Home >News > ProMED翻訳情報(386回) ~バリ島で発生した犬咬傷による人の死亡事例~

ProMED翻訳情報(386回) ~バリ島で発生した犬咬傷による人の死亡事例~

2015.08.06

RABIES – INDONESIA (03): (BALI) CANINE, HUMAN

*********************************************

 

Date: 15 May 2015      Source: The Bali Post [edited]

 

 

As reported by The Bali Post, the victim’s husband told authorities that both he and his wife together with a relation had been bitten on the leg by a dog on 15 May 2015. Four days after suffering the bites, the dog was euthanized, and an examination of the dog’s brain yielded a positive result for rabies.

 

Bali Post紙が報じているように、犠牲者の夫は、「自分と妻はいずれも、2015年5月15日に、イヌに足を咬まれた」と当局に語った。咬まれてから4日後、そのイヌは安楽殺され、犬の脳組織の試験により狂犬病陽性と診断された。

 

As recommended by health authorities, the couple received VAR (anti rabies) injections on 20 May 2015, but the woman began developing clinical symptoms of the disease on 26 May 2015. She fell into a coma and was declared dead at the Negara General Hospital on 27 May 2015.

 

保健当局が推奨しているように、その夫婦は2015年5月20日にVAR(抗狂犬病ワクチン)の接種を受けた。しかし、女性は5月26日に疾病の症状を呈し始めた。彼女は昏睡に陥り、27日にNegara General Hospitalで死亡した。

 

The head of the Jembrana Health Service, Dr Putu Suasta, told the press that the deceased woman — who had received 2 VAR injections — did not succumb to rabies but, instead, suffered an infection of the brain.

 

Jembrana Health ServiceのトップであるPutu Suasta医師は、報道陣に、「死亡した女性は、2回VARの接種を受けたが、狂犬病を防ぐには至らず、代わりに脳組織への感染を受けてしまった」と話した。

 

The husband of the dead woman complained to Radar Bali that the VAR vaccine was only administered on 20 May 2015, a full 5 days after reporting the bite to health authorities.

 

妻を亡くした夫は、VARは、保健当局に咬まれたことを報告してから丸々5日経って、やっと20日に投与を受けることができたと、Radar Bali紙に訴えた。

 

 

 

[On the island of Bali, the 1st cases of rabies in humans and dogs were confirmed in 2008 on Bukit Peninsula. Despite control efforts in 2008-2009, rabies spread across the island. In the following 3 years, over 130 people died from rabies (primarily people who did not receive post-exposure prophylaxis [PEP]), and PEP was given to over 130,000 people with dog bites. This outbreak resulted in considerable fear and anxiety and cost over USD 17 million.

 

バリ島における人とイヌの狂犬病事例としては、2008年にBukit Peninsulaで確認されたものが最初である。2008-2009年にかけての(狂犬病の)コントロールの努力にも関わらず、狂犬病は島全体に広がった。続く3年の間に、130人以上の人々が狂犬病によって命を落とし(その多くの人々は、暴露後の予防措置[post-exposure prophylaxis: PEP]を受けていなかった)、イヌに咬まれた130,000人以上の人々がPEPを受けた。このアウトブレイクは少なからぬ恐怖と不安をもたらし、17,000,000USドル以上もの損害額を計上した。

 

According to recent WHO documentation (http://www.expat.or.id/medical/rabies.htm), the incubation period for rabies is 5 days to 1-3 years (with an average upper range of 2 months), with symptoms appearing within 30 to 50 days following exposure. In dogs, this incubation period is shorter and generally 14 to 60 days. A key factor in determining how quickly rabies will develop is how close the virus comes to nerve endings when the bite or other exposure occurs. Incubation also depends upon the severity of the associated soft tissue damage and the amount of virus introduced, but the distance of the bite from the brain is the most significant factor.

 

最近のWHOの文書(http://www.expat.or.id/medical/rabies.htm)によれば、狂犬病の潜伏期間は5日間から1-3年にわたり(平均の上限では2ヶ月)、暴露後30日から50日以内に症状が表れる。イヌでは、この潜伏期間はより短く、一般に14から60日間である。どれだけ早く狂犬病が発症するかを決定付ける主要因は、咬まれる、あるいは他の形で暴露が起こったとき、いかにウイルスが神経終末端に近いところに至るかである。潜伏期間はまた、暴露を受けた部位の軟組織の損傷の酷さや、注入されたウイルスの量によっても左右されるが、最も重要な要因は咬まれた部位と脳組織の間の距離である。

 

If the head of an animal or a person is severely bitten, symptoms may appear in as few as 14 days. Under rare circumstances, symptoms may not develop for a year or longer. The farther the bite is from nerve endings, the longer it takes to reach the nervous system and develop an infection. Therefore, post-exposure treatment with vaccines can still be effective in preventing rabies even with delays, especially if the bite was peripheral rather than central. It is also true that the bite of a rabies-infected animal does not invariably cause disease.

 

人でも動物でも、もし頭部を激しく咬まれたのであったなら、症状は14日程のうちに表れるだろう。まれな状況下では、症状は1年またはそれ以上経っても表れない事もあるかもしれない。咬まれた部分が神経終末端から遠ければ遠いほど、それ(狂犬病ウイルス)が神経系にたどり着くことや、感染の進行も遅れていく。したがって、ワクチンによる暴露後の治療は、特に咬まれた部位が中枢より末梢であれば、(多少の)遅れが生じても、狂犬病の予防に効力を保ちうる。また、狂犬病に感染した動物に咬まれても、必ず発病するわけではないというのも本当だ。

 

The disease is usually contracted from the bite of a rabid animal, but on rare occasions, contact of virus-laden saliva with broken skin may be sufficient to transmit infection. There have also been reported cases of human-to-human rabies transmission by corneal transplants, which demonstrates the importance of not using transplant tissue from anyone who died of a neurological illness of unknown cause.

 

この疾病は、通常狂犬病で発病した動物に咬まれることによって罹るが、稀に、ウイルスを(多量に)含む唾液と皮膚の創傷部位が接触することによっても感染が成立してしまうこともある。角膜移植による狂犬病のヒト-ヒト伝播も報告されているが、このことは、原因不明の神経症によって死亡した者は、誰であれその組織を移植に用いないことの重要性を示している。

 

It seems likely that, in this case, the victim did not die as a result of rabies virus infection but rather as a consequence of a non-specific fatal reaction. Further information would be welcomed from an informed source. – Mod.CP

 

この事例の場合は、犠牲者が狂犬病ウイルスの感染によってではなく、むしろ非特異的で致命的な反応の結果として死亡したようにも見える。消息筋からの更なる情報は歓迎されるだろう。

PageTop