Home >News > ProMED翻訳情報(377回) ~ホンジュラスの農場で発生した牛の狂犬病(OIE報告)~

ProMED翻訳情報(377回) ~ホンジュラスの農場で発生した牛の狂犬病(OIE報告)~

2015.07.03

RABIES – HONDURAS: (COLON) BOVINE, OIE

**************************************

Date: Tue 14 Apr 2015   Source: OIE, WAHID (World Animal Health Information Database), weekly disease information 2015; 28(16) [edited]

 

 

Rabies, Honduras

狂犬病、Honduras

—————-

Information received on [and dated] 14 Apr 2015 from Dr Jose Lizardo Reyes Puerto, Director General, SENASA [National Agricultural Health Service], [Ministry of Agriculture and Livestock], Tegucigalpa, Honduras

情報は、2015年4月14日にHonduras TegucigalpaのSENASA (国家農業健康サービス)、(農業家畜省)の所長Jose Lizardo Reyes Puerto博士からもたらされた。

 

 

Summary

要約

 

Report type: immediate notification

報告様式:速報

 

Date of start of the event: 26 Mar 2015

事象の開始日:2015年3月26日

 

Date of pre-confirmation of the event: 8 Apr 2015

事象確定前の日付:2015年4月8日

 

Report date: 13 Apr 2015

報告日:2015年4月13日

 

Reason for notification: 1st occurrence of a listed disease

提出理由:記載された疾病の初発生

 

Manifestation of disease: clinical disease

疾病の発現様式:顕性感染

 

Causal agent: Rabies virus

病因:狂犬病ウイルス

 

Serotype: not typed

血清型:未同定

 

Nature of diagnosis: laboratory (advanced)

診断の種類:実験室(先進的)

 

This event pertains to a defined zone within the country

この出来事は、国内の限定地域に関係する

 

New outbreaks (1)

新しい発生(1)

 

Summary of outbreaks:

発生の要約

 

Total outbreaks: 1

合計発生数:1

 

Outbreak 1: Colon, Junquillo muerto, Saba, Colon

発生1:Colon、Junquillo muerto、Saba、Colon

 

Date of start of the outbreak: 26 Mar 2014

発生開始日:2014年3月26日

 

Outbreak status: continuing (or date resolved not provided)

発生状況:継続(または解決日時は示されていない)

 

Epidemiological unit: farm

疫学的単位:農場

 

Affected animals:

罹患動物

 

Species / Susceptible / Cases / Deaths / Destroyed / Slaughtered

種/ 感受性 / 症例数 / 死亡数 / 殺処分数/ 屠殺数

 

Cattle / 84 / 1 / 1 / 0 / 0

牛 / 84 / 1 / 1 / 0 / 0

 

Affected population: cattle farm amidst oil palm plantations, a habitat suitable for bats. Affected animals show several bat bites

罹患した個体群:コウモリの生息地にふさわしいオイルヤシ農園中の牛農場、罹患動物にはいくつかのコウモリ咬傷歴がみられた。

 

Outbreak statistics

Species / Apparent morbidity rate / Apparent mortality rate / Apparent case fatality rate / Proportion susceptible animals lost*

発生統計

種 /見かけ上罹患率/見かけ上死亡率/見かけ上致死率/感受性動物死亡率

 

Cattle / 1.19 percent / 1.19 percent / 100 percent / 1.19 percent

牛/1.19%/1.19%/100%/1.19%

 

*Removed from the susceptible population through death, destruction and/or slaughter

死亡数、殺処分数と又は屠殺数から感受性数を取り除いた

 

Epidemiology

疫学

 

Source of the outbreak(s) or origin of infection: vectors

流行の原因または感染源:媒介動物

 

Control measures

制御方法

 

Measures applied: movement control inside the country;dipping/spraying; modified stamping out; no vaccination; no treatment of affected animals

適用された方法:国内における移動制限;液浸/噴霧;改善した鎮圧;予防接種はしない:罹患動物の治療はしない

 

Measures to be applied: vaccination in response to the outbreak(s);

適用されるべき方法:発生に対応した予防接種

 

Future reporting

今後の報告

 

The event is continuing. Weekly follow-up reports will be submitted.

この出来事は続いている。毎週の追加報告が投稿されるであろう。

 

[The location of the outbreak can be seen on the interactive map included in the OIE report at the source URL above.]

「上記URLで、OIE報告に含まれるインタラクティブ地図上に発生の位置をみることができる。」

 

[Bats are the source of most human rabies deaths in the Americas. Bat rabies has also recently emerged as a public health threat in Australia and Western Europe

 

「コウモリは、アメリカ大陸での大部分の人狂犬病死亡例の原因である。コウモリ狂犬病は近年、オーストラリアや西ヨーロッパで公衆衛生上の脅威としても出現した。

 

Rabies of herbivores transmitted by the common vampire bat (_Desmodus rotundus_) is called paralytic rabies. The disease mainly attacks bovines and equines, causing serious economic losses (Acha, 1968)

 

ナミチスイコウモリ(_Desmodus rotundus_)により伝達される草食動物の狂犬病は、麻痺性狂犬病と呼ばれている。この疾病は主に牛と馬を攻撃し、深刻な経済損失の原因となっている (Acha,1968)

 

 

“Rabies has the highest case fatality of any infectious disease. When a person is exposed to an animal suspected of having rabies, the risk of rabies virus transmission should be evaluated carefully. Risk assessment should include consideration of the species of animal involved, the prevalence of rabies in the area, whether exposure sufficient to transmit rabies virus occurred, and the current status of the animal and its availability for diagnostic testing. Wild carnivores and bats present a considerable risk where the disease is found, regardless of whether abnormal behavior has been observed. Insectivorous bats, though small, can inflict wounds with their teeth and should never be caught or handled with bare hands. Bat bites may be ignored or go unnoticed, so direct contact with bats could be considered a risk of virus exposure. Any wild carnivore or bat suspected of exposing a person to rabies should be considered rabid unless proved otherwise by laboratory diagnosis; ideally, this includes bats in direct contact with people, such as those found in rooms with sleeping or otherwise unaware persons. Wildlife, including wolf hybrids, should never be kept as pets; if one of those animals exposes a person or domestic animal, the wild animal should be managedlike free-ranging wildlife.”

 

「狂犬病はどのような感染症の中でも最も高い致死率を示す。人が狂犬病疑われる動物に暴露された時、狂犬病ウイルス伝播のリスクは、慎重に評価されるべきである。リスク評価は、関与動物の種類、地域における狂犬病の流行、狂犬病ウイルス伝播が成立するに十分な曝露があったかどうか、現在の動物の状態と診断検査に供することができるかを含めて考察すべきである。野生の肉食動物とコウモリは、異常行動が観察されるかどうかにかかわらず、この場に疾病がみつかる考慮すべきリスクを提供する。食虫コウモリは、小さくても、その歯で創傷を与えうるので、素手で捕まえられたり取り扱われるべきでない。コウモリによる咬傷は無視されるか気づかれないかもしれず、そのためコウモリとの直接的接触はウイルス暴露のリスクとして考慮されうる。人に狂犬病を曝露させると疑われたどの野生の肉食動物もしくはコウモリは、実験室診断(理想的には、部屋で寝ていたり他方で人々にきづかれなかったような、人々に直接接したコウモリを含む)により他のものであると立証されない限り、狂犬病であると考慮されるべきである。オオカミの混血を含む野生動物は、ペットとして飼われるべきでない。:もしこれらの動物の一つが人もしくは飼養動物を暴露したならば、その野生動物は、放し飼いの野生動物と同様に管理されるべきである。」

 

 

Usually with an event such as this, both the Public Health and Animal Health authorities would work together to coordinate their efforts. It is of note that, for this and the previous outbreaks in February, there is no mention of the health measures taken (if any) for those persons (field workers, laboratory staff, and official veterinarians) exposed to the affected animals, as well as any actions to vaccinate pets (dogs and cats) in the surrounding area. – Mod.CRD

通常、このような出来事にともなって、公衆衛生と動物衛生の専門家の両方が、彼らの労力を協調するために共に働くであろう。今回と2月の以前の発生に対して、周辺地域におけるペット(犬と猫)への予防接種に対する何らかの行動と同様に、発症動物に暴露したこれらの人々(フィールドワーカ、実験室スタッフ、公務員獣医師)に対して(もしあれば)とられた健康処置への言及がないことは、注目の点である。

PageTop