina. There have been 116 confirmed cases in animals statewide this year [2014], according to DHEC.[Byline: Philip Weiss]

サウスカロライナでは2013年中に124の動物狂犬病の確定例があった。DHECによると、本年(2014年)州全体で116の動物の確定例があった。

[A 6-month quarantine struck me as possibly a bit long, so I checked with an experienced veterinary public health colleague in Texas. See item [2] below. – Mod.MHJ]

6か月間の隔離は、おそらく少し長いと私に思わせた。そこで、私はテキサスにいる獣医公衆衛生に熟練した同僚と調査した。以下の項目[2]をみるように。

 

******

[2] Texas Department of State Health Services, Disposition of Domestic

[2]テキサス州公共医療部門、狂犬病に暴露された飼育動物の処分

Animals Exposed to Rabies     Date: Thu 16 Oct 2014    From: Jim Wright

 

The 180 days comes from the NASPHV [National Association of State Public Health Veterinarians] Rabies Compendium, which is a guideline and not a law.

「180日間」はNASPHV(国立州公衆衛生獣医協会)の狂犬病概論から来ており、それはガイドラインであって法ではない。

 

Texas law says isolate and confine for 90 days with vaccination during the confinement. The wording is below. Obviously, euthanasia is an option, and not out of the question given the close contact between the pup and the bat. However, if they want to try to keep the pup, the Texas protocol seems to be valid. Caution: this does not guarantee the pup will not become rabid. However, it should become symptomatic during the confinement.

テキサスの法律では、拘束中の予防接種と90日間の拘束と隔離が述べられる。その言葉による表現は下記のとおり。明らかに、安楽死は一つの選択肢であり、子犬とコウモリの密接な接触は問題外ではない。しかし、彼らが子犬を維持することを望むのなら、テキサスプロトコールは有効にみえる。注意:これは、子犬が狂犬病にならないであろうことを保証するものではない。しかし、拘束中に症状を示すであろう。

 

Texas Administrative Code, Zoonosis Control Rule 169.30: Disposition of Domestic Animals Exposed to Rabies

テキサス行政コード、人獣共通感染症制御規則169.30:狂犬病に暴露された飼育動物の処分

———————————————————————-

a.Not currently vaccinated animals that have been bitten by, directly exposed by physical contact with, or directly exposed to the fresh tissues of a rabid animal shall be:

  1. euthanatized; or
  2. immediately vaccinated against rabies, placed in confinement for 90 days, and given booster vaccinations during the 3rd and 8th weeks of confinement. For young animals, additional vaccinations may be necessary to ensure that the animal receives at least 2 vaccinations at or after the age prescribed by the United States Department of Agriculture (USDA) for the vaccine administered.

a.狂犬病で発病した動物に咬まれたり、身体的接触によりあるいはそれらの新鮮組織に直接曝露された現在予防接種をされていない動物は以下のようにすべきである。

1.安楽死

または、

2.即時に狂犬病に対するワクチンを受け、90日間の隔離下におかれ、そして隔離3と8週目にブースターワクチン接種をうける。幼若な動物には、合衆国農務部(USDA)により規定されたワクチン投与の年齢時あるいは年齢後に動物が少なくとも2回のワクチン接種を、受けることを確実にするために、追加ワクチンが必要かもしれない。

 

b.Currently vaccinated animals that have been bitten by, directly exposed by physical contact with, or directly exposed to the fresh

tissues of a rabid animal shall be:

  1. euthanatized; or
  2. immediately given a booster rabies vaccination and placed in confinement for 45 days.
  1. 狂犬病で発病した動物に咬まれたり、身体的接触によりあるいはそれらの新鮮組織に直接曝露された現在予防接種をされている動物は以下のようにすべきである。

1.安楽死

または、

2.即時に狂犬病に対するブースターワクチン接種を受け、45日間の隔離下におかれる。

 

c.These provisions apply only to domestic animals for which a USDA-licensed rabies vaccine is available.

c.これらの規定は、USDA認可の狂犬病ワクチンが利用できる飼育動物のみに適用される。

 

d.In situations where none of the requirements of this section are applicable, the recommendations contained in the latest edition of the publication titled Compendium of Animal Rabies Prevention and Control, published by the National Association of State Public Health Veterinarians, should be followed. The administration of a rabies vaccine in a species for which no licensed vaccine is available is at the discretion of the veterinarian; however, an animal receiving a rabies vaccine under these conditions will not be considered to be vaccinated against rabies virus in potential rabies exposure situations.

d.このセクションの必要条件のどれも適用できない状況では、国立州公衆衛生獣医協会から出版された動物狂犬病予防と制御概論と名付けられた最新版の出版物にふくまれるその勧告は従われるべきである。認可ワクチンが利用できない動物種の狂犬病ワクチン接種は獣医師の裁量である;しかしながら、これらの状況下で狂犬病ワクチンを接種されている動物は、狂犬病に曝露が可能な状況中で、狂犬病ウイルスに対してワクチン接種されることは考えられないであろう。

 

James H Wright, DVM, MPVM   Regional Zoonosis Veterinarian   HSR 4/5N    Texas Department of State Health Services    1517 West Front Street    Tyler, TX 75702    USA

[Obviously there is pressure to put the pup down as 6-months quarantine is not cheap. But once the pup is of an age to be vaccinated, it could be, best twice, and sit out the 90 days. But it

is the SCDHEC’s call. – Mod.MHJ

明らかに、子犬を6か月の隔離下に置くことはたやすいことでないという重荷がある。しかし、子犬がワクチン接種できる年齢に達したなら、再善2回接種でき、90日間で放免される。しかしこれはSCDHECの呼びかけである。

 

The age that puppies get their first rabies vaccination varies by state law, and is generally between 12 weeks to 6 months of age

子犬が最初に狂犬病ワクチン接種を受ける年齢は州法により様々であり、通常12週から6月齢の間である。

PageTop