Home >News > ProMED翻訳情報(370回) ~全世界における狂犬病の現状~

ProMED翻訳情報(370回) ~全世界における狂犬病の現状~

2015.06.12

RABIES: HUMAN, CANINE

*********************

Date: Fri 17 Apr 2015       Source: Global Alliance for Rabies Control [edited]

 

 

160 people die of rabies every day, says major new study

毎日狂犬病で160名が死亡している。と、大規模で新しい研究が報告している。

——————————————————–

A global study on canine rabies, published today (16 Apr 2015), has found that 160 people die every single day from the disease. The report is the 1st study to consider the impact in terms of deaths and the economic costs of rabies across all countries. Even though the disease is preventable, the study says that around 59 000 people die every year of rabies transmitted by dogs.

本日(2015年4月16日)出版された犬狂犬病の世界的な研究は、この病気により毎日160名が死亡していることを認めている。その報告は、すべての国にわたる狂犬病による死亡と経済的なコストに関する影響を考察する初めての研究である。この病気は予防可能であるにも関わらず、その研究では犬からの狂犬病感染により毎年約59,000名が死亡していると報告している。

 

The multi-author study, by the Global Alliance for Rabies Control’s Partners for Rabies Prevention Group, also shows that annual economic losses because of the disease are around USD 8.6 billion, mostly due to premature deaths, but also because of spending on human vaccines, lost income for victims of animal bites and other costs.

世界狂犬病抑制連合の狂犬病予防グループの協力者である複数の著者による研究ではまた、その病気による経済的損失は年におよそ86億US$であると示している。ほとんどが若齢死亡によるもので、なおまた人用ワクチンに費やす費用、動物に咬まれた犠牲者の失われた収入及び他の経費である。

 

“This ground-breaking study is an essential step towards improved control and eventual elimination of rabies,” says Professor Louis Nel,Executive Director of the Global Alliance for Rabies Control (GARC).”An understanding of the actual burden helps us determine and advocate for the needed to tackle this fatal disease.”

この革新的な研究は狂犬病の抑制を向上し、結果的に根絶するために必要不可欠なステップである、と世界狂犬病抑制連合(GARC)執行役員のLouis Nel教授は話している。現実的負担の理解は、この致死的な病気に取り組むことが必要であることを決断しまた賛同することに役立つ。

 

Led by Dr Katie Hampson of the University of Glasgow, the study is the 1st to estimate the impact of canine rabies and the extent of control efforts in every country in the world. Dr Hampson explains, “The breadth of data used in this study, from surveillance reports to epidemiological study data to global vaccine sales figures, is far greater than ever analysed before, allowing this more detailed output.”

グラスゴー大学のKatie Hampson博士主導によるその研究は、犬狂犬病の影響及び世界中のすべての国における狂犬病の抑制活動の広がりについて推定する初めての研究である。Dr Hampson はこう説明している、この研究に使用されたデータの範囲は、疫学調査報告から世界のワクチン販売数に至り、以前に分析されたものよりはるかに広範囲であり、このより詳細な結果を出している。

 

The study finds that overwhelmingly the greatest risk of canine rabies is in the poorest countries; the death rate (deaths per 100 000 people) is highest in countries in sub-Saharan Africa, while India has the highest number of fatalities, with over 20 000 human deaths annually. The proportion of dogs vaccinated is far below that necessary to control the disease across almost all countries of Africa and Asia.

その研究は、最貧国において犬狂犬病のリスクが圧倒的に一番大きいということを示している;死亡率(100,000人当たりの死亡者)は、サハラ砂漠以南のアフリカ諸国で最も高く、一方インドでは年間死亡者数が20,000人以上であり最も多い。ほとんどすべてのアフリカ及びアジアの国々において、ワクチンを接種した犬の割合がその病気(狂犬病)を抑制するのに必要なレベルに比べはるかに低い。

 

Rabies is close to 100 percent fatal, but it is also almost 100 percent preventable, and the best, most cost-effective way of preventing canine rabies is by vaccinating dogs. This needs to be supplemented by improving access to human vaccines.

狂犬病はほぼ100%致死的であるが、ほぼ100%予防可能である。犬狂犬病の最も費用効果のよい方法は犬へのワクチン接種によるものである。これは、人用ワクチンの利用を改善することにより補わられることが必要である。

 

According to the report, this One Health approach to eliminating rabies deaths, with collaboration between the human and animal health sectors, can save many lives and significantly reduce the burden on vulnerable economies. Indeed, the countries that have invested most in dog vaccination are the ones where human deaths from the disease have been virtually eliminated.

その報告によれば、人及び動物衛生部門間の協力で狂犬病死を撲滅するためのこのワンヘルスアプローチは、多くの命を救い、脆弱な経済基盤の負担を明らかに軽減させる。実際、犬のワクチン接種に多大に努力した国々は、その病気(狂犬病)による人の死亡を事実上排除している。

 

The study also emphasises that reporting systems are fundamental to rabies elimination, to monitor and assess the success of prevention efforts. “No one should die of rabies, and GARC and its partners will continue to work together using a One Health approach towards global rabies elimination,” concludes Professor Nel.

その研究はまた、予防活動成功の監視及び評価に対する報告のシステムが狂犬病撲滅のための基本であることを強調している。だれも狂犬病で死亡させてはならない、GARCとその協力者達は、世界中の狂犬病撲滅にむけて共にワンヘルスアプローチにより活動し続けるであろう、とNel教授は結んだ。

 

This is an unnecessary zoonotic disease from which we do not need to suffer.

これは、私達が病気になる必要のない不必要な人獣共通感染症である。

 

PageTop