Home >News > ProMED翻訳情報(388回) ~犬からの狂犬病曝露による人の死亡事例(3題)~

ProMED翻訳情報(388回) ~犬からの狂犬病曝露による人の死亡事例(3題)~

2015.08.06

RABIES, HUMAN – TUNISIA, DR CONGO, TURKEY: CANINE EXPOSURE

**********************************************************

 

 

[1] Tunisia   チュニジア

Date: Tue 23 Jun 2015           Source: Jawharafm [in French, trans. Laurence Mialot, edited]

 

 

A 12-year-old boy died this morning [Tuesday, June 23, 2015] from rabies in Nasrallah in the province of Kairouan. The middle-school teen was bitten by a dog 3 months ago. The past few days, the boy suffered from a high fever, unbearable pain and changes in behavior, his mother said to Jawhara FM. Following the tragic death, the staff of the regional hospital of Ibn El Jazzar and the members of the family were vaccinated against rabies as a preventive measure.

ケルアン県のナアー・アラ市で、今朝(2015年6月23日、火曜日)に狂犬病で12才の少年が死亡した。ミドルスクールに通う10代であるこの少年は3ヶ月前に一頭の犬に咬まれた。数日前に、その少年は高熱及び、耐えられない痛み、行動の変化に見舞われたと少年の母親がJawhara FM放送に語った。その悲劇的な少年の死の後に続き、Ibn El Jazzar県立病院の職員と少年の家族は、発病予防処置としての狂犬病に対するワクチンを受けた。

 

It should be noted that lately, the province of Kairouan has had several people infected by rabies.

後にケルアン県で数人の住民が狂犬病に感染していたことに留意すべきである。

 

 

 

******

[2] DR Congo    コンゴ共和国

Date: Fri 26 Jun 2015        Source: Digitalcongo.net [in French, trans. Laurence Mialot, edited]

 

 

People fell victim to canine rabies in the 1st quarter of the year 2015 in Kinshasa, where 6 people died because of [bites from] rabid dogs.

キンシャサ市で2015年最初の四半期に、6人の住民が狂犬病の犬(の咬傷)により死亡した。

 

The president of the Association of Veterinary Doctors of Congo (AMEVECO), Dr. Amedee Luyuba Awazi, reported on Thu 25 Jun 2015, that 203 cases of bites including 6 cases of deaths due to canine rabies were recorded from January to March 2015 in Kinshasa. The president of AMEVECO, who met with the press, indicated that 17 percent of cases of bites were recorded in urban areas compared to 83 percent in rural areas, explaining that this situation is due to the lack of information and appropriate care.

コンゴ獣医師会(AMEVECO)の会長、Amedee Luyuba Awazi博士はキンシャサ市で2015年1月から3月の間に犬狂犬病による6人の死亡を含む203件の咬傷事故を2015年6月25日木曜日に報告した。同会長は報道機関と会って、咬傷事故は僻地が全体の83%であることと比較して都市部では17%であることを示した。また、この状況は情報と適正な処置の欠如によるものであると説明した。

 

He explained that rabies was a global and deadly disease that is transmitted from a rabid animal to humans through bites, scratches or an open wound by a sick animal. Dogs, cats, monkeys and other wild animals carry rabies. Dr. Amede Luyuba Awazi pointed out that this disease affects more children under the age of 15 who are often in contact with stray rabid animals, before explaining that the disease is neglected in the country, according to the statistics.

Amedee Luyuba Awazi博士は、狂犬病は発症した動物による咬傷、引っかきあるいは開放創を通して人に伝播する、世界中で流行している致死的な疾病であると説明した。犬や猫、猿、その他の野生動物は狂犬病を媒介する。Amedee Luyuba Awazi博士はまた、国内では狂犬病は顧みられない疾病であることを説明する前に、統計によると狂犬病に罹った放浪動物に頻繁に接触する15才以下の多くの子どもがこの病気にかかっていることを指摘した。

 

For that reason, with AMEVECO, he launched an awareness campaign in collaboration with the services for human and animal health. In addition he recommended that the population not neglect this disease, because there are effective and safe vaccines after bites occur in order to protect the victim against the virus. He noted that according to WHO, 55 000 cases of deaths from rabies are recorded in the world every year. To counter this alarming situation, WHO recommends vaccination of wild animals, monitoring them and reporting suspicious cases.

その理由のため、コンゴ獣医師会とともに博士は人と動物衛生の担当課と協力して啓発活動を開始した。加えて、博士は、咬まれたあとでもその人を狂犬病ウイルスから守るための有効で安全なワクチンがあるので、住民はこの病気を無視しないよう勧告した。博士はWHOによれば、毎年世界中で狂犬病のために5万5千人の人が死亡していることを示した。この警戒すべき状況に立ち向かうため、WHOは野生動物へのワクチン接種と監視、疑い例の報告を勧告している。

 

 

 

******

[3] Turkey   トルコ

Date: Sun 28 Jun 2015      Source: Todays Zaman [edited]

 

 

A 4-year-old girl who was bitten by a stray dog in the Hassa district of southern province of Hatay died of rabies on Sun 28 Jun 2015.

2015年6月28日日曜日にハタイ県南部のハッサ区において一頭の放浪犬に咬まれた4才の少女が狂犬病で亡くなった。

 

According to reports, a stray dog bit the girl on her arm 36 days ago in the Kanlioren neighborhood. The parents of the girl did not take their daughter to a doctor, thinking that she was wounded after falling down somewhere. The parents took the girl to a hospital in the following days after seeing foaming in her mouth. The girl was diagnosed with rabies and she was transferred to Hacettepe University Hospital, where she dies on Sunday.

報告によると、一頭の放浪犬が隣のKanlioren郡で36日前に少女の腕を咬んだ。少女の両親はどこかで転んだための傷だと思い込んで医者に連れて行かなかった。その両親はその後に少女が泡を吹いているのを見つけて病院に連れて行った。少女は狂犬病と診断され、Hacettepe大学病院に転送され、日曜日に死亡した。

 

In a separate case, a dog was also recently tested positive for rabies in the Iskenderun district of Hatay. The district was declared as a region at risk for rabies. Warning signs have been posted in the district, and are expected to remain for at least 6 months.

別の事例として、ハタイ県のイスケンデルン区で最近1頭の犬が狂犬病の検査で陽性となった。その区は狂犬病のリスクがあるとされる地域であることが宣言された。この区では警告標識が張られ、その警告は最低6ヶ月間維持されるものと思われる。

Communicated by:

ProMED-mail

<promed@promedmail.org>

 

[Tunis:

A new case of rabies due to lack of awareness or to negligence was therefore reported in Tunisia, this time in Kairouan. The short press release gives no information on the likely source of contamination of the adolescent or if measures to fight the canine reservoir of the disease were implemented.

(チュニス:

啓発の欠落と不注意による1件の新しい狂犬病の症例が、その結果チュニジアにおいて、今回ケルアン県で報告された。この短報では若者の狂犬病の感染源や、この病気の伝播動物である犬の対策が実施されたかどうか、ほとんど伝えられていない。

 

The province of Kairouan is located in the center of Tunisia, 150 kilometers south-west of the capital Tunis. It has 11 delegations, including that of Nasrallah <http://www.geomondiale.fr/noms_geographiques/name.php?uni=-1026275&fid=6143&c=tunisia>.

ケルアン県はチュニジアの中心で、首都チュニスから南西150kmに位置する。ナアー・アラ市を含む11の委任地が存在する。

 

Several cases of human contamination by the rabies virus were reported

in the same province. – Mod.AB

<http://www.geomondiale.fr/noms_geographiques/name.php?uni=-1026275&fid=6143&c=tunisia>.

狂犬病ウイルスによる人への感染のいくつかの事例が同じ県内で報告されている。モデレータAB

 

DR Congo:

コンゴ共和国

 

The disturbing figures of cases of animal bites and clinical human rabies, announced by the president of the Association of veterinary practitioners of Congo (AMEVECO) are probably an underestimation because in this country, as in most 3rd-world countries, many cases of bites, and even of deaths from rabies are not detected and cases are not always reported, especially in rural areas.

コンゴ臨床獣医師会(AMEVCO)会長が発表した、動物の咬傷事故や人の臨床的な狂犬病事例の混乱した数値は、おそらく過小評価されている。何故なら、この国は世界中で3番目に狂犬病が多い国であり、特に僻地においては多くの咬傷事故の事例や、狂犬病による死亡事例ですら明らかにされず、常にそれらが報告されているわけでもないからである。

 

This neglected zoonosis is a plague that could however be eradicated by strengthening public awareness of the danger it represents and by controlling stray dogs. Vaccinated dogs should get a tag and animals without a tag should be caught and vaccinated right away.

しかし、この顧みられない人獣共通感染症は、狂犬病が持つ危険性の大衆への啓発強化と放浪犬の管理によって制圧可能な伝染病である。ワクチンを接種された犬は目印にタグを付け、タグのない犬は捕獲され直ちにワクチンを接種されるべきである。

See the interactive Healthmap/ProMED:

<http://healthmap.org/promed/p/194> – Mod.AB

双方向性のHealthmap/ProMEDは以下で見なさい。

<http://healthmap.org/promed/p/194>

 

Turkey:

トルコ

 

We have no postings for rabies in Turkey, but OIE reported 1 human case (who died) in 2010; no human cases in 2011; 1 case (died) in 2012; 1 case (died) in 2013; and 4 cases (all died) in 2014. – Mod MHJ]

我々にはトルコにおける狂犬病の投稿がないが、OIE(国際獣疫局)は以下のように報告している。

2010年一人の事例(死亡)、2011年人事例なし、2012年一人(死亡)、2013年一人(死亡)、2014年4人(全て死亡)モデレータMHJ

 

PageTop