Home >News > ProMED翻訳情報(385回) ~チュニジアで発生した飼い犬からの狂犬病曝露による人の死亡事例~

ProMED翻訳情報(385回) ~チュニジアで発生した飼い犬からの狂犬病曝露による人の死亡事例~

2015.07.26

RABIES – TUNISIA (03): (BIZERTE) HUMAN, FATAL, REQUEST FOR INFORMATION

**********************************************************************

 

Date: Fri 5 Jun 2015     Source: Directinfo, TAP report [in French, trans. Mod.AB, edited]

 

 

A young native of the village of Tamra, in the delegation of Sejnane  (Governorate of Bizerte), aged 21, died on Friday [5 Jun 2015] of rabies, said the regional director of health in Bizerte, Dr. Mohammed Mokri.

サジャナン(ビゼルト県の行政区)委任地、タムラ村の21歳の若い住民が狂犬病で金曜日(2015年6月5日)に死亡したとビゼルト県の健康部局の地域部長であるMohammed Mokri博士が述べた。

 

The man was taken in by the emergency services at the University Hospital Habib Bougatfa in Bizerte on [1 Jun 2015] for pain in the kidneys. Medical examinations showed that the patient was rabid. This was confirmed by a medical report from the Pasteur Institute in Tunis.

その若者はビゼルト県のHabib Bougatfa大学病院の救急治療部に腎臓の疼痛を訴えて(2015年6月1日に)収容された。医学検査により患者が狂犬病に罹っていたことを明らかにした。この事例はチュニスにあるパスツール研究所の医療報告により確認された。

 

The young man, who was passionate about raising pets, had, according to his family, tried – about 3 months earlier – to heal his dog by himself without success; the dog perished.

その若者はペットを飼育することに熱心で、家族によると、3ヶ月ほど前に若者が飼育する犬の病気を自分自身で治そうと試みたが失敗していた。その犬は死亡した。

 

The health authorities reminds all citizens of the need to vaccinate their pets, to avoid contact with stray dogs, and to alert the veterinarian or the nearest health facility in case of unvaccinated dog bite.[Byline: Di from TAP]

衛生当局は全ての市民に対し、飼育するペットのワクチン接種及び、放浪犬との接触を避けること、獣医師や発生地区に最も近い保健機関はワクチン未接種犬の咬傷事故に注意することの必要性を指摘している。

 

 

 

[Despite the availability of rabies vaccines at the relatively dense network of rabies centers in Tunisia, one continues to deplore human cases detected late and for whom death is unfortunately an almost certain outcome. An increased effort of public awareness of the danger of this disease is needed. Similarly the fight against dog rabies virus vectors needs to be intensified.

チュニジアにおける狂犬病センターのネットワークは比較的緻密であり、狂犬病ワクチンの供給対応がよいにもかかわらず、気付くのが遅れた人の事例や不幸にもほぼ確実に亡くなることに嘆くことが続いている。この疾病の危険性を一般の人に知らせる努力を強化せねばならない。同様に狂犬病ウイルスを伝播する犬の対策を強化する必要がある。

 

The only symptom mentioned is pain in the kidneys; this is not very evocative of human rabies. No nervous signs or behavior disorders have apparently been observed in the patient. It is therefore unclear what induced physicians to suspect rabies in this patient. Now that the case is confirmed, meticulous work from upstream investigation is required to trace all people and pets who have been exposed to biting or licking by the animal that transmitted rabies to the deceased patient.

腎臓の疼痛というたった一つの徴候が述べられている。;この徴候はあまり人の狂犬病を示唆していない。この患者には神経症状や行動障害は明らかに観察されていない。したがって、何をもって医師が、その患者が狂犬病であると疑いをもったのかが不明確である。この症例が確定した今、さかのぼり調査による綿密な作業では、亡くなった患者に狂犬病を伝播した動物による咬傷や舐めることによって曝露された全ての人や動物の追跡調査が求められている。

 

 

 

[It would be interesting to note the age of the pet involved, which appears – according to the above media report – to have been treated by its owner due to some clinical disease, the signs of which are not described.  Was it a domestic owned dog or was it collected elsewhere? In young dogs (say, under the age of 3 months), rabies signs can be rather confusing and difficult to be recognised at times; primary vaccination is usually performed when the pet reaches the age of 3 months. The dog may have suffered the “dumb” form of rabies, not the furious one and the owner may have suspected that the dog died of another cause.

この症例に関与したペットの年齢に注目することは興味深い。上記のメディアの報告によると、症状は書かれていないが、何かの病状を示したので飼い主の手で治療をしていたことは明らかである。その犬は家庭で飼われていた犬だったのだろうか?もしくは他の場所で拾って来たのだろうか?若犬(例えば、3ヶ月令以下)では、狂犬病の徴候はかなり紛らわしいし、時々認識することは困難である可能性がある;最初のワクチン接種は通常その犬が3ヶ月令になってから行われている。その犬が狂躁型ではなく麻痺型狂犬病を示す可能性もあり、飼い主は他の原因で死亡したと考える可能性もある。

 

In rabies-endemic countries, the public is warned to refrain from collecting/adopting stray puppies, the background of which unknown. When collected by societies, such animals should be kept under strict veterinary observation for at least 3 months.

狂犬病が発生している国において、国民は背景の不明な放浪子犬を拾ったり、飼育したりすることを控えるよう警告されている。(動物福祉団体のような)組織に拾われた場合には、拾われた動物は少なくとも3ヶ月の厳重な獣医学的な観察の元に置かれるべきである。

 

It will also be interesting to obtain information on the rabies vaccination coverage of domestic/owned dogs in the Bizerte province. In this respect, Subscribers are referred to the following paper evaluating the efforts of the Tunisian authorities to control rabies.

ビゼルト県における家庭で飼育されているイヌの狂犬病ワクチン接種率の情報を得ることにもまた大変興味がある。この点で、購読者は、狂犬病を制御するチュニジア当局の努力を評価している以下の論文を引用してください。

Touihri, L., Zaouia, I., Elhili, K., Dellagi, K. and Bahloul, C. (2011). Evaluation of Mass Vaccination Campaign Coverage Against Rabies in Dogs in Tunisia. Zoonoses and Public Health, 58: 110-118. doi: 10.1111/j.1863-2378.2009.01306.x

Touihri, L., Zaouia, I., Elhili, K., Dellagi, K. and Bahloul, C. (2011)

 

 

“Summary

要旨

————

In Tunisia, rabies continues to be considered as a serious public health concern. Very costly mass vaccination of dogs against rabies and expensive post-exposure prophylaxis are prerequisites to maintain a low level of human rabies cases.

チュニジアでは、狂犬病は深刻な公衆衛生の関心事として考慮され続けられている。非常に経費のかかる狂犬病に対するイヌへの集団ワクチン接種や高価な曝露後発症予防処置は、人狂犬病事例の発生を少ない状態で維持するための必須条件である。

 

In Tunisia, the implementation of mass vaccination campaigns at the national level has undoubtedly contributed to the drop of rabies endemicity, but the overall outcome is rather suboptimal. In this investigation, we wanted to estimate the extent of the vaccination coverage in dogs in 3 Governorates (Manouba, Kassrine and Mednine), by collecting data through questionnaires and interviews relevant to 1470 owned dogs.

チュニジアでは国家レベルでの集団ワクチン接種活動の実施は、疑いなく狂犬病流行を減少させるのに寄与しているが、総合的結果はどちらかと言えば次善である。この調査で、我々は1,470頭の飼い犬に関連するアンケート調査と聞き取り調査を利用して収集することで、3つの行政区(Manouba区およびKassrine 区、Mednine区)におけるイヌのワクチン接種率の程度を推定したかった。

 

When the campaign is correctly applied, as in Manouba, almost all the targeted dog population can be reached by parenteral vaccination and an almost elimination of the disease can be evidenced. However, in Kasserine and especially in Medenine, where the vaccination coverage is lower than 31 percent, a reservoir for the disease can be maintained. To match the official figures of vaccination coverage, we should update the statistics of the size of dog population which seems to be bigger than what is assumed.

この活動が正確に行われると、Manouba区ではほとんど全ての対象となるイヌ集団は注射によるワクチン接種が行き渡っており、狂犬病がほとんど駆逐されたことが明らかになっている。しかし、ワクチン接種率が31%以下のKasserine区及び、特にMedenine区では、(接種していない犬が)狂犬病の媒介動物として維持され得る。公式なワクチン接種率の数値と比較するためには、我々は推定されるより多いかもしれないと犬の頭数の統計データを更新しなくてはならないだろう。

 

In addition, we wanted to assess the level of involvement of the local population with the vaccination campaigns by marking vaccinated dogs with necklaces and establishing later on the vaccination coverage accordingly. — We think that rabies control programmes in Tunisia can be successful if vaccination coverage can reach 70 percent in all parts of the country. The achieved vaccination coverage should be estimated after random visits in many parts of the country and by checking valid vaccination certificates”.

加えて、我々はワクチン接種した犬を首輪で印を付けることにより、また結果としてワクチン接種率を後で確定することによりワクチン接種活動の地域の犬集団への関わる程度を評価したかった。我々はチュニジアにおける狂犬病制御計画は、国内全ての地域でワクチン接種率が70%に到達すれば成功を収められると考えている。到達したワクチン接種率は国の多くの地域を任意に訪れ、正当なワクチン証明書を確認したあとに推定されるべきであろう。

 

The problem of rabies in stray dogs is another and a major issue deserving discussion; 2 main paths have been subject to discussions and experimentation throughout the years: population control and oral vaccination.]

放浪犬の狂犬病の問題は、もう一つの議論に値する大きな課題である。二つの大きな道筋が年余に及んだ議論と実験のテーマとなってきた。犬の頭数管理と経口ワクチンである。

PageTop