Home >News > ProMED翻訳情報(397回) ~モロッコの一地域における最近の狂犬病対策~

ProMED翻訳情報(397回) ~モロッコの一地域における最近の狂犬病対策~

2015.09.03

RABIES – MOROCCO: (ORIENTAL) CANINE, PREVENTION

***********************************************

 

[1]Date: Wed 8 Jul 2015                 Source: Yabiladi [in French, trans. Mod.AB, edited]

 

 

Moroccan authorities have killed 150 rabid [stray] dogs in Nador

モロッコの当局、ナドールで150頭の狂犬病に罹った(野良)犬を殺した。

—————————————————————-

According to information from the newspaper Al Ahdath Al Maghribiya relayed by a Spanish site, the municipal authorities of Nador [Oriental region, Morocco], conducted on [Wed 8 Jul 2015] a campaign for the elimination of 150 stray dogs in Beni Ansar, border town of Melilla [Spain].

スペインのサイトによって中継されたAl Ahdath Al Maghribiya新聞からの情報によると、ナドール州の地方自治当局(モロッコのオリアンタル地方)は、メリリャ(スペイン)との国境の街、ベニアンサーで150頭の野良犬の排除キャンペーンを[2015年7月8日(水)に]実施した。

 

According to the same source, the authorities’ decision came as cases of dog rabies were detected in Melilla. The head of Public Health authorities of Melilla, Maria Antonia Garbin, imputed the origin of rabies cases reported in the Spanish enclave to Morocco.

同情報源によると、メリリャでイヌ狂犬病症例が見つかったため当局の決定に至った。メリリャの公衆衛生当局長官のMaria Antonio Garbinは、スペインの飛び地で報告された狂犬病症例の起源をモロッコのせいにした。

 

Furthermore, the same source reports that the Moroccan authorities of the city have received several complaints from residents of Beni Ansar saying they were scared of being bitten by these wandering and potentially rabid animals.

さらに、これらの浮浪し、狂犬病に罹っているかもしれない動物によって咬まれる恐怖についてベニアンサーの居住者からいくつかの苦情をモロッコ当局が受けたと、同情報源は報告している

 

 

******

[2]Date: Wed 8 Jul 2015        Source: El Diario, Agencia EFE report [in Spanish, trans. Mod.AB, edited]

 

 

 

Morocco eliminates 150 stray dogs following the outbreak of rabies in Melilla

メリリャでの狂犬病発生を受けてモロッコは150頭の野良犬を駆除する。

———————————————————————

Municipal authorities in Nador in north east Morocco have eliminated dozens of stray dogs following an outbreak of rabies detected in the neighboring Spanish city of Melilla.

メリリャの隣接したスペインの街で狂犬病の発生を受けて、モロッコ北西にあるナダルの地方自治当局は多数の野良犬を駆除した。

 

The Moroccan newspaper Al Ahdath Al Maghribiya reported today [Wed 8 Jul 2015] that the authorities carried out the elimination of 150 stray dogs that wandered around Beni Ansar, on the border with Melilla, after receiving complaints from residents who feared being bitten by these animals.

モロッコの新聞、Al Ahdath Al Maghribiya紙は、これらの放浪犬にかまれることを恐れた住民からの苦情を受け、当局はメリリャと隣接するベニアンサー周辺を放浪する150頭の野良犬の駆除を実行した、と本日(2015年7月8日(水))報じた。

 

A newspaper photo shows dozens of dead dogs stored in a landfill after being apparently poisoned (no visible injuries on the bodies). It is entitled: “Beni Ansar exterminates its dogs under pressure from Spain.”

新聞写真はおそらく毒殺した後に埋め立地に埋められたたくさんの死亡した犬(体の傷は見えないように)を示している。その記事は『ベニアンサーはスペインからの圧力で犬を駆除する』と題している。

 

The newspaper cites the minister of health and social affairs of the autonomous city, Maria Antonia Garbin, who associated the recent outbreak of rabies in Melilla (4 cases in June [2015]) with dogs from Morocco.

その新聞は、自治都市の保健社会大臣、Maria Antonia Garbinを取り上げている。大臣はモロッコからの犬とメリリャでおきた狂犬病の最近の発生[(2015年)6月の4例]を関連付けた。

 

However, Spanish sources in Rabat and Nador said that there was no request, through official channels, addressed to Morocco to take this action. The newspaper added that the people of Beni Ansar had complained of “negligence” of local authorities that had allowed the expansion of these animals in all areas of the city, and their “infiltration in Melilla”.

一方で、ラバトとナダルのスペインの情報源は、外交ルートを通じてこの動きを取るモロッコにあてた要求がなかったと述べた。この新聞は、ベニアンサーの人々がこれらの動物の街全体への広がりと『メリリャへの侵入』を許した地方自治体の『怠惰』について苦情を申し出た、と付け加えた。

 

Animal rabies has been eradicated in Spain for decades, while in Morocco it remains endemic and, each month, about 20 cases are reported in the country, according to data from the National Health Security Office (ONSSA).

スペインにおいて動物狂犬病は何十年にもわたり根絶されていた。

 

国立健康保全事務所(ONSSA)からのデータによると、スペインにおいて動物狂犬病は何十年にもわたり根絶されていた。一方、モロッコでは風土病として残っており、毎月約20例が報告されている。

 

 

[The title of the brief published in Yabiladi is incorrect: it should read “150 stray dogs” instead of “150 rabid dogs.” Such errors are rather common in electronic newspapers targeting the public at large.

『Yabiladiで発行されたその短報の題名は誤っている。『150頭の狂犬病で発病した犬』のかわりに『150頭の放浪犬』と読むべきである。そうした誤りは社会全般を対象とした電子新聞でむしろ一般的である。

 

Melilla is a Spanish enclave in north eastern Morocco and has been occupied since 1497. It benefits from the status of an autonomous city and maintains close formal and informal economic relations with the Moroccan eastern Rif (mountainous region of northern Morocco). It is regularly claimed by the Moroccan government, although a recent statement by the Moroccan prime minister in parliament recalled that the dispute over Ceuta and Melilla cannot be solved as long as that of Gibraltar (dispute between Spain and United Kingdom) exists.

メリリャはモロッコの北東部にあるスペインの飛び地で、1497年から領有されている。自治都市の地位の恩恵を受けており、モロッコ東部のリフ(モロッコ北部の山岳地域)と緊密な公式・非公式の経済関係を維持している。それはモロッコ政府によって定期的に主張されているが、その一方で、国会でのモロッコの首相による最近の声明はセウタとメリリャをめぐる争いはジブラルタルの問題(スペインとイギリス間の紛争)と同じくらい長期にわたり解決できていないことを想起させた。

 

The region of eastern Rif and its chief town, Nador, are experiencing notable economic expansion but rapid urbanization raises various social issues including the proliferation of stray dogs.

リフ東部の地域とその主要都市、ナダルは急激な経済発展を経験しているが、急速な都市化は野良犬の激増を含む様々な社会問題が持ち上がってきている。

 

Poisoning dogs (probably using strychnine) is not the most humane or efficient manner to counter the proliferation of stray dogs as it creates a vacuum in the dog population soon filled by the influx of new dogs that come to occupy space. One might ask why the National Health Security Office (ONSSA) has not opted instead for the implementation of the national program of mass vaccination of dog populations, successfully practised in other parts of Morocco.

犬を毒殺(おそらくストリキニーネを使用)することは、イヌ集団に空白を作り、その空間を占有する新しい犬の流入によってすぐに満たされるので、野良犬の増加に対抗するための、最良な人道的で効率的な方法ではない。何故ONSSAはモロッコの他の地域で上手くいっているイヌ集団への集団ワクチン接種の国家プログラムの実行を代わりに選択しないのか、尋ねたい。

 

It should be recalled that this intervention follows the appearance of cases of rabies in Melilla.

この介入が、メリリャで狂犬病を発生させていることを思い出すべきである。

 

PageTop