Home >News > ProMED翻訳情報(359回) ~ヴァージニア州で発生したアライグマからの狂犬病曝露~

ProMED翻訳情報(359回) ~ヴァージニア州で発生したアライグマからの狂犬病曝露~

2015.04.30

RABIES – USA (08): (VIRGINIA), RACCOON, HUMAN EXPOSURE
******************************************************

Date: 10 Mar 2015       Source: New York Daily News [edited]

A rabid raccoon reportedly bit 75-year-old CO in the leg, prompting her to fight back. She strangled the animal and then visited a hospital to receive rabies shots. If you bite, she’ll fight back!
75歳の女性が狂犬病に罹ったアライグマに足を噛まれたとの報告があったが、そのアライグマは女性の素早い反撃にあったようだ。彼女はその動物を仕留めた後、狂犬病の暴露後接種を受けるため病院を訪れていた。彼女を怒らせると、ただじゃすまなさそうだ。

A Virginia septuagenarian strangled a rabid raccoon after it violently charged at her and bit her on the leg Saturday [7 Mar 2015] afternoon. The attack came as the woman was watching birds in an off-the-map section of [Lewis Ginter] botanical garden in Henrico [County].
2015年3月7日土曜日の昼下がり、バージニアに住む70代の人は狂犬病を発症したアライグマに突然襲われ、足を咬まれた後、そのアライグマを絞め殺した。彼女は、Henrico郡のLewis Ginter植物園で地図に載っていない区画で野鳥観察をしていた時に被害にあった。

“I tried to shake it off and realized how violent it was,” CO, 75, told the Richmond Times-Dispatch. “As I moved backward away from it, I grabbed its neck, and I knew that I couldn’t get away from it. If I ran, it would be faster than I would and would just tear me to pieces. So I threw it to the ground, and I strangled it with both hands.” CO, a former Tai Chi instructor, swears she normally would never be so violent with an animal, but this killer critter brought out the beast in her.
「その時、私はアライグマを振り落とそうとしたのよ。でもそれがとても凶暴化していることに気づいたの。」と75 歳の女性はリッチモンドタイムズの特報に伝えている。「アライグマを引き剥がそうと、首根っこを掴んで自分は後ろ下がりに動いてみたのだけれど、アライグマは絶対に離れないことがわかったの。もし私が走って逃げても、アライグマは私より速いから追いついて私を八つ裂きにしたでしょうね。だから、私はアライグマを地面に叩きつけて両手で首を絞めたの。」その女性は実は太極拳の元師範で、普段は動物に対して暴力を振るったことなどないような人である。しかし、この殺し屋と化した動物は彼女の中に眠る野獣を呼び起こしたようだ。

“I am a terrific animal lover. It’s the last thing in the world I would have ever wanted to do, but you know, self-preservation kicks in, and I guess a primitive part of my brain just went into operation, and that was it.”

「私はとんでもなく動物好きよ。絶対にあんなことはしたくないのよ、でもね、ほら、自衛本能が働くというのかしら、私の中の原始的、動物的な本能が働いた結果、そうなっちゃったのよ。」

CO went to a hospital to start a series of rabies shots. She returned to the park the day after the raccoon rumble to finish her walk.

[Byline: Jason Silverstein]

その女性は狂犬病暴露後接種を一通り受けるために病院を受診済みだ。彼女はアライグマ騒動の翌日、散歩を続けるために同じ植物園を訪れている。


[Never fool with raccoons, healthy or rabid. And if you have a septuagenarian mother-in-law like this, remember to say, “No, ma’am.”
The good news is that the raccoon was immediately available for necropsy. According to the TV report embedded in this news report, there were 7 animals diagnosed with rabies in Henrico County in 2014, and 2 were raccoons. And if Ontario was able to eradicate wildlife rabies, Virginia should begin planning to do so too. The benefits would be significant. – Mod.MHJ]
狂犬病、健康体にかかわらず決してアライグマをからかってはいけない。もしこんな感じの70代の義母がいるなら、「お義母様、おやめください。」と伝えるのをお忘れなく。吉報としてはそのアライグマを迅速に剖検出来たことだ。このニュースを伝えたテレビ報道によると、Henrico郡では2014年に7頭の動物が狂犬病と診断され、そのうち2頭がアライグマであった。もしオンタリオ州が野生動物の狂犬病を排除できたとしたら、バージニア州もそれにならうべく計画し始めるべきだ。得られるものは大変おおきいだろう。

 

PageTop