Home >News > ProMED翻訳情報(365回) ~カトマンズで発生した野犬の咬傷による人の狂犬病死亡事例~

ProMED翻訳情報(365回) ~カトマンズで発生した野犬の咬傷による人の狂犬病死亡事例~

2015.05.18

RABIES – NEPAL (02): (KATHMANDU) HUMAN, CANINE

狂犬病-ネパール(02):(カトマンズ)人、イヌ

**********************************************

 

Date: Sat 28 Mar 2015     From: Sher Bahadur Pun [edited]

 

On 26 Mar 2015, a 12-year old boy died of furious rabies during treatment at Sukraraj Tropical and Infectious Disease Hospital [in Kathmandu, Nepal]. The patient was bitten by an unknown stray dog (puppy) in the tip of the index finger. The wound was unnoticeable and hence the boy did not inform his parents about the incident. Signs of furious rabies appeared 20 days after the bite. He died one day after his admission to this hospital. It was the 2nd fatal case of rabies in this hospital within a week. Rabies, a zoonotic disease, continues to remain the most neglected but major public health and economic burden in Nepal.

2015年3月26日、12歳の少年がSukraraj熱帯及び伝染病病院(ネパール、カトマンズ)で治療中に狂騒型狂犬病により死亡した。その患者は、素性不明の野良犬(子犬)に人差し指の先端を咬まれた。その傷は、大したことでなかったので、その少年は両親にその出来事を話さなかった。狂躁型狂犬病の症状は咬まれて20日間後に現れた。彼はこの病院に入院後1日で死亡した。それは、この病院において1週間に2例目の致死的な狂犬病例であった。人獣共通感染症である狂犬病は、ネパールにおける重要な公衆衛生的及び経済的負担であるが、軽視され続けている。

Dr Sher Bahadur Pun               Sukraraj Tropical and Infectious Disease Hospital          Kathmandu          Nepal

 

 

[Yet again we owe it to Dr Pun for his report of a 2nd rabies case in Kathmandu. He is a lesson to all of us. Thank you!

我々はカトマンズにおける2例目の狂犬病症例について、再びDr Punの報告を借用する。彼は、我々のすべてに教授している。ありがとう。

 

Until they can initiate an effective dog vaccination programme these case will continue. As I wrote before: “If the Nepal government could mount an effective canine rabies control programme it would have significant impact both on human risk and on village livestock. Canine rabies control — and eradication — is straightforward and uncomplicated, and has immediate significant social and community benefits. Preventing human rabies through control of domestic dog rabies is a realistic goal and is justified financially by the future savings of discontinuing post-exposure prophylaxis for people. The problem in Nepal is a consequence of inadequate provision of rabies vaccine for both pre and post human exposure vaccination, no doubt ultimately due to financial constraints. Vaccinating dogs is a lot easier and cheaper.” And to be frank, canine rabies control is to veterinary public health what mastitis control is to livestock veterinary medicine. Straightforward and a mark of competence.

彼らが、犬に対する有効なワクチンプログラムを実施し始めることができるまでこのような事例は続くであろう。私が以前記述したように:「もし、ネパール政府が犬狂犬病に対する有効なコントロールプログラムを開始することができたなら、ヒトへの危険度や農村の家畜に対する意義のある影響を持つであろう。犬狂犬病のコントロール‐‐そして撲滅‐‐は直接的で単純であり、即効性の意義のある社会及び共同体の利益をもたらす。飼育犬の狂犬病コントロールにより、人狂犬病を予防することは、現実的な到達点であり、将来的には人に対する曝露後発症予防処置を中断することによる節約により財政的にも正当化されるであろう。ネパールにおける問題点は、曝露前及び曝露後ワクチン接種の両者に対する狂犬病ワクチンの重大な供給不足であり、おそらく最終的には財政的逼迫に起因する。犬にワクチン接種をすることは、とても簡単で安価である。」率直なところ、乳房炎のコントロールが家畜獣医医療のためであるのと同様に犬狂犬病のコントロールは獣医公衆衛生のためである。直接的で(獣医)資格の目標である。

 

PageTop