Home >News > ProMED翻訳情報(391回) ~狂犬病予防対策に関する意見~

ProMED翻訳情報(391回) ~狂犬病予防対策に関する意見~

2015.08.25

RABIES (04): HUMAN, CANINE, COMMENT

***********************************

 

Date: Fri 24 Apr 2015      From: Nic Honhold  [edited]

 

 

The moderator commented recently re the rabies cases in Nepal that rabies is an easily controlled disease, achievable within 3 years by vaccinating dogs. Leaving aside the issue of wildlife rabies, which does not lead to many human cases, I would still like to politely disagree.

議長は、近年のネパールにおける再興狂犬病例について、狂犬病は制御されやすい疾病であり、犬への予防接種により3年以内に達成できると言及した。多くの人症例に至らない、野生動物の狂犬病の論点を別として、私はまだ失礼の無いように反対したい。

 

In an world where all domestic dogs are owned, are confined/confinable/catchable and where their breeding is controlled as well as other diseases such as distemper/parvo that cause a rapid population turn over, I would agree. However, the reality of many countries is very far from this ideal. I last lived in Kathmandu in the mid 1990s, but I would be surprised if very much has changed in the dog population. There are clearly owned and confined domestic dogs but I would guess they are the minority. Most dogs live on the street and are a mixture of community dogs and truly feral dogs. There is a rapid turnover of animals with most not surviving their 1st year.

 

国内の全ての犬が飼われている世界では、拘束され/拘束でき/捕まえられえる。また、彼らの繁殖が迅速な個体群の入れ替えの原因となるジステンパー/パルボのような他の疾病と同様に制御される世界では、私は同意するであろう。しかし、多くの国の現実はこの理想とは非常に遠い。私は以前に1990年代中ごろにKathmanduに住んでいた。しかし、もし犬個体群の非常に多くが変化したならば、私は驚くことであろう。明らかに飼われ、繋がれた飼育犬がいるが、私は彼らが少数派であると推察するであろう。多くの犬は通りで生活し、地域の犬や真の野生犬との交雑種である。たいていが最初の一年を生き延びられないことで、動物の迅速な入れ替えがある。

 

 

Producing meaningful “herd immunity” (perhaps pack immunity is a better term here, but I doubt it) is difficult to impossible in these situations. It requires a long term approach based around stabilising the dog population through a mixture of catching dogs and neutering and vaccinating them against not just rabies but also other diseases. That this can work has been clearly shown, not least in India, but it is not yet widespread and it also tends to break down over time unless strictly monitored.

 

これらの状況では、有意義な「集団免疫」(おそらく、ここでは駆り集め免疫がより良い用語であるが、私はそれを疑う)を作り出すことはどうしょうもなく難しい。それは、犬の捕獲と去勢と狂犬病のみだけではなく他の疾病に対する予防接種の組合せを通して、犬の数を安定化することに基づく長期の取り組みが必要である。これが上手く進行することが出来るのは、とりわけインドで、明確に示されている。しかし、それはまだ広範囲にはわたらず、厳密に監視しない限り時間が過ぎ崩壊する傾向にある。

 

 

I am currently living in Pristina [Kosovo] and the situation here in terms of dog population ownership status is not dissimilar to Nepal in a way, but there is some attempt to catch, neuter, and vaccinate street dogs. Remarkably, most street dogs here seem to be approachable and friendly; they seem to mostly be community owned/cared for to some extent. Many have ear tags that seem to indicate they have been caught etc. In Ankara [Turkey], I saw a similar situation with regards to dogs being captured, neutered, and vaccinated although those dogs are not so friendly; but you do at least see the same dog on the same street corner over prolonged periods. In Tirana [Albania], the street dogs are also a combination of community cared for (seeing a lady feeding a street dog every morning with her very well cared for Lhasa Apso by her side, also clearly friendly with the street dog she was feeding, was illuminating) and out and out feral. They are not caught/neutered/vaccinated in anything like sufficient numbers and the population turnover is rapid with the same dog not being seen very often.

 

現在、私はコソボのPristinaに住んでおり、犬集団の所有者の資格に関するここでの情況は幾分Nepalと同じであるが、ここでは、野犬の捕獲、去勢、予防接種のいくつかの試みがある。著しいことに、たいていの野犬はここでは、接触しやすく友好的にみえる;彼らは大部分がある程度共同体に飼われあるいはかまわれているようにみえる。多くは、彼らが捕えられたりしたことを示す耳標を付けている。トルコのAnkara で、これらの犬があまり友好的でないにもかかわらず、私は、犬の捕獲、去勢、予防接種に関する同様の状況をみた。;しかし、あなたは、少なくとも同じ犬を同じ通りの角で長い期間に渡りみる。アルバニアのTiranaにおいて、野犬も共同体に世話されているのと完全な野生との組合わせである(Lhasa Apso(犬種)を女性のそばで非常によく世話をしながら、毎朝彼女が野犬に餌やりをするのを見ることは、また彼女が餌やりをしていた野犬と明らかに友好的であるのを見ることは、啓蒙された。)。彼らは何ものにもないほど十分な数であり、捕獲されることも去勢されることも予防接種されることもなく、同じ犬がとてもしばしばみられることは無く、その集団の代替わりは急速である。

 

 

The reality is that the dog population is very complex and variable. It makes rabies control difficult to establish and maintain. To make it absolutely clear, forms of dog “control” such as shooting and poisoning are both inhuman and ineffective. Rounding dogs up and euthanising them humanely is barely humane (the rounding up process is very stressful) and will also not work. Street dogs exist because there is a food source and unless you round up all of them, they will quickly breed back to use that resource.

 

犬集団は大変に複雑で変わりやすいことが現実である。それにより狂犬病制御を確立し継続することが困難となる。それを絶対的に明確にするために、銃殺や毒殺のような犬の「管理」の方式はどちらも非人道的で無効である。犬を駆り集めて、人道的に彼らを安楽死させることはかろうじて人道的であり(駆り集める過程はとてもストレスが多い)機能しないであろう。野犬は生存する、なぜならばここには食物の供給源があり、もしあなたが彼らの全てを駆り集めない限り、彼らはその資源を使用して早急に繁殖しもどるであろう。

 

 

In the absence of sustainable programs of catching/neutering/vaccinating the only option I can see that would work is an oral vaccine in a bait that is licensed for use in domestic dogs. There have been small trials of this but it doesn’t seem to be on the horizon so far. It would certainly help although it won’t answer the problem of population turnover.

Nic Honhold                           Pristina, Kosovo

捕獲/去勢/予防接種の持続可能な計画の存在しない状態で、私が機能するであろうとわかることができる唯一の選択は、家庭犬への使用を認可された、餌に含んだ経口ワクチンである。このことに対する小さな試みがあるが、それはこれまで差し迫っているように見えない。集団の代替わりの問題に答えていないにもかかわらず、それは確実に役立つであろう。

 

 

[Fair comment. However I must admit to first witnessing canine rabies control in Brazil where in poor areas the dogs were semi-communal, both privately owned and loose. It was very effective based on annual vaccinations, each with revisits in which local children were used to catch any dogs not wearing a cheap, colored ‘vaccinated’ marker collar.

 

公正な論評。しかしながら、貧困地域で犬が半ば共同体所有、すなわち個人で飼われているものと野放しであるブラジルでの犬狂犬病制御の第一の証拠を認めねばならない。地方の子供たちは、安価な着色された予防接種済標識首輪を付けていないどんな犬を捕まえることに使われている所で再び襲われる毎に、年1回の予防接種を基にそれは大変に効果的であった。

 

 

The suggestion that we should seriously consider oral vaccination of ‘street’ and feral dogs in places like those described by Nic has a logic, and the dispersal of such vaccine bait would be much cheaper and easier than having to use airplanes as are used in eradicating wildlife rabies. In some places the dogs might even be hand fed the vaccine bait. Obviously it would have to be preceded by a public awareness programme to discourage humans, and especially children, from chewing on the vaccine loaded and tasty bait. Unfortunately at this point I must cut the thread. The primary purpose of ProMED-mail is emerging disease reporting, not disease control. With thanks to all who participated on this topic. – Mod.MHJ

 

Nicにより記述されたそれらのような場所で、我々は野犬と野生犬の経口予防接種を深刻に考慮しなければならない、というのこの提案は理詰めであり、くわえて、このようなワクチンベイトの散布は野生動物狂犬病の淘汰における航空機を使用しなければならないものに比べ大変に安価で簡便である。一部の地域では犬はワクチンベイトを手から食べるかもしれない。餌に挿入し、味付けされたワクチンを人、特に子供が食べるのを防ぐために国民に周知するプログラムを明確に先行せねばならない。残念ながら、この点で、私はこの話の続きを切り上げねばならない。ProMED-mailの主目的は発生疾病の報告であり、疾病制御ではない。このトピックに関与した皆様に感謝する。

 

 

PageTop