Home >News > ProMED翻訳情報(363回) ~モスクワの農場で発生した牛の狂犬病~

ProMED翻訳情報(363回) ~モスクワの農場で発生した牛の狂犬病~

2015.05.18

RABIES – RUSSIA: (MOSCOW) ANIMAL

********************************

Date: Fri 20 Mar 2015   Source: TVC, Kosino Ukhtomsky Information Bulletin [in Russian, trans. Mod.NR, edited]

 

 

The Federal State Unitary Enterprise in Lukhovitsky area of Moscow region reported an outbreak of rabies in cattle. The farms include several thousand cows and 8 of them were found to have rabies. However, the farm is not yet closed and its products continue to be sold.

モスクワ州のルホヴィツキー地区にある連邦国家ウニタリーエンタープライズは1件の牛の狂犬病発生を報告した。数千頭の乳牛を飼育する農場で、8頭の牛が狂犬病に罹患しているのが発見された。しかし、その農場は未だに閉鎖しておらず、その生産物は販売が続けられている。

 

The sick animals were immediately isolated and euthanized. Local residents have panicked and are not buying milk or meat from the area, because they believe that cows are infected with “mad cow disease”, or spongiform encephalitis, and the disease can be transmitted to humans by eating the meat of an infected animal.

その病牛は直ちに隔離され安楽殺された。現地の住民はパニックになり、その地域で生産されるミルクや肉を買わないようにしている。その理由は、住民は狂犬病になった牛が「狂牛病」もしくは海綿状脳症に感染し(たと誤認して)、その病気が感染した牛の肉を食べることで人に伝達されると信じているからである。

 

Rosselkhoznadzor [Federal Service for Veterinary and Phytosanitary Surveillance] has denied these rumors and says the cows were infected with the conventional rabies; this virus [they claim] can be transmitted only by the bite of an infected animal.

Rosselkhoznadzor(連邦獣医植物衛生監督庁)はこれらの風評を否定し、それらの牛は古典的狂犬病に感染し、(彼らが主張している)このウイルスは感染した動物の咬傷によってのみ伝達されると述べている。

 

[According to the veterinary services, 3 cases of rabies were confirmed on 11 Mar 2015 by veterinary laboratory tests. Infection of the cows most probably occurred after a contact with wild animals (foxes) in the open farmyard. In January 2015, Lukhovitsky area registered the 1st case of rabies in a bull over the past 10 years. – Mod.NR]

[獣医局によると、獣医実験室内検査によって2015年3月11日に3例の狂犬病が確定された。牛の感染はおそらく多くが、開放された農場で野生動物(キツネ)に接触したあと起きたのだろう。2015年1月、ルホヴィツキー地区は過去10年間で一頭の雄牛の狂犬病が記録されていた。]

 

Russia provided the following statistics on the rabies situation in animals in the Moscow region since 2011 (number of outbreaks; in wildlife, dogs, cats — number of rabid animals). year / no. outbreaks / wildlife* / dogs* / cats*

2011 / 137 / 114 /27 / 20

2012 / 73 / – / 46 / 25

2013 / 37 / – / 29 / 11

2014 (January-June) / 4 / – / 4 / 1 [July-December not yet available]

* Number of cases

ロシアは2011年以降のモスクワ州における動物の狂犬病の状況を示す統計値の動向を提供した。(狂犬病発症動物(件)数及び、野生動物、犬、猫における発生数)

西暦/発生(件)数/野生動物*/犬*/猫*

2011 / 137 / 114 / 27 /20

2012 / 73 / – / 46 / 25

2013 / 37 / – / 29 / 11

2014(1月〜6月) / 4 / – / 4 / 1 (7月〜12月は未提供)

*例数

 

According to these statistics, wildlife rabies seems to have been controlled since 2012 (the option of deficient surveillance is less likely). A significant decrease of rabies incidence in dogs and cats has been reported.

これらの統計数によると、2012年以降、野生動物の狂犬病は制御されているように見える。(不十分な調査の可能性はおそらく少ない)犬と猫の狂犬病事例の明らかな減少が報告されている。

 

When rabies is reported on a dairy cattle farm, several precautionary measures should be applied, their main aim being the prevention of direct exposure of personnel on farms and elsewhere (particularly slaughterhouses) to rabid animals. There is no risk in the consumption of milk derived from other cattle on such farm. Close veterinary observations on the farm should be maintained for at least 3 months.

乳牛牧場で狂犬病が報告された場合、いくつかの予防的措置が適用されるが、その主な目的は農場やその他の場所(特に屠畜場)の職員が狂犬病罹患動物に直接曝露することを防ぐことである。このように狂犬病が発生した農場であっても他の(発症していない)牛から搾乳したミルクの消費にリスクは存在しない。この農場においては厳格な獣医学的な観察が少なくとも3ヶ月間は維持されるべきである。

 

The unfortunate confusion between the terms ‘BSE’ and ‘rabies’ is based upon linguistics (I am told that “mad cow disease” and the vernacular for “rabies” may sound similar in Russian). – Mod.AS]

「BSE」と「狂犬病」という用語の不幸な混乱は言語学に基づいている(私は「狂牛病」と「狂犬病」という専門用語は、ロシア語において類似の音として聞こえる可能性があると知らされている。モデレータAS)。

 

[The Russian name for BSE translates as “cow rabies”.  WHO says

“Ingestion of raw meat or other tissues from animals infected with rabies is not a source of human infection.”- Mod.JW

「BSEのロシア名は「牛狂犬病」と訳される。WHOは、狂犬病に感染した動物の生肉や他の組織の摂取は人への感染源にはならないと言っている。

 

PageTop