Home >News > ProMED翻訳情報(395回) ~スロバキアで発生したアカギツネの狂犬病(OIE報告)~

ProMED翻訳情報(395回) ~スロバキアで発生したアカギツネの狂犬病(OIE報告)~

2015.08.26

RABIES – SLOVAKIA (02): (PRESOV) FOX, OIE

*****************************************

 

Date: Mon 29 Jun 2015     Source: OIE, WAHID weekly disease information 2015; 28(27) [edited]

 

 

Rabies, Slovakia

スロバキアの狂犬病

——————-

Information received on [and dated] 29 Jun 2015 from Dr Jozef Bires,Director & Chief Veterinary Officer, State Veterinary and Food Administration, Ministry of Agriculture, Bratislava, Slovakia

 

Summary

Report type: Immediate notification

Start date: 19 Jun 2015

Date of confirmation of the event: 26 Jun 2015

Reason for notification: reoccurrence of a listed disease

Date of previous occurrence: 7 Apr 2015

Manifestation of disease: sub-clinical infection

Causal agent: Lyssavirus

Serotype: Not Typed

Nature of diagnosis: laboratory (basic and advanced)

This event pertains to the whole country.

【要約】

報告様式:即時通知

開始日:2015年6月19日

出来事の確定日:2015年6月26日

通知の理由:OIEリスト疾病の再発

以前の発生日:2015年4月7日

疾病の発現様式:不顕性感染

原因因子:リッサウイルス

血清型:型別されておらず

診断の種類:実験室(基本的および高度な診断)

この出来事は国内全体に適用される

 

 

New outbreaks

Outbreak 1: Velky Lipnik, Stara Lubovna, Presov

Date of start of the outbreak: 19 Jun 2015

Outbreak status: continuing (or dated resolved not provided)

Epidemiological unit: Not applicable

Affected animals: species / susceptible / cases / deaths / destroyed /

slaughtered

Red Fox: _Vulpes vulpes_ (Canidae) / – / 1 / 0 / 1 / 0

新たな発生

発生1:スロバキアのVelky Lipnik, Stara Lubovna, Presov

発生の開始日:2015年6月19日

発生の状況:継続中(または終息日時が示されていない)

疫学的単位:該当なし

罹患動物:

種/感受性/症例数/死亡数/殺処分数/屠殺数

アカギツネ: _Vulpes vulpes_ (イヌ科) / – / 1 / 0 / 1 / 0

 

 

Epidemiology:

Source of the outbreaks(s): Unknown or inconclusive

Epidemiological comments: Wild red fox shot to death in the area of Velky Lipnik village near the border with Poland. In the Stara Lubovna region, oral vaccination of wild red foxes is regularly performed twice a year since 2000.

疫学

発生の出所:不明または確定的でない

疫学的コメント:ポーランドとの国境近くのVelky Lipnik村において、野生のアカギツネが銃殺された。Stara Lubovna 地方では野生のアカギツネの経口ワクチン接種が2000年から年二回定期的に行われている。

 

 

Control measures

Measures applied: control of wildlife reservoirs; no vaccination; no treatment of affected animals

Measures to be applied: no other measures

制御方法

適用された方法:レゼルボアである野生動物のコントロール;ワクチン接種せず;罹患動物は治療せず;

適用される予定の方法:他の方法は無し

 

Diagnostic test results

Laboratory name and type / Species / Test / Test date / Result

Veterinary and Food Institute, Dolny Kubin (national laboratory) / Red

Fox / direct fluorescent antibody (FAT) test / 26 Jun 2015 / positive

Veterinary Institute, Zvolen (national laboratory) / Red Fox / direct

fluorescent antibody (FAT) test / 26 Jun 2015 / positive

Veterinary Institute, Zvolen (national laboratory) / Red Fox /

polymerase chain reaction (PCR) test / 26 Jun 2015 / positive

診断テスト結果

検査機関の名称とタイプ Veterinary and Food Institute, Dolny Kubin (国立検査所) Veterinary Institute, Zvolen (国立検査所) Veterinary Institute, Zvolen (国立検査所)
アカギツネ アカギツネ アカギツネ
検査 直接蛍光抗体(FAT)テスト  直接蛍光抗体(FAT)テスト  ポリメラーゼチェーン反応(PCR)テスト
検査日 2015年6月26日 2015年6月26日 2015年6月26日
結果 陽性 陽性 陽性

 

 

 

Future reporting

The event is continuing. Weekly follow-up reports will be submitted.

今後の報告

まだ事象は継続中。週毎の続報が提出される予定。

 

 

 

[This is the 2nd fox rabies case reported this year (2015) in Presov and reinforces the alert that the virus is circulating in the fox population despite vaccination efforts.

The oral vaccination campaign in Slovakia started in 1993. Before these 2 reports in 2015, the last fox rabies case reported in Slovakia was in 2006, after which it had been regarded as rabies-free until a new case was reported a year ago.

 

これは2015年にスロバキアのPresvoで報告された二回目のキツネの狂犬病症例である。そして、ワクチン接種の努力にもかかわらずキツネの集団中でウイルスが循環しているという警鐘を強化する。

スロバキアにおける経口ワクチンキャンペーンは1993年に始まった。2015年のこれら2報告の以前は、スロバキアで報告された最後のキツネの狂犬病症例は2006年であった。その後1年前に新たな1症例が報告されるまでずっと狂犬病清浄地域とみなされていた。

PageTop