Home >News > ProMED翻訳情報(360回) ~インドの一地域における人の狂犬病予防対策の現状~

ProMED翻訳情報(360回) ~インドの一地域における人の狂犬病予防対策の現状~

2015.04.30

RABIES – INDIA (15): (MAHARASHTRA), HUMAN, FATAL
************************************************

Date: 27 Oct 2014
Source: Outbreak News Today [edited]

 

A 14-year-old boy from Warapudi village in Indapur taluka in Pune district became the latest victim of the deadly viral disease [rabies] in the Pune District of India, bringing the death toll in this one area of India to 21, year-to-date [2014].
インド Pune県における致死性ウイルス疾患(狂犬病)の最新の症例はPune地区、Indapur taluka, Warapudi村の14歳の少年で、この一地域で2014年度現在までに21名の狂犬病死者が発生している。

 
The teen developed symptoms of rabies including hydrophobia, aerophobia and breathlessness and was rushed to the Pune Municipal Corporation-run Naidu Infectious Diseases Hospital, but unfortunately he succumbed to the nearly 100 percent fatal virus. “Despite sustaining a serious dog-bite wound some days ago, the boy had not taken the anti-rabies vaccination or fast-acting rabies immunoglobulins (RIG),” said S T Pardeshi, medical officer of health (MoH), Pune Municipal Corporation (PMC).
その10代の少年は恐水症、恐風症、呼吸困難などの狂犬病症状を示し、Pune地方自治体運営Naidu感染症病院へ急いで搬送されたが、残念ながらほぼ100%致死のウイルス感染症により亡くなった。 「その少年は数日前にひどい犬咬傷を被っていたにも関わらず、抗狂犬病ワクチン接種や即効性の狂犬病イムノグロブリン(RIG)を受けていませんでした。」と、Pune地方自治体保健課の S.T.Pardeshi 医師は述べている。

 
The situation in Pune is just a small example of a problem that plagues India.
Rabies is a huge problem in India as is the problem with stray dogs; in fact, India’s cities and towns are home to about 30 million stray dogs. The Animal Welfare Board of India (AWBI), a statutory body under the Environment and Forests Ministry, is struggling to rope in NGOs and animal welfare groups to implement the recently-approved National Rabies Control Pilot Project. However, a lack of funding and outdated policies has made the project without much effect.

Pune県の状況はインドを悩ます小規模な例に過ぎない。狂犬病は野良犬の問題と平行して、インドでは大きな問題となっている。実際、インドの市町村は約3千万頭の野良犬の住処となっているのだ。環境森林省の管轄下にあるインド動物福祉委員会(AWBI)は、最近承認された国家狂犬病制御試験的プロジェクトの導入にNGOや動物福祉団体からの協力を得る困難に直面している。しかしながら、予算不足や時代遅れの政策方針によって、プロジェクトの影響力はそれほど期待できるものではなくなっている。
“This is a huge challenge, controlling this large population with such a small budget. Moreover, rabies control is not only about sterilizing and vaccinating dogs, because not all dogs cause rabies. It takes a lot of effort to control the disease,” said Dr R.M. Kharb, chairperson of AWBI.
「このように大きな犬の群れをこれほどに小規模な予算で制御するのは、大きな挑戦です。さらに、狂犬病制御は犬の避妊手術やワクチン接種だけではありません。犬だけが狂犬病の原因になるわけではないからです。(注:全ての犬が狂犬病を引き起こすわけではないから、という本文内容ですが、not only dogs cause rabies の間違いかと推測しました。)狂犬病の制御には多大な努力を必要とします。」と、AWBI議長のDr.R.M.Kharbは述べている。

 

An estimated 45 percent of all deaths from rabies occur in Southeastern Asia, with reports of about 18 000 to 20 000 cases of rabies a year and about 36 percent of the world’s deaths from the disease in India alone. Rabies incidence in India has been constant for a decade, without any obvious declining trend, and reported incidence is probably an underestimation of true incidence because in India, rabies is still not a notifiable disease, according to a WHO editorial published earlier this year [2014].
狂犬病死亡例の推定45%が東南アジアで起こっており、年間18,000人から20,000人が亡くなっている。インドだけで約36%を占めるとされている。10年間インドにおける狂犬病発生数は一定的であり、めぼしい減少傾向もみられず、さらにインドにおいて狂犬病は今なお届け出疾患ではないため、報告されている症例数は実際の症例数に比べて過小評価されている可能性が2014年初めに公刊されたWHO の報告書で指摘されている。
The situation is rooted in a general lack of awareness of preventive measures, which translates into insufficient dog vaccination, an uncontrolled canine population, poor knowledge of proper post-exposure prophylaxis on the part of many medical professionals, and an irregular supply of anti-rabies vaccine and immunoglobulin, particularly in primary-health-care facilities.
現状に至る原因として、全体的に予防対策への認識が欠けている、すなわち犬へのワクチン接種不足、犬個体数の無制御、一部の医療関係者における適切な暴露後予防への乏しい知識、それから、特に一次医療施設における抗狂犬病ワクチンおよび免疫グロブリンの不規則な供給などである。
According to one study, only 70 percent of the people in India have ever heard of rabies; only 30 percent know to wash the wounds after animal bites and, of those who get bitten, only 60 percent receive a modern cell-culture-derived vaccine. Ironically, in this era of mass communication and advanced health systems, even physicians sometimes know little about proper prophylactic measures following animal bites.
ある調査によると、インド人口の70%だけが狂犬病を耳にしたことがあり、30%のみが動物に咬まれたらその傷口を洗うべきであることを知っており、動物に咬まれた者のうち60%だけが最新の細胞培養由来ワクチンの接種を受けている。皮肉なことに、このメディアを通じて大量に情報が流され、高度な医療システムが存在する時代に、医師ですら動物に噛まれたあとの適切な予防的対策をほとんど知らないということもあるのだ。
Given the conditions that prevail in India, several measures must be taken to control rabies effectively, including public education campaigns, ensuring the uninterrupted availability of vaccines and anti-rabies immunoglobulin in all hospitals and in remote primary-healthcare centres, training of primary care providers, more exposure to animal bite management in medical schools and dog vaccination through baits and sterilizing stray dogs.   [Byline Robert Herriman]
インドにおいてこれらを改善するためには、一般人向けの教育キャンペーン、全ての病院および地方の一次保健施設において確実にワクチンや抗狂犬病イムノグロブリンを継続的に利用可能にすること、初期治療に当たる関係者への訓練、医学部での動物咬傷対応を学ぶ機会をより多く与えること、犬への経口ワクチン接種や野良犬の避妊処置など、狂犬病を効果的に制御する対策がとられるべきである。


[This report from Pune gives a bleak but honest report on the situation in India concerning this totally preventable zoonotic problem.
このPune県からのレポートは憂鬱なものであるが、この予防可能な人獣共通感染症に関するインドにおける状況の率直な報告である。

PageTop