Home >News > ProMED翻訳情報(364回) ~オンタリオ州の狂犬病に関する報告(コウモリ)~

ProMED翻訳情報(364回) ~オンタリオ州の狂犬病に関する報告(コウモリ)~

2015.05.18

RABIES – CANADA: (ON) BAT, TERRESTRIAL CONTROL, 2014

****************************************************

 

Date: Mon 16 Mar 2015      Source: Ontario Ministry of Natural Resources [edited]

 

 

There were only 18 reported rabies cases in Ontario during 2014, all in bats

オンタリオ州では2014年に、狂犬病は18症例しか報告されていないが、すべてがコウモリによるものである。

——————–

This is the 1st year since rabies became established in Ontario in the 1950s that there has not been a single reported terrestrial case. This is a remarkable accomplishment. The last confirmed terrestrial case in southern Ontario was in June 2012. Based on World Organisation for Animal Health guidelines, southern Ontario can now be declared free of Arctic-strain rabies.

狂犬病が1950年代にオンタリオ州で定着して以来、これは陸棲動物で一例も報告されなくなった最初の年である。これは注目に値する成果である。オンタリオ州南部で陸棲動物の症例が最後に確定されたのは2012年6月であった。国際獣疫事務局ガイドラインに基づき、オンタリオ州南部は北極株の狂犬病は今や終息したと宣言できる。

 

The approximately 35 percent decrease in rabies cases from 2013 to 2014 is not unexpected. It is after all only a difference of 10 rabid bats. The decline may be a result of the decreased number of submissions (submissions were slightly less than half of what they were in 2013) or of the change in rabies responsibilities between the federal and provincial governments.

2013年から2014年に狂犬病症例がおおよそ35パーセント減少したことは意外なことではなかった。結局、それは10頭の狂犬病コウモリの違いによるものだ。その下降は報告数の減少(報告数は2013年の半分よりわずかに少なかった)あるいは連邦政府と州政府間の狂犬病責務の変化の結果であろう。

 

During the transition of collecting potential rabid animals from the Canadian Food Inspection Agency to the health units and the Ontario Ministry of Agriculture, Food and Rural Affairs, there was a period of time when not all areas had staff trained to collect and ship suspect rabid animals.

採集した狂犬病を疑う動物をカナダ食品検査庁から健康局とオンタリオ農業食料農村地域省に移送する間に、すべての地域で狂犬病を疑う動物を集めて搬送するのに習熟したスタッフがいるとは限らない。

 

The rabid bats from 2014 were distributed throughout the province -Ottawa-Carleton (1), Frontenac (1), Leeds-Greensville (1), Peterborough (2), Durham (1), Waterloo (2), Huron(1), Wentworth (1), Brant (1), Niagara(3), Elgin (1), and Middlesex (3).

[Byline: Beverly Stevenson]

2014年における狂犬病に罹患したコウモリは州全体に分布した。(オタワ・カールトン1例、 フフロンテナック1例、リーズグレンビル1例、ピーターボロ2例、ダーラム1例、ウォータールー2例、ヒューロン1例、ウェントワース1例、ブラント1例、ナイアガラ3例、エルジン1例、ミドルセックス3例)

 

 

[There is also detailed information on oral vaccination efforts during 2014. Eradication of terrestrial rabies through this work is a fantastic achievement.

(2014年中の経口ワクチン投与の効果についての詳細な情報もある。この研究による陸棲動物の狂犬病の撲滅は素晴らしい成果である。)

 

Regarding cases in bats, genetic evidence suggests that rabies is an old disease for them in the New World. Bats from most of the estimated 41 bat species in the United States, when sampled in sufficient numbers, have been found to be infected with rabies virus. Rabies viruses recovered from bats were shown to be distinct from those recovered from terrestrial mammals, suggesting that these viruses evolved within their bat hosts. Bat rabies viruses are genetically diverse, exhibiting mutations characteristic to each host bat species. These data suggest that rabies viruses are maintained in animal populations predominantly through intraspecific transmission. That is, transmission rarely occurs between species, such as when a rabid bat infects a human. These “spillover events” generally are not perpetuated in the recipient species.

コウモリの症例に関して、狂犬病が新世界のコウモリにとって古い病気であることを遺伝的証拠から示唆している。十分な数の症例で試験すると、アメリカ合衆国で推定された41種のコウモリのうちのほとんどが狂犬病ウイルスに感染していたことがわかってきた。コウモリから分離された狂犬病ウイルスは陸生の哺乳類から分離された狂犬病ウイルスとは別であることが示され、これらのウイルスがコウモリ宿主内で進化したことが示唆された。コウモリ狂犬病ウイルスは遺伝的に多様で、それぞれの宿主コウモリ種毎に特徴的な変異を示している。これらのデータは狂犬病ウイルスが主に種内伝播を介して動物集団において維持されることを示唆している。すなわち、狂犬病のコウモリが人に感染するような、種間の伝播はまれであるということだ。これらの『漏出事例』は一般的に感染を受けた種において維持されない。

PageTop