Home >News > ProMED翻訳情報(362回) ~コロラド州で発生した購入した子ネコからの狂犬病曝露~

ProMED翻訳情報(362回) ~コロラド州で発生した購入した子ネコからの狂犬病曝露~

2015.04.30

RABIES – USA (05-2): (COLORADO), FELINE, HUMAN EXPOSURE

*****************************************************

Date: 3 Mar 2015 2015年3月3日    Source: Outbreak News Today [edited]

 

A 6 month old kitten obtained on Craigslist has turned out positive for the nearly 100 per cent lethal virus, rabies, requiring nearly 2 dozen people to receive rabies post-exposure prophylaxis. The family of 4 from northeast Colorado Springs named the kitten Jello. The owners said the cat was fine for 2 weeks, and then the black cat “took a turn for the worse” and got very sick. The family’s 2 other dogs and a cat had to be put down since they were exposed.

Craigslistより購入した6ヶ月齡の子猫がほぼ100%致死的なウイルスである狂犬病に陽性と診断され、2ダース(24名)に近い人々が曝露後予防を受けることを求められている。北東コロラドスプリングスの家族4名はその猫をジェロと名付けた。飼育者によるとその猫は2週間元気だったそうだ。その後その黒猫は具合が悪くなり、病的状態になった。その家族の飼育する2頭の犬と1頭の猫は、狂犬病に暴露されたため安楽死された。

 

El Paso County Public Health officials say the kitten tested positive for rabies late last week. The Colorado Department of Public Health and Environment Laboratory performed the initial test, and the Centers for Disease Control and Prevention is in the process of determining the type of rabies the kitten had. To date, El Paso County Public Health has identified 20 individuals, including the family, who have possibly been exposed to the rabid kitten. They are being treated with preventive medication, a series of post-exposure vaccinations.

エルパソ郡衛生官吏は、その子猫が先週の後半に狂犬病検査をしたところ陽性であったと話した。公衆衛生及び環境研究所コロラド支所は、初動検査を行った。そしてアメリカ疾病予防管理センター(CDC)は、その子猫が持っていた狂犬病のタイプを決定している最中である。現在までエルパソ郡公衆衛生部局は、その家族を含めて、その狂犬病の猫に暴露された可能性のある20名の個人を特定した。彼らは、予防医療(一連の暴露後ワクチン)を受けている。

 

This is the 1st rabid domestic cat in El Paso County, Colorado since 1966. Other animals that have tested positive for rabies in the county in recent years include: 2014: 10 (bats), 2013: 8 (4 bats, 2 foxes, 2 skunks), 2012: 3 (3 bats), 2011: 15 (5 bats, 1 fox, 9 skunks) and 2010: 17 (8 bats, 4 foxes, 5 skunks).

これは、1966年以来、コロラド州エルパソ郡における最初の狂犬病の飼い猫症例である。近年、同郡において狂犬病陽性と診断された他の動物種には、2014: 10 (コウモリ), 2013: 8 (4 コウモリ, 2 キツネ, 2スカンク), 2012: 3 (3 コウモリ), 2011: 15 (5 コウモリ, 1 キツネ, 9 スカンク) 、 2010: 17 (8 コウモリ, 4 キツネ, 5 スカンク)が含まれている。

 

According to the Control of Communicable Diseases Manual, all mammals are susceptible to rabies. Raccoons, skunks, foxes, bats, dogs, coyotes and cats are the likely suspects. Other animals like otters and ferrets are also high risk. Mammals like rabbits, squirrels,rodents and opossums are rarely infected.

感染性疾患コントロールマニュアルによれば、すべての哺乳類動物は狂犬病に感受性である。アライグマ、スカンク、キツネ、コウモリ、イヌ、コヨーテそしてネコは、好発に(感染が)疑われる動物種である。カワウソやフェレットのような他の動物もまた危険性が高い。ウサギ、リス、ネズミ、オッポサムの感染は稀である。

 

Rabies infected animals can appear very aggressive, attacking for no reason. Some may act very tame. They may look like they are foaming at the mouth or drooling because they cannot swallow their saliva. Sometimes the animal may stagger (this can also be seen in distemper). Not long after this point, they will die. Most animals can transmit rabies days before showing symptoms. Initially, as in many diseases, the symptoms of rabies are non-specific: fever, headache, and malaise. These may last several days. At the site of the bite, there may be some pain and discomfort. Symptoms then progress to more severe ones: confusion, delirium, abnormal behavior, and hallucinations. If it gets this far, the disease is nearly 100 per cent fatal.

狂犬病に感染した動物は、とても攻撃的になり、理由もなく攻撃する。一部はとてもおとなしく行動することもある。それらは、唾液を飲み込むことができないために泡を吹くか涎を流しているように見えるかも知れない。時として狂犬病の動物はよろよろ歩きになることもある。(これはまたジステンパーにも見られる。)この病期後まもなくして、感染動物は死亡する。ほとんどの動物は症状が発現する数日前から狂犬病を伝播できるようになる。初期は多くの疾患と同様に狂犬病の症状は、非特異的であり:発熱、頭痛及び不快感である。この症状は数日続くであろう。咬傷部にいくらかの痛みと不快感があるかも知れない。症状はそれから進行性に重篤なものとなり:錯乱、せん妄、異常行動及び幻覚である。もしこれほどに進行すると、その病気(狂犬病)は、ほぼ100%致死的である。

 

Although worldwide it is estimated that there are more than 69 000 deaths due to rabies annually, human rabies cases are extremely rare in the United States, which averages less than 5 human rabies cases annually. Human rabies is prevented by administration of rabies vaccine and rabies immune globulin [infused into the bite wound].   [byline: Robert Herriman]

狂犬病に感染し毎年世界中で69,000名以上が死亡していると推測されているが、アメリカ合衆国において人狂犬病症例は、ごく希少であり、毎年平均5名以下である。人狂犬病は、狂犬病ワクチン及び狂犬病免疫グロブリン(咬まれた傷に浸潤させる)の投与により防げる。

 

[I am puzzled why the 2 dogs and the one cat in the house had to be put down. In that the family apparently took the sick kitten into their vet, I think one might assume that their other animals would possibly have been up to date on their rabies shots. Secondly, vaccinating and holding them in quarantine at their veterinary clinic for 3 weeks would be adequate, and, if necessary, they could have been revaccinated before being released. Animal control often gives the impression of being hypercautious and over keen to euthanise.

私は、どうしてその家にいた2頭の犬と1頭の猫が安楽死させられなければならなかったのかと困惑する。その家族は病気の猫を獣医師のところへ明らかに連れて行ったのだから、彼らの他の動物たちが当然狂犬病予防注射を更新していたかもしれないと私は思った。第2にワクチン接種及び病院での3週間の隔離係留は適切である。そして必要なら飼い主に返す前に再びワクチンを接種することもできた。動物の(狂犬病に対する)管理は、時折過剰な用心深さや安楽死に対しての過剰な悲哀を与えるのである。

 

Of course, it might also help if ownerless and feral kittens were held in quarantine before being put up for adoption. The consistent story with these rabid kittens is that they develop symptoms within a couple of weeks of being adopted. They need to be held back, checked for any diseases, vaccinated, and then observed for problems. – Mod.MHJ

もちろん、飼い主のいない、または野生の子猫を里親に引き渡す前に検疫を行うことは助けになるだろう。なぜならこれらの狂犬病の子猫は必ず里親に渡される2~3週間の間に症状が現れるからである。したがってそれらの猫は引き止め、あらゆる病気の検査、ワクチン接種、そして問題点に対する観察を行う必要がある。

PageTop