Home >News > ProMED翻訳情報(361回) ~ヴァージニア州で発生したキツネからの狂犬病曝露の可能性~

ProMED翻訳情報(361回) ~ヴァージニア州で発生したキツネからの狂犬病曝露の可能性~

2015.04.30

RABIES – USA (06): (VIRGINIA) FOX, CANINE EXPOSURE

**************************************************

 

[This is a slightly confusing story, but bear with me. It is instructive. – Mod.MHJ]

[これは少し混乱する話ではあるが、我慢してほしい。それは有益なことである。- Mod.MHJ]

 

[1]Date: 4 Mar 2015     Source: Williamsburg Yorktown Daily [edited]

 

A citizen found the apparently injured fox and took it home, realizing after several days the fox had become ill. The fox was euthanized and tested positive for rabies, resulting in all of the family members having to undergo post-exposure treatment for the fatal disease.

ある市民が、おそらく傷ついているであろうキツネを見つけて家に連れ帰り、数日後にキツネが病気になっていることが分かった。キツネは安楽死させられ、検査されて狂犬病陽性であったために、結果としてすべての家族構成員は致死的病気の曝露後治療を受けなければいけないことになった。

 

“This particular case emphasizes the importance of enjoying wildlife from a distance, no matter how cute they may appear,” said Lois Gary, a spokesperson for the Peninsula Health District.

“彼らがどんなにかわいく見えるかもしれなくても、この特別な症例は、遠くから野生動物を楽しむ重要性を強調しています。” Peninsula保健管区の報道官、Lois Garyはそう言った。

 

The health district encourages citizens to vaccinate their pets, report all exposures to animals, refrain from coming into contact with wild animals and abstain from feeding pets outside or leaving trash uncovered. Anyone with information regarding exposure to the fox in Chisman or Boathouse Creek is asked to call the Health Department. Citizens can call the Yorktown Animal Control dispatch after hours .

保健管区は、市民に対して彼らのペットにワクチン接種すること、動物に対するすべての曝露を報告すること、野生動物と接触することを断つこと、そして外でペットに餌を与えることや被いをしないゴミをそのままにするのを止めることを勧めている。ChismanまたはBoathouse Creekのキツネへの曝露に関する情報を持つものは誰でも、保健管理部に電話することを求めた。市民は、就業時間後に、Yorktown Animal Control特電に電話をすることができる。

 

******

[2]Date: 5 Mar 2015     Source: Williamsburg Yorktown Daily [edited]

 

The rabid fox found last week in Yorktown came into contact with a dog, which is now being monitored at his home for 45 days. Peninsula Health District environmental health supervisor Howard Masters said the dog overpowered the fox during a fight in the Chisman Creek and Boathouse Creek area of York County.

先週Yorktownで発見されたキツネはイヌと接触し、今そのイヌは彼の家で45日間監視されている。Peninsula保健管区環境衛生管理者のHoward Mastersは、York郡のChisman CreekとBoathouse Creek地域での戦いの間、イヌがキツネを圧倒した、と語った。

 

The dog’s owner killed the fox and notified the Peninsula Health District, who collected the fox’s remains for testing, which came back positive for rabies. The dog, who Masters said was up-to-date on vaccinations, was given a booster shot and is currently undergoing a 45-day confinement in its home “just as a precaution,” Masters said. He stressed the importance of getting pets vaccinated to prevent rabies and avoiding contact with wildlife.

イヌの飼い主はキツネを殺してPeninsula保健管区に通報した。そこでは診断のためキツネの遺体を収集し、狂犬病陽性と伝えてきた。ワクチン接種を適時受けていると飼い主が言うそのイヌは、追加接種を受け、現在はその家で、”まさに予防措置として”45日間監禁を受けている、と飼い主は述べた。彼は狂犬病を防ぐために、ペットにワクチンを接種し、野生生物との接触を避ける重要性を強調した。

 

The health district encourages citizens to vaccinate their pets, report all exposures to animals, refrain from coming into contact with wild animals and abstain from feeding pets outside or leaving trash uncovered. Anyone with information regarding exposure to the fox in Chisman or Boathouse Creek is asked to call the Health Department. Citizens can call the Yorktown Animal Control dispatch after hours.

保健管区は、市民に対して彼らのペットにワクチンを接種すること、動物に対するすべての曝露を報告すること、野生動物と接触することを断つこと、そして外でペットに餌を与えることや被いをしないゴミをそのままにするのを止めることを勧めている。ChismanまたはBoathouse Creekのキツネへの曝露に関する情報を持つものは誰でも、保健管理部に電話することを求めた。市民は、就業時間後に、Yorktown Animal Control特電に電話をすることができる。

 

Correction: The article has been updated to reflect the circumstances surrounding the rabid fox. Incorrect information was provided in a previous version.

訂正:記事は、狂犬病のキツネに取り囲まれている状況を反映するために更新された。誤った情報が、前のバージョンにおいて提供された。

 

[There was one response [5 Mar 2015 at 9:27 am] to “Rabid Fox Found in Yorktown,” from Bonnie: “The Health Dept will NOT test an animal thought to have rabies unless it has had contact with a human or pet. So when you read how many rabid animals have been found in an area, it is a very incomplete number!”

[2015年3月5日午前9時27分]に、Bonnieから”Yorktownで狂犬病のキツネが見つかった”ということについて一つの反応があった。:” 保健省はヒトやペットと接触を持たない限りは、狂犬病を持っていると思われる動物を決して検査しないでしょう。だからあなたが、この地域に何と多くの狂犬病動物がいるのだろう、と読んで知ったとき、それは非常に不完全な数なのです!“

 

Bonnie has a sound point. In general, sick and dead wildlife are ignored and do not undergo necropsy or laboratory workup. As a result the full extent of rabies risk from sick wildlife can only be guessed at. In this newspaper I found multiple search requests for a dog that had bitten someone; a 2 Nov 2014 report of a rabid raccoon in York County; a 22 Aug 2014 report on a rabid bat found in a home in James City County; a 21 Jul 2014 report of a rabid raccoon in James City County; a 19 Mar 2014 rabid coyote found in Williamsburg; and a 28 Feb 2014, rabid fox in York County; and then more reports for 2013. If you want to study rabies in wildlife, Virginia is the place to go.

Bonnieは正しい論点を持っている。一般に、病気のそして死んだ野生動物は無視されて、検死や研究所の精密検査を受けない。結果として、病気の野生生物からの極めて大きな狂犬病のリスクは、ただ単に推測されるだけである。この新聞において、私は何者かに咬みつかれたイヌの複数の調査依頼を見つけた。;York郡における、狂犬病のアライグマの2014年11月2日の報告;James City郡における、 家で発見された狂犬病のコウモリの2014年8月22日の報告;James City郡における、狂犬病のアライグマの2014年7月21日の報告;Williamsburgで発見された狂犬病のコヨーテの2014年3月19日の報告;2014年2月28日、York郡における狂犬病のキツネ;そして2013年のさらに多くの報告。もしあなたが野生動物の狂犬病を研究したいなら、バージニア州は行くべきところである。

 

In the meanwhile the moral of this confused account is keep well away from any wild animal behaving strangely or even out in the daylight away from its normal habitat. Do not let your dog get involved, and make sure that he or she is up to date with rabies shots. – Mod.MHJ

それまでは、この混乱した報告の教訓は、本来の生息地から離れて変なあるいは昼間でさえも行動するいかなる野生動物に近寄らないということである。あなたのイヌを関わらせないようにし、狂犬病注射に関して、彼あるいは彼女が狂犬病のワクチン接種を適時受けていることを確認しなさい。- Mod.MHJ

 

PageTop