Home >News > ProMED翻訳情報(392回) ~ボリビアにおける狂犬病による人の死亡事例及びPAHO報告~

ProMED翻訳情報(392回) ~ボリビアにおける狂犬病による人の死亡事例及びPAHO報告~

2015.08.25

RABIES – BOLIVIA, PAHO: HUMAN, CANINE

*************************************

 

[1]

Date: Sat 27 Jun 2015          Source: Reporteepidemiologico.com [In Spanish, translated & edited -Mod.JG]

 

 

An 8-year-old girl died in Bolivia because of rabies. She acquired the disease after being bitten by a pup 3 months ago, reported health authorities in Santa Cruz region, where this occurrence took place.

8歳の少女がボリビアで狂犬病のため亡くなった。彼女は3か月前にある子イヌに咬まれたことにより病気にかかったと、この出来事が発生した場所である、サンタクルス地域の保健当局は報告した。

 

The Departmental Health Service [SEDES, according to its Spanish initials. -Mod.JG] from Santa Cruz region indicated that the death occurred 22 Jun 2015, and the girl was from Portachuelo municipality.

サンタクルス地域の公共医療部門(スペイン語の頭文字に従ってSEDES)は2015年6月22日死亡者が出たことを示し、その少女はPortachuelo地方自治体出身であった。

 

According to SEDES, the mother of the girl did not report the accident to any health center, and it was only 1 week ago when she took her to a healthcare facility when symptoms of the disease occurred and her condition deteriorated. This is the 1st case of human rabies occurring in Santa Cruz in the last 2.5 years.

SEDESによると、その少女の母親はどこの保健所にもその事故を報告しておらず、母親が少女を医療機関に連れて行ったのはほんの一週間前で、その時には病状は悪化していた。これは過去2.5年間にサンタクルス地域で発生したヒト狂犬病の最初のケースだ。

 

This occurrence is the 3rd fatal case of rabies reported in Bolivia in 2015: March a 20-year-old woman died, and in May, a 63-year-old man also died. Both cases were caused by dog bites and they occurred in Cochabamba central region.

この発生は2015年ボリビアで報告された狂犬病の3番目の致死例だ。3月には20歳の女性がなくなり、5月には63歳の男性も亡くなった。両ケースともイヌに咬まれたことでひきおこされており、コチャバンバ中心街で発生していた。

 

There are more than 300000 abandoned dogs living in Bolivian streets, a country with 10 million inhabitants, according to official figures from the Ministry of Health.

保健省による公式な数値によると、人口1000万人のボリビアで、路上で暮らす30万頭以上の放浪イヌがいる。

 

 

 

******

[2]

Date: 24 Jun 2015          Source: FitForTravel.com [edited]

 

 

 

The Pan American Health Organization/World Health Organization (PAHO/WHO) have issued an Epidemiologial Alert on rabies in the Americas.

パンアメリカ(汎米)保健機構/世界保健機構(PAHO/WHO)は南・北・中央アメリカにおいて狂犬病に対する疫学的警報を発表した。

 

Although progress has been made towards the eradication of canine rabies virus transmission to humans, some countries in the region continue to report human cases of rabies infection. Since the beginning of 2014, to date, human cases of rabies following canine exposure have been reported from: Bolivia (6 cases), Haiti (3 cases), Guatemala (2 cases), Brazil (1 case) and Dominican Republic (1 case).

イヌ狂犬病ウイルスの人への伝播を根絶するのにむけて前進し続けている一方で、地域のいくつかの国では狂犬病感染の人症例報告が続いている。2014年初頭より、今までのところ、イヌからのヒト狂犬病感染症例が以下のように報告されている:ボリビア(6例)、ハイチ(3例)、グアテマラ(2例)ブラジル(1例)、ドミニク共和国(1例)。

 

Of concern, canine rabies has been identified in areas of some countries where previously rabies was not reported: Jujuy and Salta in northern Argentina, Mato Grosso do Sul in central-western Brazil and Loma Plata city in the department of Boquerón, western Paraguay.

大事なことは、以前狂犬病が報告されなかったいくつかの国の地域(アルゼンチン北部のフフイ州とサルタ州、ブラジル中西部のマトグロッソドソル州とパラグアイ西部のボケロン地区ロマプラタ市)でイヌの狂犬病が確認されていることだ。

 

Canine rabies was reported in the Arequipa region of south-western Peru; an area declared free of rabies more than 10 years ago.

イヌの狂犬病はペルー南西部のアレキパ地区で報告された。その地区は10年以上前に狂犬病フリーを宣言していた。

 

Advice for Travellers: Rabies pre-exposure vaccination is sometimes advised for high-rabies-risk countries of the Americas; see individual country records for further information. Travellers are advised to avoid animal contact and report any bites sustained as soon as possible for medical assessment.

旅行者への助言:狂犬病に対する暴露前ワクチン接種は米州の狂犬病高リスク国でしばしば勧告されている。詳細は個々の国の記録を参照。旅行者は動物との接触を避け、できるだけ速やかに医療処置を受けるためにどんな咬み傷でも報告することを勧告する。

 

 

 

[The PAHO Alert is brief but with very useful references. It also had the following very relevant recommendations:

『 PAHOの警告は要約であるがしかし非常に役に立つ文献だ。また、以下の非常に関連した勧告を発表した。

 

 

Recommendations

Through this alert, PAHO/WHO reinforces its recommendation to the countries of the Americas to continue immunizing dogs and to have post-exposure prophylaxis (WHO pre-qualified rabies vaccines and immunoglobulin) available to respond to potential suspected cases. PAHO/WHO also emphasizes that health care workers should be trained in identifying suspected cases and to promptly administrate prophylaxis.

勧告

この警告を通じて、PAHO/WHOは米州の国々に対してイヌに免疫をし続けることと、可能性のある疑わしいケースに対応するために利用出来る暴露前免疫(WHOの認可済みの狂犬病ワクチンと免疫グロブリン)をする勧告を強化している。PAHO/WHOはまた保健医療従事者は疑わしい症例を同定する訓練をし、速やかに予防処置を行うべきであると強調している。

 

PAHO/WHO recommends:

– Carry out mass vaccination campaign of canines until appropriate and sustainable immunity levels are achieved (above 80 percent of the estimated canine population). This is the most efficient and cost-effective method for the control and elimination of human rabies transmitted by dogs. Vaccination of domestic animals (mainly dogs) has been demonstrated as decreasing the occurrence of human disease up to its elimination.

PAHO/WHOの推奨

‐適切で継続可能な免疫レベル(推定イヌ頭数の80パーセント以上)が達成されるまで集団ワクチン接種キャンペーンを実施せよ。これはイヌから伝播されるヒト狂犬病の制御と除去に最も効率的で、費用対効果の高い方法だ。家庭動物(主にイヌ)の予防接種はヒトの病気の排除に向けて減少させると証明されてきた。

 

– Raise public awareness to ensure persons seek immediate medical attention for suspected exposure to the rabies virus.

ヒトが狂犬病ウイルスへの暴露が疑わしいときに直ちに医療処置を求めることを確実にするために国民の認識を上昇させよ。

 

– Use effective and safe WHO pre-qualified vaccines for humans for the pre and post- exposure prophylaxis for persons exposed to the rabies virus. The rabies vaccines and immunoglobulins used for prophylaxis should comply with the WHO 2010 position paper. Administration of these vaccines should be guided by the updated WHO guidelines on rabies pre and post-prophylaxis for humans.

—狂犬病ウイルスに曝された人に対する曝露前後の予防に効果的で安全なWHO認可済みのワクチンを使用すること。予防のために使用される狂犬病ワクチンと免疫グロブリンはWHO 2010の 方針に応じているべきである。これらのワクチンの管理は人への狂犬病に対する事前および事後の予防に関する最新のWHOガイドラインによって導かれなければならない。

 

– There is no contraindication for post-exposure prophylaxis for pregnant women, infants, the elderly or immunocompromised individuals, including children with HIV/AIDS. The number of people attacked by dogs who fall within the WHO categories of exposure I, II, and III2, for whom prophylaxis was not recommended, is an indicator of the implementation of universal health care access in areas where anti-rabies prophylaxis is indicated because of a persistent risk.

妊婦、小児、高齢者やHIVやAIDSの子供を含む免疫不全患者に対する暴露後予防に禁忌はない。 予防が推奨されない、犬に襲われWHOの暴露Ⅰ、ⅡおよびⅢ2のカテゴリー内に該当する人々の数は、持続的な危険のため、抗狂犬病予防が示唆された地域での国民皆保険導入の実行の指標である。

 

– Inform the public and health care workers that cleaning wounds and getting post- exposure vaccinations as soon as possible after contact with an animal suspected of having rabies, can prevent the onset of rabies in 100 percent of exposures.

—狂犬病の疑いのある動物と接触した後、出来るだけ早急に傷を洗浄し、暴露後予防接種を受けると暴露の100パーセントに狂犬病の発症を予防することができることを国民及び医療従事者に通知すること

 

– Remind health care workers to begin immediate post-exposure treatment for exposed persons; the treatment should only be stopped if the attacking animal shows no signs of rabies while under observation. If the animal is dead, by slaughter or otherwise, it must be tested for the rabies virus; the results should be sent to the veterinary and public health services responsible for planning and implementation of control activities in the area where the exposure occurred.

—暴露を受けたヒトに直ちに暴露後治療を開始することを医療従事者に気付かせること;攻撃した動物が観察期間中狂犬病の徴候が見られないときだけその治療を中止すべきである。もしその動物が屠殺やその他の理由で死亡した場合、狂犬病ウイルスの検査をすべきである。;その結果は暴露が発生した地域で制御活動の計画と実施に責任を負う獣医師と保健所に届けるべきである。

 

– Raise awareness of health care workers to consider rabies as a possible diagnosis in patients that show acute or progressive encephalitis, and train them to provide timely and appropriate prophylaxis to those exposed.

急性または進行性脳炎を示す患者に、可能性のある診断として狂犬病を考慮するように医療従事者の認識を高めるとともに、暴露された患者に適時適切な発症予防を提供するような訓練を彼らにさせよ。

 

  • Acquire human immunobiologicals (WHO pre-qualified vaccines and immunoglobulin) and canine anti-rabies vaccine in order to respond to a possible human rabies case.

起こり得るヒト狂犬病症例に対応するために、人体用免疫製剤(WHO認可済みのワクチンと免疫グロブリン)およびイヌ用抗狂犬病ワクチンを用意しておくこと。

 

 

In addition, PAHO/WHO reiterates the recommendations made in the 2010, 2011 and 2014 Epidemiological Alerts on rabies regarding the need to develop strategies to ensure access to pre-exposure prophylaxis for persons, based on the risk characterization of areas, considered most at risk of exposure to rabies, for example people who live in or visit rainforests due to the risk of exposure through bat-bites or by other wild animal suspected of rabies. – Mod.MHJ

加えて、PAHO/WHOは2010年、2011年、2014年に作成した、ヒトに対する暴露前予防導入を確実にするために戦略を開発する必要に関連する狂犬病に対する疫学的警告の勧告を繰り返している。それは地域のリスク性状に基づき、狂犬病に暴露されるリスクが最大限考慮されている。例えば、熱帯雨林に居住または訪問する人はコウモリ咬傷あるいは狂犬病が疑われるほかの野生動物によって暴露されるリスクを負っている。

PageTop