Home >News > ProMED翻訳情報(384回) ~アメリカで報告された家畜からの狂犬病曝露事例(2題)~

ProMED翻訳情報(384回) ~アメリカで報告された家畜からの狂犬病曝露事例(2題)~

2015.07.26

RABIES – USA (16): (GEORGIA, SOUTH CAROLINA) FELINE, RACCOON, OVINE,HUMAN EXPOSURE

***********************************************************************************

 

In this post:

[1] Georgia

[2] South Carolina

 

******

[1] Georgia    ジョージア州

Date: Fri 29 May 2015       Source: 11 Alive, WXIA [edited]

 

 

 

Two cases of rabies reported in last week

先週報告された2例の狂犬病

—————————————–

Two Henry County [Georgia] neighborhoods are under rabies alerts after a recent outbreak. The 2 cases happened within the last week [22-29 May 2015], and in one case, 8 members of a family have to undergo rabies treatment.

ヘンリー郡(ジョージア州)の隣り合わせの2件は最近の発生の後、狂犬病の警告下にあった。2例は先週のうち(2015年5月22-29日)に発生し、そのうちの一例は家族の8人が狂犬病治療を受ける必要がある。

 

Henry County Animal Control officials said there have been 4 rabies cases since February [2015], which is unusual. “Normally I start receiving these type of cases around late June or early July,” said rabies control officer Vince Farah.

ヘンリー郡動物管理局は(2015年)2月から4例の狂犬病症例があったと報告した。それは異常なことだ。動物管理職員のVince Farah氏は『私は通常6月終わりから7月初めごろにこうした症例の報告を受け始める。』と語った。

 

The latest case happened in Stockbridge on Tuesday [26 May 2015] when a dead cat tested positive for rabies. It [belonged to a family who] live in the Carriage Trace neighborhood. They said they took in the stray cat when it walked up to their door this past Christmas Day [25 Dec 2014]. Now they and their 6 children, ages 4 to 14, have to undergo rabies treatment for the next 3 weeks.

最新の症例は(2015年5月26日)火曜日にストックブリッジで死亡ネコが狂犬病陽性の試験結果をうけて発生した。そのネコはCarriage Traceの近所に住んでいる(家庭のものであった)。

彼らは猫が昨年のクリスマス(2014年12月25日)に入口に近寄ってきたので、その放浪猫を引き取ったと述べた。現在、両親と4歳から14歳の6人の子供達はこれから3週間狂犬病の治療を受けねばならない。

 

“He started following me around and just meowing a lot,” [one of the family] said. “And then by Saturday [23 May 2015] and Sunday [24 May 2015] he was attacking us. He would come and cuddle up next to me and then if I reached down to pet him, he would attack me,” she said. [The cat] was put to sleep and tested positive for rabies. Now their neighborhood is under a rabies alert. Theirs is the 2nd neighborhood in the last week that is under a rabies alert. On 22 May [2015], the Lake Dow community in McDonough was put on alert.

『彼は私に付きまとい、ミャオミャオとよく鳴き始めた』と(家族の一人が)語った。『そして土曜日(2015年5月23日)と日曜日(2015年5月24日)間に我々を攻撃した。彼は私のところに来て寄り添い、私がかわいがろうと手を伸ばせば彼は攻撃するでしょう。』と彼女は語った。(そのネコは)安楽死され、検査で狂犬病陽性と判定された。現在家族の近辺は狂犬病の警告下にある。狂犬病警戒下にある先週に、2番目の地区が出ている。(2015年)5月22日マクドナウ郡Dow湖集落も警告下におかれた。

 

On 22 May [2015] a resident found a dead raccoon in her back yard that her 2 Brittany spaniels [had] killed. She took the raccoon to animal control and it tested positive for rabies. “I saw them in the middle of the yard with a mound of fur between them and I recognized it was a raccoon as soon as I saw the striped tail,” she said. Both her dogs had been vaccinated but have to be quarantined in their back yard for 45 days. “So they have to stay in the yard and no dogs, no extra people around them or anything like that,” she said.

(2015年)5月22日、ある住民は彼女の二頭のブリタニースパニエルが殺したアライグマを裏庭で見つけた。彼女はそのアライグマを動物管理局に持ち込み、アライグマが狂犬病陽性であると判定された。『私はイヌたちを庭の中央で見かけ、二頭の間には毛皮のかたまりがあった。そしてしま模様の尾を見てすぐにそれがアライグマだとわかりました。』と彼女は語った。彼女のイヌはともに予防接種を受けてあったが、裏庭に45日間係留された。『だからイヌたちは庭に留めおかなければいけないし、イヌや他人を彼らの周辺においてはいけない。』と語った。

 

“We have to control this outbreak, we have to keep this nipped in the bud,” Farah said. Animal control put warning signs up in each neighborhood asking residents to be vigilant about their pets’ behavior as well as any wildlife they see. “Their outdoor animals need to be vaccinated immediately and closely observed for the next 45 days,” Farah said.[byline: Kevin Rowson]

『我々はこの発生を制御しなければならないし、これを芽のうちに摘み取っておく必要がある。』とFarah氏は語った。動物管理局は見かけるあらゆる野生動物と同じように自身のペットの行動について油断のないよう住民に頼み、それぞれの近所の方に注意を呼びかけた。『彼らの外飼いの動物は直ちにワクチンを接種し、向こう45日間の注意深い監視が必要だ』とFarah氏は語った。

 

 

 

******

[2] South Carolina       サウスカロライナ州

Date: Fri 29 May 2015     Source: Independent Mail [edited]

 

 

Sheep exposes 4 people to rabies in Abbeville County

アベヴィル郡で4名がヒツジから狂犬病の暴露を受ける

—————————————————-

Four people have been referred to their health care providers for consultation after being exposed to rabies in Abbeville [Abbeville County, South Carolina] by a sheep that tested positive for the disease, the South Carolina Department of Health and Environmental Control [DHEC] said.

保健環境制御省(DHEC)サウスカロライナ支所の報告によると、4名はアベヴィル(サウスカロライナ州アベヴィル郡)で、狂犬病陽性と判定されたヒツジにより狂犬病に暴露された後、診断のため医療提供施設に送られた。

 

The sheep was potentially exposed to an aggressive skunk, which was not available for testing, roughly one month ago. Three of the 4 victims provided routine husbandry care for the sheep. The 4th victim was potentially exposed on Monday [25 May 2015]. The sheep tested positive for rabies on Wednesday [27 May 2015].

ヒツジはおよそ一月前に、検査はされていないが攻撃的なスカンクから暴露を受けた可能性があった。4名の犠牲者中3名は日常的にヒツジの世話をしていた。4番目の犠牲者は月曜日(2015年5月25日)に暴露を受けた可能性があった。そのヒツジは水曜日(2015年5月7日)に狂犬病陽性と判定された。

 

“To reduce the risk of getting rabies, we recommend that people avoid wild animals acting tame and tame animals acting wild,” said Sandra Craig of the health department Bureau of Environmental Health Services. “About 275 South Carolinians must undergo preventive treatment for rabies every year, with most exposures coming from bites or scratches by a rabid or suspected rabid animal. Wild animals contract the disease most often, but domestic pets and livestock can contract rabies as well.

『狂犬病感染のリスクを下げるために、我々は、人々がおとなしくふるまう野生動物と乱暴にふるまうおとなしい動物を避けることを勧める』と環境衛生部門衛生局のSandra Craig氏は語った。『毎年およそ275名のサウスカロライナ州民が狂犬病に対する予防的治療を受ける必要があり、その大部分は狂犬病や狂犬病疑いの動物に咬まれたり引っかかれたりして暴露されている。野生動物はほとんど狂犬病になるが、家庭動物と家畜も同じように狂犬病にかかる。

 

“If you think you have been exposed to the rabies virus through a bite, scratch or the saliva of a possibly infected animal, immediately wash the affected area with plenty of soap and water. Then be sure to get medical attention and report the incident to DHEC.”

『もしも感染している可能性のある動物の咬み傷やひっかき傷や唾液をとおして狂犬病ウイルスに暴露されたと思ったら、直ちに大量の石鹸と水で冒された部分を洗浄してください』

 

In 2014, there were 139 confirmed cases of animal rabies in South Carolina. There have been 61 confirmed cases in animals statewide so far this year [2015]. The sheep is the 1st animal to test positive in 2015 from Abbeville County. Two animals tested positive in that county in 2014. The sheep is the 14th livestock animal to test positive for rabies in the state since 2002.

2014年にサウスカロライナ州で139例の動物狂犬病の確定症例があった。今年(2015年)は州全体でこれまでに61例の確定症例があった。ヒツジはアベヴィル郡で2015年に陽性と診断された最初の動物である。その郡では2014年には2例が陽性と診断された。ヒツジは2002年以降、州内で狂犬病陽性と判定された14番目の家畜動物である。

 

South Carolina law requires pet owners to vaccinate dogs, cats and ferrets. The law does not require owners of agricultural animals to vaccinate for rabies, although rabies vaccines for cows, horses and sheep have been approved by the US Department of Agriculture.

サウスカロライナ州法ではペットオーナーにイヌ、ネコ、フェレットへのワクチン接種を義務付けている。ウシ、ウマ、羊に対する狂犬病ワクチンは米国農務省で認可されているが、法律は農業動物のオーナーに狂犬病ワクチンの接種を義務付けていない。

 

The health department strongly recommends vaccinating: – horses, cattle and sheep that have frequent contact with humans; – livestock that are particularly valuable; – animals used for raw milk or raw milk product production.

保健所は、ヒトと頻繁に接触するウマ・ウシ・ヒツジ、特に高価な家畜、生乳または生乳製品製造のために使用される動物にワクチン接種することを強く勧めている。

 

Horses must be vaccinated for rabies before being taken out of state.

ウマは州から出る前に狂犬病ワクチンを接種しなければならない。

 

Anyone who sees a wild animal that seems sick should contact the local animal control office, veterinarian or wildlife rescue/rehabilitation group for help. If a wild animal is acting strangely among a herd of livestock, contact the local health department Environmental Quality Control office.

具合悪そうに見える野生動物を見た人は、地域動物管理課や獣医師や、野生動物救護・野生復帰団体に助けを求めて連絡するべきだ。家畜の群れの中で奇妙な動きをする野生動物がいたら、地域衛生局環境水準管理事務所に連絡すること。

 

 

[Cattle and horses are not infrequently afflicted with rabies; in Latin America, commonly via vampire bats. But rabid sheep are unusual. A quick search brought up 2 OIE reports from Uruguay in April 2014, of sheep apparently infected by _Desmodus rotundus_ bats (vampire bats):

ウシとウマは狂犬病でしばしば悩まされる。ラテンアメリカでは通常吸血コウモリが媒介する。しかし狂犬病のヒツジは一般的ではない。迅速検索は、2014年4月にDesmodus rotundus(ナミチスイコウモリ)(吸血コウモリ)により感染したと思われるヒツジのウルグアイからの2例のOIEレポートを取り上げた。

 

As desmondontine bats do not occur in South Carolina, we can rule them out as a cause of this ovine outbreak, and revert back to a more probable raccoon contact. Virus strain identification will clarify this.

desmondontine科のコウモリはサウスカロライナ州に生息しておらず、我々はこのコウモリをこのヒツジ発生の原因から除外し、より見込みがあるアライグマとの接触を再検討した。ウイルス株の同定はこれを明らかにするであろう。

 

PageTop