Home >News > ProMED翻訳情報(375回) ~フランスで発生した医療従事者の狂犬病曝露事例~

ProMED翻訳情報(375回) ~フランスで発生した医療従事者の狂犬病曝露事例~

2015.06.27

RABIES – FRANCE ex MALI: 2014

*****************************

 

Date: Sat 25 Apr 2015   Source: Nature World News [edited]

 

 

158 healthcare workers exposed to rabies in France — 1st case [2014] in over a decade

フランスで狂犬病にさらされた158名の医療従事者(2014年までの10年間で初のケース)

 

———————————————————————

[In March 2014] French physicians identified a case of the deadliest disease in the world, rabies, in one unfortunate patient. Before it was even realized what he had, 158 healthcare workers had been exposed to the deadly virus. Now, experts are calling this a strong reminder that rabies is very real, even in countries that take the proper precautions.

2014年3月、フランスの医師は世界で最も致死的な病気、狂犬病の症例を、ある不運な患者で確認した。その患者が狂犬病に感染していると確認されるまで、158名の医療従事者が致死的ウイルスに暴露されていた。現在、専門家たちは、狂犬病は現実なものであり、十分な予防措置をとる国にも強い注意をよびかけている。

 

Nature World News recently took an in-depth look at how rabies still affects the world.

ネイチャーワールドニュースは最近、依然として狂犬病が世界にどれほど影響を及ぼしているかについての深い考察を行った。

 

“Rabies is close to 100 per cent fatal, but it is also almost 100 per cent preventable,” Kevin Doran, a spokesperson for the Global Alliance for Rabies Control, had said in a statement concerning that report.

『狂犬病はほぼ100%致死的だ、しかしまたほぼ100%予防が可能だ』狂犬病制御のための世界同盟(GARC)のスポークスマンであるKevin Doran氏はその報告書で述べている。

 

That’s because, while the means in which the rabies virus attacks a body (climbing a mammal’s nervous system like a ladder) makes it exceptionally hard to treat, stopping its progress before it reaches the brain — via proactive inoculation — is exceptionally effective. Unfortunately, not every person has access to this life-saving solution, and even in developed worlds a victim may not even realize they were bit by a potentially rabid animal. This is reportedly what happened in France’s latest case.

その理由は、狂犬病ウイルスが(哺乳類の神経系をはしごのように登って行って)体を攻撃するその間、治療は大変困難である一方、狂犬病ウイルスが脳に到達する以前に(率先した予防接種によって)その進行を抑えることが非常に効果的であるためだ。残念なことに、すべての人がこの救命方法にたどり着くわけではなく、そして先進国でさえ、犠牲者は狂犬病にかかった動物に知らない間に咬まれたと認識していない。伝えられるところではこれはフランスで最近起きた例である。

 

After returning from a 6-month stay in Mali, West Africa, a 57 year old French citizen found himself in an intensive care ward with a mild fever, abundant sweating, general pain, and a slowed heartbeat (about 40 beats per minute). The patient tested negative for Herpes simplex-1 and -2, HIV, syphilis, and epilepsy, among other conditions, and brain scans didn’t reveal anything out of the ordinary.

57歳のあるフランス人が西アフリカのマリに6か月滞在して帰国後、微熱、大量の発汗、全身痛、除脈(心拍毎分約40回)で集中治療室に入院している自分に気付いた。その患者は他の病気のなかで単純ヘルペス1および2型、HIV、梅毒、てんかんの検査は陰性で、脳のスキャンは正常を逸脱した何事も明らかではなかった。

 

Unfortunately, this was just the beginning. A report and study of this case recently published in the Journal of Clinical Microbiology, detailed how “2 days after ICU admission, [the patient] developed bouts of hyperactivity, disorientation, and delirium with thoughts of impending death.” This alternated with periods of drowsiness and even brief returns to normalcy, where the man “seemed aware of his disorder and criticized it.”

不幸なことにこれは始まりに過ぎなかった。最近発行されたJournal of Clinical Microbiologyのこの例の報告および研究では『ICUに入院2日後(その患者は)迫りくる死の思いから活動亢進、妄想や幻覚などの見当識障害、精神錯乱状態に陥った』と詳細が記されていた。うとうと状態と短時間の平常状態を交互に起こしており、平常状態のときの患者は『自分の障害に気付いているように見え、それに不平を言っていた』。

 

Christian Brun-Buisson, head of the medical intensive care unit, and director of the Infection Control Unit at Assistance Publique Hopitaux de Paris, France, said in a statement that what was most disturbing was that there was “no obvious exposure to an animal bite, which made us search for an array of diseases before one of our team members suggested it could be a case of imported rabies.” A skin biopsy and saliva swabs finally confirmed the rabies diagnoses 13 days after the patient 1st was admitted. The patient tragically died 6 days later.

フランス・パリ国立病院ICU医長で感染症コントロール部長のBrun-Buisson氏は、最も当惑させたのは『動物に明らかに咬まれた徴候がなく、メンバーの一人が輸入狂犬病ではないかと提案するまで、たくさんの病気について探査した。』ことだったとして声明で述べていた。患者が入院してから13日後、皮膚生検と唾液ぬぐい液によってようやく狂犬病と確認された。患者は6日後に悲劇的に亡くなった。

 

However, this meant that professionals were dealing with this man for 13 days before learning of his incredibly deadly infection – an oversight that resulted in 158 healthcare workers potentially exposed. “Hypersalivation was remarkable and the patient occasionally spat on ICU personnel,” the report reads.

しかしながらこれは信じられないほど致死的な感染症であるとわかるまで、この患者を専門家たちが13日間手当てした、ということを意味していた(不注意にも158名の医療従事者が潜在的に暴露されている結果だった)。『過剰なヨダレが著しかったし、患者は時々ICU担当者にツバを吐いていた。』そのレポートには書いている。

 

 

A hasty investigation deemed 52 staff members at immediate risk and had them promptly vaccinated. Two professionals who worked directly with fluid samples also received immunoglobin treatment as an added precaution.

急きょ調査を行い、52名のスタッフに差し迫った危険があると考えられ、すぐに彼らに予防接種を行った。液体検体を直接扱った2名の従事者がさらなる予防措置として免疫グロブリン治療も受けた。

 

“This case serves as a reminder to physicians that rabies should be considered in patients presenting with unusual neurological symptoms and coming from a geographical area where rabies is a common disease,” said Brun-Buisson. “Making this diagnosis early is important, since there is a potential risk for caregivers to be contaminated if strict isolation precautions are not taken. This is obviously of utmost importance as rabies is a uniformly fatal disease.”[byline: Brian Stallard]

『この症例は、変わった神経症状を示し、狂犬病が一般的な病気である地域からきている患者では、狂犬病が考慮されなければならない、ということを医者たちに思い出させている』とBrun-Buisson氏は語った。『厳格な隔離予防措置が取られないと介護者たちに感染してしまう可能性があるために、迅速な診断をすることは重要だ。このことは、狂犬病が一様に致死的な病気であるので、明らかに最も重要なことである。』

 

[This case occurred some 12 months ago but it is being posted to remind those unaccustomed to human clinical rabies what they should expect to see. Clinical memories are unfortunately short if not reinforced by new patients. And as this case exemplifies delays are expensive — 54 people had to be vaccinated in case they had been exposed while treating and managing this fatal case. – Mod.MHJ

【この症例は約12か月前に発生したものだが、ヒト狂犬病臨床症例に慣れていない医療従事者たちに、特に何を観察すべきか思い起こしてもらうために投稿されている。新規患者によって補強されないなら、残念なことに臨床的記録は大変短い。この症例の例示の遅れは高くつく−この死亡例を治療・手当していて暴露された54名が予防接種を受けねばならなかった。】

 

PageTop