Home >News > ProMED翻訳情報(367回) ~フィリピンで発生した犬肉の摂取による曝露事例~

ProMED翻訳情報(367回) ~フィリピンで発生した犬肉の摂取による曝露事例~

2015.05.18

RABIES – PHILIPPINES: ZAMBOANGA, HUMAN, INFECTED DOG MEAT, MONITOR
******************************************************************
Date: Sat 14 Mar 2014    Source: Outbreak News Today [edited]

At least 13 people, 4 adults and 9 children, in Cabatangan village, Zamboanga have been referred for rabies post-exposure prophylaxis (PEP) and are being monitored after eating infected dog meat, according to a Zamboanga report on [14 Mar 2015].

2015年3月14日のZamboanga市の報告によると、同市内のCabatangan 村で、4人の成人と9人の子供を含む少なくとも13人の人々が狂犬病に感染したイヌの肉を食べた後、暴露後予防(PEP)を受け、経過観察を受けているとのこと。

 

Zamboanga City Veterinarian Mario Arriola warned residents to take measures against eating infected meat because of the risk of the deadly virus. The rabid dog is known to have attacked a cat and 2 dogs in the area. [But see comment by Mod.AS below]

Zamboanga市職員で獣医師であるMario Arriolaは、住民に対して、致死性のウイルスがいる危険性があるため、感染した(動物の)肉を食べないために何らかの措置を執るよう警告した。その狂犬病のイヌは、その地域において、1匹のネコと2匹のイヌを襲ったことが知られている。(このことについては、後述のMod.ASのコメントを参照)

 

This situation is not unique to the Philippines. Last year [2014], a study by Nigerian researchers revealed that 5 percent of dog meat in the study area of Abia State was rabies tainted. Other countries that consume dog meat include: China, Indonesia, Korea, Mexico, Philippines, Polynesia, Taiwan, Viet Nam, the Arctic and Antarctic, and 2 cantons in Switzerland.

このようなことは、フィリピンに特有であるわけではない。昨年[2014年]、ナイジェリアの研究者によって行われた調査により、(ナイジェリアの)Abia州内の調査地域において、イヌの肉の5%が狂犬病に汚染されていることを明らかにした。中国、インドネシア、朝鮮、メキシコ、フィリピン、ポリネシア、台湾、ベトナム、北極圏、南極圏、そしてスイスの2つの州などのその他の国々でも、イヌの肉は食用とされている。

 

The Animal Welfare Institute (AWI) says half a million dogs are slaughtered annually in the Philippines. The Philippine dog meat trade is primarily centered in the city of Baguio, in the northern Luzon Island province of Benguet.

Animal Welfare Institute (AWI)は、フィリピンでは年間50万頭のイヌが屠殺されていると述べた。そのイヌの肉の取引は、主としてルソン島北部のBenguet州にあるBaguio市が中心となって行われている。

 

A regional director of the Philippines National Meat Inspection Commission publicly stated that dog meat is not inspected by the Commission, and further called the consumption of dog meat “dangerous.”

Philippines National Meat Inspection Commissionの地域統括者は、イヌの肉はCommissionによって検査されておらず、さらにイヌの肉の消費は“危険である”と呼びかけていると公に述べている。

 

Concerning the rabies risk, AWI says on their website:
“Dog meat is additionally linked to the spread of rabies, a disease that kills approximately 10,000 dogs and 300 people per year in the Philippines. Evidence shows that rabies is present and potentially transmitted throughout all stages of the dog meat industry — sourcing, trading, slaughtering, and consumption — impeding efforts towards eradicating rabies in the region.

狂犬病のリスクを懸念して、AWIは彼らのウェブサイトで以下のように述べている。“イヌの肉は狂犬病の拡散に付帯して関わっており、この疾病はフィリピンで毎年約一万頭のイヌと、300人の人々を殺している。イヌの食肉産業における全ての工程―供給、売買、屠殺、そして消費―において、狂犬病が存在し、そして伝播に関わっていると思われる証拠がある。またそのことが、この地域において狂犬病を根絶していく上での足かせとなっている。”

 

According to the Control of Communicable Diseases Manual, all mammals are susceptible to rabies. Raccoons, skunks, foxes, bats, dogs, coyotes, and cats are the likely suspects. Other animals like otters and ferrets are also high risk. Mammals like rabbits, squirrels, rodents, and opossums are rarely infected.

防疫マニュアル(Control of Communicable Diseases Manual)によると、全ての哺乳類は狂犬病に感受性を持っている。アライグマ、スカンク、キツネ、コウモリ、イヌ、コヨーテ、そしてネコは要注意である。カワウソやフェレットのようなその他の動物もまた高い危険性を持っている。ウサギ、リス、げっ歯類、オポッサムのような哺乳類では、感染していることは稀である。

 

Rabies infected animals can appear very aggressive, attacking for no reason. Some may act very tame. They may look like they are foaming at the mouth or drooling because they cannot swallow their saliva. Sometimes the animal may stagger (this can also be seen in distemper). Not long after this point they will die. Most animals can transmit rabies days before showing symptoms.

狂犬病に罹患している動物はとても攻撃的に見えることがあり、理由もないのに襲い掛かってくることがある。また、中にはとても人懐っこくなる場合もありうる。これらの動物たちは唾液を飲み込むことができないため、泡を吹くか、涎を垂らしている様が見られるかもしれない。時には、この動物は千鳥足であるかもしれない(これは、ジステンパーでも見られる)。この(症状が見られる)時点において、彼らはもう長くはない。ほとんどの動物は、症状が見られる数日前から狂犬病を伝播することができる。

 

Initially, like in many diseases, the symptoms of rabies are non-specific; fever, headache, and malaise. This may last several days. At the site of the bite, there may be some pain and discomfort. Symptoms then progress to more severe: confusion, delirium, abnormal behavior, and hallucinations. If it gets this far, the disease is nearly 100 percent fatal.

狂犬病の初期症状は、多くの疾病と似て、発熱、頭痛、沈うつなど特異的でない。これらは数日間持続することがある。咬まれた部位に幾分痛みや不快感を覚えることがある。症状は(病状が)進行するにつれて重篤となり、混乱、せん妄、異常行動、幻覚を呈する。もしこのような状態か、さらに酷くなってしまった場合、この疾病はほぼ100%死亡する。

 

Worldwide, it is estimated that there are more than 69,000 deaths due to rabies annually.   [Byline: Robert Herriman]

毎年、世界中の狂犬病の死亡者数は69,000人以上であると見積もられている。

 

[Zamboanga’s local health department was giving all those who ate the meat the required 4 anti-rabies injections to ensure they did not develop the fatal disease, he added. They ordered the swift action as part of the government’s effort to eradicate human deaths from rabies on 15 Mar 2015 .

Zamboanga市の地元の保健当局は、その肉を食べた人々(前述の記事参照)全てに、彼らが致死性の疾患に罹らないよう、必要とされる4回の抗狂犬病(ワクチン)の接種を行った、と付け加えた。彼らは、狂犬病による死亡者をゼロにするための政府の活動の一環として、2015年3月15日には、迅速な対応を行うよう命令を出していた。
Dog meat eating was banned in Manila in 1982, and nationwide in 1998 via Republic Act No. 8485, known as the Animal Welfare Act with exemptions for dogs killed and eaten as part of indigenous rituals. More recently, the national ban was bolstered by the Rabies Act (RA 9482), which upgraded penalties for convicted dog meat traders to include jail time and substantially increased fines as a means of limiting the spread of rabies. About 10,000 dogs and 350 humans die of rabies in the Philippines each year. Currently, the Philippines National Police and local authorities do little to enforce anti dog meat legislation and in fact many police and government officials in the Northern provinces eat dog meat themselves .

イヌの肉を食べることは、マニラでは1982年に、(フィリピン)全土では1998年に、動物福祉法(Animal Welfare Act)として知られる共和国法(Republic Act)第8485条によって禁じられている。但し、原住民の儀式の一部としてイヌを殺し、食べることに関してはその限りではない。さらに最近、この全国的な禁止法は、狂犬病の拡散を制限する手段として、有罪とされたイヌ肉の取引業者の懲役および事実上の罰金の増額を定めた狂犬病法(Rabies Act)第9482条によって、さらに強化された。フィリピンでは、約一万頭のイヌと350名の人々が、毎年狂犬病によって命を落としている。現在のところ、フィリピン国家警察と地方当局がイヌ肉食を禁止する法律を守らせることがほとんど出来ず、実際は北部の州の多くの警察官や公務員自身がイヌの肉を食べている。

 

Dog meat eating is a long-standing cultural phenomenon in some Northern provinces of the Philippines, traditionally associated with celebratory events and rituals of mourning. Historically the practice involved a relatively small number of animals killed and consumed, but more recently dog meat eating has proliferated for commercial rather than cultural reasons. Dog meat is still a popular delicacy that is eaten discreetly in certain quarters in Philippines.

イヌ肉食はフィリピン北部のいくつかの州において、長い間行われてきた文化的慣習であり、祝祭や葬儀と伝統的な関連を持つ。歴史的に見ると、この慣習はどちらかといえばわずかな数の動物を殺し、それを消費するものであったが、最近になって、イヌ肉食は文化的というより商業的な理由から増加している。イヌの肉は未だ人気のある珍味であり、フィリピンにおいて実に1/4の人々が、これを珍重している。

 

Rabies transmission from consuming poorly cooked dog or cat meat has been reported from Asia, Africa, and South America. Humans may die from rabies after butchering and eating a rabid dog. Infection may also have resulted from butchering.

不十分に調理されたイヌまたはネコの肉を食べることにより狂犬病が伝播された事例は、アジア、アフリカ、南アメリカでも報告されている。狂犬病のイヌをと殺し、食べた後に狂犬病により死亡するということはあり得る。屠殺でも感染は起こりうるかもしれない。

 

Adequate understanding of rabies by the public, increased awareness and management of the dog population i

n canine rabies endemic countries are essential to control the disease.

イヌの狂犬病が発生している国において(は)、狂犬病が国民に適切に理解されること、更なる警戒、イヌの数の管理が、この疾病の制御においては必須である。

 

 

[The consumption of dog meat has been subject to criticisms for various reasons, including the suspected potential exposure of humans to rabies. It seems that such hazard has been repeatedly confirmed as long as concerning those engaged in the handling of the dogs prior and during their butchering and preparation while the hazard to consumers of dog meat is yet to be confirmed.

イヌの肉を食べることは、狂犬病を人に暴露させる可能性があることを含め様々な理由から批判の対象となっている。この様な危険性は犬の屠殺と調理の前およびその途中に犬を取り扱う人々に関する限り、繰り返し確認されてきた。一方、イヌの肉を食べる人々への危険性は、まだ確認する必要がある。

 

For example, in south China, where dog meat is widely consumed, the authors of a 2009 paper indicated that “up to now dog meat consumers are considered [of having] no risk of rabies infection”. In 2006, the estimated number of dogs in China was over 75 million (Ref 1).

たとえば、中国南部ではイヌの肉は広く食されているが、2009年の論文の著者らは“今のところ、イヌの肉を食べる人達は、狂犬病感染の危険性は全くないと考えられる”と記している。2006年の時点では、中国におけるイヌの頭数は7,500万頭を超えると見積もられていた(参考文献1)。

 

In southern Nigeria, stray dog trade fuelled by dog meat consumption was found a significant risk factor; human cases were described. However this did not refer to the dog meat consumers themselves. (Ref 2).

ナイジェリア南部では、イヌ肉食により盛んになった放浪犬の商取引が、重大なリスク要因であることを認めており、ヒトへの感染事例が報告されている。しかし、この論文中ではイヌの肉を食する人々自体を言及していない(参考文献2)。

 

Information on scientifically confirmed rabies cases in consumers of dog meat (raw or cooked), if available, will be appreciated.

(生、あるいは調理済みであるかどうかに関わらず)イヌの肉を食べる人々における科学的に立証された狂犬病事例に関する情報が入手できるなら、高く評価されるでしょう。

PageTop