Home >News > ProMED翻訳情報(398回) ~カンサス州で発生したキツネからの狂犬病曝露事例~

ProMED翻訳情報(398回) ~カンサス州で発生したキツネからの狂犬病曝露事例~

2015.09.03

RABIES – USA (21): (KANSAS) FOX, HUMAN EXPOSURE
***********************************************

Date: Tue 30 June, 2015      Source: KWCH12 Eyewitness News [edited]

Animal Control officers are warning you to stay way from wild animals. It comes after a man was exposed to rabies in Sumner County when he tried to help an injured fox.

動物管理局の職員は野生動物に近づかないよう警告をしている。最近、Sumner郡で、男性が傷ついたキツネを助けようとして狂犬病に曝露された一件があったからだ。

Rabies is a deadly disease that is transmitted to humans from infected animals. The disease infects the nervous system causing disease in the brain and then death. Officers say the man found the injured fox in Sumner County in early June 2015. When he tried to help the wounded fox, the man told officers the fox bit him. That fox later tested positive for rabies, a disease that can be fatal to both animals and humans. Luckily Kansas health officials say that the man will be fine.

狂犬病は致死的な疾病であり、感染した動物からヒトは伝染する。この疾病は神経系に感染し、脳疾患を起こして死亡する。局員は、その男性が2015年6月初旬にSumner郡でその傷ついたキツネを発見したとしている。そのキツネは後日(検査され)、動物にもヒトにとっても致死的である疾病の狂犬病に陽性と診断された。幸いにも、カンサス保健局はその男性は健康であると述べている。

“The State believes he is not going to be infected,” said Sumner County Health Director Laura Rettig. “It is still up to him whether he chooses to have treatment or not.”

「州当局としては、彼は感染しないだろうと見ている。現時点では、治療を受けるか受けないかを決めるのは彼次第です。」とSumner郡保健局長のLaura Rettig氏は述べた。

Rettig says it is vital to start treatment within 10 days of being exposed to rabies, or else it could be fatal. Here are the symptoms she says you should look for in animals. “A lot of erratic behavior everyone thinks of rabies as foaming at the mouth, that may or may not be a symptom,” Rettig said. That’s why animal control officers are warning people to say away from wild animals.

Rettigh氏は狂犬病に曝露された後10日間以内に治療を開始すれば命に関わることはないが、さもないと致死的になるであろうと述べている。彼女が挙げている症状を動物で探さねばならない。「口から泡を吹くなど多くの異常な行動を誰もが狂犬病と考えるが、それは症状としてあったりなかったりする。」と述べている。それが、動物管理局の職員が人々に野生動物に近づかないよう警告している理由です。

“If you see an injured animal, leave it alone.” said Wichita Police Lieutenant Steve Kenney. “It is not worth your life or injuries to help that animal out. Call somebody, a local area rescue, to see if they can deal with it properly.”

「もし傷ついた動物を見かけたら、そっとしておいてください。その動物を助け出すことは、あなたの命を懸けてまたは傷つけるほどではありません。彼らが的確に扱うことがでるかどうか確認するために、地元の救助隊である誰かに連絡しなさい。」とWichita警察のSteve Kenny警部補は述べている。

There have been 51 confirmed cases of rabies in Kansas so far in 2015. 41 skunks, 6 bovines, 3 cats, and 1 fox. There have been 4 confirmed cases in Sedgwick county.

カンサスでは2015年の現時点で51症例の狂犬病が確定診断されている。スカンクが41頭、牛が6頭、猫が3頭、キツネが1頭である。Sedgwick郡では4症例が確定診断されている。

The Wichita Animal Control is launching a campaign called, “The Fox says, Look but don’t touch.”[Byline: Anne Meyer ]

Wichita動物管理局では、「キツネは言った。見て!でも触らないで!」と呼びかけたキャンペーンを始めている。

[As this confirmed rabid fox bit this man, presumably on his hand, it is unclear why the Kansas State Health officials put him at minimal risk, according to this report. But as they see plenty of rabies exposures — they quote 51 cases of confirmed animal rabies just for this year — they have experience. – Mod.MHJ

この狂犬病と確定診断されたキツネが、おそらくこの男性の手を咬んだのに、なぜカンサス州保健局が男性の感染リスクを最小限と評価したのかが不明である。だが、彼らは多くの狂犬病暴露と遭遇しているので、経験豊富なのだ(彼らは今年51例の確定した動物の狂犬病を引用している)。

(皮肉めいたコメントですね。)

PageTop