Home >News > ProMED翻訳情報(387回) ~フロリダ州で発生したキツネからの狂犬病曝露事例~

ProMED翻訳情報(387回) ~フロリダ州で発生したキツネからの狂犬病曝露事例~

2015.08.06

RABIES – USA (18): (FLORIDA), FOX, HUMAN EXPOSURE
*************************************************
Date: 14 Jun 2015    Source: Orlando Sentinel [edited]

A Lakeland woman was attacked and bitten by a fox with rabies, according to the Polk County Sheriff’s Office. The woman was walking on her family’s property on Beverly Hills Road on Thursday [11 Jun 2015] when the fox attacked her from behind and bit her twice. She told Polk County Animal Control she fought off the animal 3 times then had to kill it.

Polk郡保安官事務所によると、レイクランドに住む女性が狂犬病のキツネに襲われ、咬まれた。2015年6月11日の木曜日に、女性はビバリーヒルズロードにある彼女の家族が所有する敷地内を散策中、背後からそのキツネに襲われ、2度咬まれた。彼女はそのキツネに3度立ち向かい、その後殺さなければならなかった、とPolk郡動物管理署に話した。

Animal Control retrieved the fox’s body and sent it for testing where it was confirmed to have rabies, Polk County Sheriff’s Office spokeswoman Carrie Horstman said. This is the 3rd case of rabies in Polk County for 2015, Horstman said.
The woman who was bitten will seek medical treatment for her injuries and exposure.

Polk郡保安官事務所の広報官Carrie Horstmanによると、動物管理署はキツネの死骸を回収し検査に回したところ、狂犬病陽性と判定された。さらに、2015年に入って今回が3例目の狂犬病発生であるとHorstmanは述べた。

Horstman also encouraged pet owners to be cautious of wild animals and never let their pets near them. Horstman said that if you or your pet is exposed to a wild animal to contact Polk County Animal Control.[Byline: Christal Hayes]

Horstmanはさらに、ペットの飼い主に対して、野生動物に注意し、飼育動物が決して野生動物に近寄らせないよう呼びかけており、もし、飼い主または飼育動物が野生動物と接触した際にはPolk郡動物管理署に連絡するよう述べている。

[According to the CDC: Wild animals accounted for 92 percent of reported cases of rabies in 2010. Raccoons continued to be the most frequently reported rabid wildlife species (36.5 percent of all animal cases during 2010), followed by skunks (23.5 percent), bats (23.2 percent), foxes (7.0 percent), and other wild animals, including rodents and lagomorphs (1.8 percent). Reported cases decreased among all wild animals during 2010.

CDCによると、2010年度の狂犬病報告例の92%が野生動物を原因として起こっている。アライグマが相変わらず、狂犬病に罹った野生動物種として最も多く報告されている(2010年には全動物狂犬病数の36.5%を占める)。その次にスカンク(23.5%)、コウモリ(23.2%)、キツネ(7.0%)、げっ歯類やウサギ目を含むその他の動物(1.8%)が続く。2010n年度の野生動物狂犬病報告件数は減少していた。

PageTop