Home >News > ProMED翻訳情報(381回) ~バリ島での人の狂犬病ワクチンの不足~

ProMED翻訳情報(381回) ~バリ島での人の狂犬病ワクチンの不足~

2015.07.03

RABIES – INDONESIA (02): (BALI) HUMAN VACCINE SHORTAGE

******************************************************

 

[1]Date: Sun 10 May 2015       Source: Bali Discovery [edited]

 

 

NusaBali reports that supplies of anti-rabies vaccine for human victims of dog bites are out of stock in the Badung regency of South Bali.

NusaBaliは、バリ島南部のBadung地域の犬咬傷患者用狂犬病ワクチンの備蓄枯渇について報告している。

———————————————————————

The anti-rabies vaccine (VAR) stock in Badung regency at government hospitals and community health centers has been at zero since late April 2015, despite government assurances that VAR would be available to the public without charge. Patients are being referred to the Sanglah General Hospital in Denpasar that still has a limited supply of VAR.

狂犬病ワクチン(VAR)は無料で公共には入手可能であるという政府の保証にも関わらず、Badung地域の政府系病院及び地方保健センターのVAR備蓄が2015年4月後半に底をついた。患者たちはデンパサールのまだ限定的にVARを供給しているSanglah総合病院を紹介されている。

 

Doctors unable to provide their patients with the potentially life-saving VAR, claim to have no information regarding the failure of the Badung Health Office to provide a steady supply. The head of the Badung Health Agency (Diskes-Badung), Dr I Gede Putra Suteja insists that money for VAR is available and the lack of stock is due to a supply chain problem.

医師たちはおそらく救命することが出来るVARを患者に供給することが出来なくて、Badung保健事務所が点安定的な供給をおこなうことができない点に関して情報がないことへ苛立っている。Badung衛生部局長(Diskes-Badung)のDr I Gede Putra Sutejaは狂犬病ワクチンのための予算は用意されているが、備蓄の枯渇は流通経路の問題によるものであると強調している。

 

While the bureaucracy sorts itself out, health officials are urging those in need of VAR go directly to the Sanglah General Hospital for treatment.

一方、煩雑な手続きは整理されているが、衛生官はVARを必要としている人たちに処置のため直接Sanglah総合病院に行くように主張している。

Communicated by:   Lisa Warden         Director, DOGSTOP

 

******

[2]Date: Mon 11 May 2015               From: Lisa Warden  [edited]

 

Post-bite rabies shots out of stock in Bali — situation urgent

バリ島では狂犬病暴露後免疫ワクチンが在庫切れ--緊急事態

—————————————————————

The rabies PEP [post-exposure prophylaxis] situation in Bali is currently dire. Canine anti-rabies vaccination teams have just now reported that 3 people in east Bali, who were bitten by a dog last week [week of 4 May 2015] that tested positive for rabies, managed to get their 1st post-bite shots 5 days ago when bitten, but now all hospitals and government health departments are out of stock. NGOs are currently contacting private clinics in a desperate bid to find vaccines for the individuals who were bitten. The news report below(from yesterday [10 May 2015]) is only reporting that the Badung regency in south Bali, which includes the main tourist region of the island, is out of stock, but the shortage appears to be island-wide. No vaccines in a rabies epidemic is a recipe for certain tragedy.

バリ島における狂犬病PEP[暴露後発症予防]事情は現在緊急事態である。犬狂犬病ワクチン接種チームがたった今報告したところによると、バリ島東部の3名が先週(2015年5月4日の週)に狂犬病検査陽性の犬に咬まれ、5日前に咬まれた時点で最初の暴露後注射を受けたが、現在はすべての病院と政府系厚生機関において在庫切れである。NGOが現在、咬まれた人々に対するワクチンを見つけるための緊急の料金について個人診療所とコンタクトしている。以下のニュースレポートは(昨日[2015年5月10日から]、この島の主要な観光地域を含む南バリ島のBadung地域の備蓄不足を単に報告しているが、その不足(狂犬病ワクチンの)は島全体でみられ、狂犬病の流行でワクチンが全くないことは間違いなく悲劇の処方箋である。

 

Lisa Warden                   Director, DOGSTOP

 

******

[3]

Date: Tue 12 May 2015         From: Merritt Clifton  [edited]

 

As of the moment, this situation is baffling me.

目下のところ、この状況は私を困惑させている。

 

NusaBali, the periodical that initially reported the alleged PEP shortage, is a pro-government newspaper with very close connections to the Made Pastika regime. Pastika, a retired police official, has headed the government in Bali since April 2008; the rabies crisis has evolved entirely on his watch.

最初にPEPの不足の情報を報道した地元刊行紙のNusaBaliは、Made Pastika体制への関係が深い政権支持の新聞である。Pastikは、警察官僚OBで2008年4月からバリ政府の首長である。狂犬病危機は、全く彼の警戒どおり進展した。

 

Bali Discovery, the periodical that translated the NusaBali report into English, is a mostly pro-government newspaper with close connections to the powers-that-be in the expatriate tourism community.

バリディスカバリーは、NusaBaliを英訳した刊行紙で外国人旅行者集団において当局者に関係が深い主な政権支持新聞である。

 

Given the NusaBali and Bali Discovery positions, I think their report has to be taken seriously. At the same time, as best I can determine, so far none of the Bali animal welfare organizations and none of the opposition media have picked up on it at all.

NusaBali及びBali Discoveryが社会的に高い地位を持っているなら、私はそれらの報告が深刻に受け取られていると思う。同時に私が判断できる最上のように、それまでバリ島のどの動物福祉機関及びどの対立メディアもそれについて全く取り上ていなかった。

 

The animal welfare organizations may perhaps have elected Lisa Warden to be their mouthpiece, to avoid trouble with the political establishment. But in the past, any hint of a new rabies panic has produced bursts of postings and e-mails from pro-dog individuals and organizations. So far this time, nothing seems out of the ordinary.

動物福祉組織は既成の権力組織とのトラブルを避けるために、彼らの代弁者としてLisa Wardenを多分選んだのかもしれない。しかし、過去において、新しい狂犬病パニックのあらゆる暗示が、pro-dog各々及び組織からの通報や電子メールを起こした。今回まで並外れて異常なことはないと思われる。

 

I will keep you posted about further developments, as they come to my attention.

私は、更なる展開について、私が知るに応じて投稿し続けるであろう。

Merritt Clifton               Editor Animals24.7

 

 

[This Bali report came to us from Lisa Warden, a respected director of DOGSTOP, a charity concerned with canine rabies.

このバリの報告は、犬狂犬病に関連した慈善団体であるDOGSTOPの尊敬する会長であるLisa Wardenから我々に届いた。

 

There is an urgent shortage of post-exposure rabies vaccine in Bali, and that is a matter of concern for us all. Note the number of rabies postings for Bali, see below, that we in ProMED have issued over the past 7 years.

With thanks to Lisa and Merritt for this information. – Mod.MHJ

バリ島において暴露後の狂犬病ワクチンの不足が切迫しており、それは我々全員にとって重要な事柄である。下記に見られるバリ島の狂犬病に関する多数の記録に注目してください。ProMEDにおいて我々は過去7年間に渡り刊行している。

この情報についてLisa と Merrittに感謝する。

 

PageTop