Home >News > ProMED翻訳情報(369回) ~インドで発生した狂犬病による人の発症事例~

ProMED翻訳情報(369回) ~インドで発生した狂犬病による人の発症事例~

2015.06.12

RABIES – INDIA (06): (CHANDIGARH) HUMAN, CANINE

***********************************************

Date: Wed 15 Apr 2015    Source: The Tribune [edited]

 

Six-year-old victim shows symptoms of rabies at PGI

6才の患者PGIで狂犬病の徴候を示す。

—————————————————

In a shocking revelation, doctors at the PGI [Post Graduate Institute, Chandigarh] today [15 Apr 2015] diagnosed suggestive symptoms of the rabies infection in a 6-year-old girl from Mani Majra [Chandigarh], who was badly bitten on her lips by a ferocious stray dog on 25 Mar [2015].

衝撃的な事実だが、PGI(チャンディーガルにある大学院)の医師は、本日(2015年4月15日)、2015年3月25日に凶暴な放浪犬に唇をひどく咬まれたMani Majra(チャンディーガル市)に住む6才の女児が、狂犬病感染が疑われる徴候を示すと診断した。

 

The victim was rushed to the PGI paediatric emergency this afternoon [15 Apr 2015] after her uncle noticed froth oozing out of her mouth and her voice turning hoarse. Both these symptoms, coupled with her phobia about air (looking at the fan) and water after being taken to the emergency, are pointing towards the possibility of rabies, according to doctors. Following a late evening test, the spokesperson for the PGI, Manju Wadwalkar, said, “Preliminary investigations are suggestive of rabies.”

患者は、女児の叔父が女児の口から泡を出し声がしゃがれていることに気づいたあと、この日の午後(2015年4月15日)にPGIの小児救急に緊急搬送された。医師によると、救急機関に受け入れられた後、微風(扇風機を見て)と水を共に怖がる、二つのこれらの症状は、狂犬病の可能性を示している。深夜の検査結果を受けて、PGIのスポークスマンであるManju Wadwalkarは「予備検査では狂犬病が疑われます。」と述べた。

 

Doctors said nothing could be said about her survival. No definite treatment for [clinical] rabies is available in India. She has been kept in isolation to prevent transmission of infection to other patients.

医師たちは女児の救命については何とも言えないと言った。インドでは臨床症状を示す狂犬病に的確な治療は受けられない。女児は他の患者への感染の伝播を防ぐために隔離状態に置かれている。

 

The family alleged that the doctors were initially reluctant to admit her, hinting that she had already developed the rabies infection. “After the intervention of Mayor Poonam Sharma, who reportedly reached the PGI after the family approached her, the doctors took her inside for an MRI,” said [the patient’s] uncle.

女の子の家族は、女児がすでに狂犬病の感染(の症状)を発現していることを示唆していたので、医師達は当初入院を渋っていた、と主張した。噂によると、女児の家族がPoonam Sharma市長にお願いをしたあと、市長がPGIに連絡をして介入すると、医師達はMRI検査のために女児を入院させたのだと(患者の)叔父は述べた。

 

[The patient] had been given 4 of the 6 doses of the anti-rabies vaccine so far, in addition to the immunoglobulin serum. [Her] maternal uncle was forced to arrange the serum from a shop in Ambala after failing to find it in the chemist shops in the city. “We did not find time to even analyse the effectiveness of the serum (in terms of brand value) as there was no alternative injection available and it was to be given within 24 hours of the dog bite. We could arrange the injection after 18 hours of the dog bite,” Ishaan said.

(その患者は)これまでに免疫グロブリン血清に加えて6回の抗狂犬病ワクチンのうちの4回を受けてきた。(女児の)母方の叔父は、チャンディーガル市の薬局で血清を見つけられなかったので、アンバラ市の薬局で血清を手配せねばならなかった。「他の注射はありませんでしたし、犬の咬傷から24時間以内に投与されなくてはならないために、私たちはその血清(銘柄価値という表現において)の効果を調べる時間さえもかったのです。私たちは犬の咬傷後18時間後に注射をそろえることができました。」とIshaan氏は述べた。

 

A day after being bitten, [the patient’s] lips were sutured and she was called for a follow-up next week to assess the viability of plastic surgery for restoration of normal appearance.

咬まれた翌日、患者の口唇は縫合され、元の容貌に修復するための形成手術の可能性を調べるため、翌週経過観察に呼び出された。

 

On 25 Mar [2015], a stray dog had bitten 13 Mani Majra residents. All other victims are stated to be stable.

3月25日(2015年)に1頭の放浪犬がマニマージラの住民13人を咬んでいた。他の全ての患者は安定していると伝えられている。

 

No definite treatment available in India

インドでは適用できる的確な治療はない。

—————————————-

Doctors said nothing could be said about her survival. No definite treatment for rabies is available in India. She has been kept in isolation to prevent transmission of infection to other patients.

医師達は女児の救命については何とも言えないと言った。インドでは狂犬病に対する的確な治療は出来ない。女児は他の患者への感染の伝播を防ぐために隔離状態に置かれている。

 

Only 12 cases of rabies survivors

たった12例の狂犬病からの救命者

———————————

There are only 12 reported cases of rabies survivors in the world. The last such case was reported from India in April this year [2015]. Last year [2014], a 16-year-old was treated for rabies at the Command Hospital in Chandimandir [Haryana].

世界中で狂犬病からの救命者がわずか12例報告されている。最新の救命のケースは今年(2015年)4月インドから報告された。昨年(2014年)には、16才の人がチャンディマンディア(ハリヤーナ州)にあるコマンド病院で狂犬病の治療を受けた。

 

Mayor warns NGOs

市長がNGOに警告する。

—————-

City Mayor Poonam Sharma on Wednesday [15 Apr 2015] warned NGOs against creating hurdles in the official procedure of the dog sterilisation programme carried out by the MC in the city. She said city residents and NGOs should help the MC in conducting this programme rather than creating hurdles. She said she had come to know that some NGOs were coming in the way of the official procedure during the dog sterilisation programme.

Poonam Sharma市長は水曜日(2015年4月15日)、市内における管理請負業者(Management Contractor)が行う犬の不妊去勢計画の公的な手続きに障害を設けることに対してNGOに警告した。市長は市民及びNGOは障害を設けるよりむしろ計画実行のために管理請負業者を援助すべきであると述べた。市長はまた、NGOが犬の不妊去勢計画の公的手続きを妨害していることを知るためにやってきたと述べた。

 

Water, air phobia

恐水症、恐風症

—————–

When [the patient] was admitted to the PGI, she was found dreading the ceiling fan air and water kept in a bottle near her bed. Experts said these were signs of the rabies infection. Sources said the virus seemed to have travelled to her brain though(訳者注:throughの誤植と考えます) a nerve connecting her right cheek to the brain which was injured during the dog bite. [The latter presumably refers to damage to the girl’s cheek as she was bitten on her “lips.” – Mod.MHJ]

(その患者)がPGIに入院したとき、女児が天井扇やベッドのそばに置かれた瓶の中にある水を恐れていた。専門家は、これらは狂犬病感染の徴候であると述べた。消息筋は、少女が犬に咬まれた際に傷ついた右の頬から脳に連結している神経を通って脳にウイルスがたどり着いたようだと述べた。(後者は、女児が「口唇」を咬まれたので、ほおにまで損傷したと推定して言及している。)モデレータMHJ

Dog sterilisation drive

犬の不妊去勢の推進

———————–

The MC will hold a dog catching and sterilisation drive in Mani Majra on Thursday [16 Apr 2015]. MC sources said they would try to ascertain the lapses, if any, on the part of doctors during her treatment.

管理請負業者(MC)は木曜日(2015年4月16日)にMani Majraで一頭の犬捕獲と不妊去勢活動を行う予定である。管理請負業者の消息筋では彼らは、もし可能なら、女児の治療中の医師側の過失があるなら解明しようと試みるだろうと語った。

 

[The description is not totally clear, but it would appear that this 6-year-old girl received both anti-serum injections as well as 4 out of 6 doses of vaccine. The incubation period was just under 20 days, presuming that symptoms had to develop to a threshold level before triggering her transfer to the hospital. As the virus travels via nerves to the brain, the incubation period is a function of how close to the brain the bite site is. In this case, very close, and therefore a short incubation period.

この記述は全体的に明快ではない、しかし、この6才の少女が6回のうちの4回のワクチンと同時に抗血清の注射も受けていたようである。女児が病院に搬送されるきっかけとなる以前に症状が発現していたと推測すれば、潜伏期間はまさに20日間以下だった。ウイルスは神経を経由して脳に移動するので、潜伏期間(の長さの決定)は咬傷を受けた場所がいかに脳に近いかということが相関する。この症例では、とても脳に近かった。したがって潜伏期間が短かったのである。

 

This will impact the ability of any vaccine to prevent the onset of disease. Dog bites are more commonly to the hands, forearms, and lower legs, which gives any vaccine treatment an edge. However, subscribers are advised to read the previous posting on rabies in Punjab state and the serious concerns with the vaccine used; see 20140308.2321841. – Mod.MHJ

このことは病気の発現を防ぐことに対してどんなワクチンの能力にも影響を与える。犬の咬傷は通常手や、上肢、下肢であり、どんなワクチン治療でも有利となる。しかし、読者は、Punjab州における狂犬病と用いたワクチンに伴う深刻な関係に関する以前の投稿を読まれるよう助言をする。

PageTop