Home >News > ProMED翻訳情報(399回) ~フランスで報告されたコウモリからの狂犬病曝露の可能性~

ProMED翻訳情報(399回) ~フランスで報告されたコウモリからの狂犬病曝露の可能性~

2015.09.03

RABIES – FRANCE (03): (OISE) BAT, HUMAN EXPOSURE

************************************************

Date: Thu 11 Jun 2015        Source: Sciences Avenir [in French, trans. Corr.SB, edited]

 

 

A case of rabies has been confirmed by the Pasteur Institute in a bat found in the town of Chantilly in the Oise [department, France]. The 2persons who handled the animal were quickly directed to the rabies center of Compiegne hospital, the Prefecture. They received preventive treatment, and their condition does not cause concern.

狂犬病事例がオワーズ[地区、フランス]のChantilly市街で発見されたコウモリでパスツール研究所により確認された。その動物を触った2名がその県のCompiegne病院狂犬病センターへ直ちに行くように指示された。彼らは予防処置を受けており、彼らの状態は懸念される状況ではない。

 

The bat virus is different from that of the dog. Indeed, bat rabies is caused by a [Lyssa] virus from the same family but different from the so-called “vulpine” rabies, mainly affecting the fox. Transmission to other species, including humans, has only been rarely observed in Europe. Since 2001, “vulpine” rabies has been considered to be eradicated in France. The only cases of animal rabies that occurred in recent years are related to illegal imports of dogs from countries where the disease is endemic, as in North Africa. At the end of May 2015, one such alert was issued in the Loire department where an infected dog in Morocco [the dog in question was infected in Algeria, not Morocco – Corr.SB] contaminated up to 20 people.

コウモリのウイルスは、犬のウイルスと異なっている。実際、コウモリの狂犬病は同属の[リッサ]ウイルスにより引き起こされるが、主にキツネに罹患するいわゆる゛キツネ゛ウイルスとは異なる。他の種への伝播は、人も含めて、ヨーロッパでは希に見られるのみである。2001年以来、フランスにおいて゛キツネ゛の狂犬病は撲滅されたと考えられてきた。最近発生した動物の狂犬病事例は、北アフリカのような狂犬病流行国からの犬密輸に関連しているもののみである。2015年5月末に1件このような警告がモロッコで感染した犬(例のその犬はモロッコではなくアルジェリアで感染した)が20名以上を汚染したLoire地域に発令された。

 

Regarding the case of the bat, there is no need for concern. But the alert is an opportunity to recall some basic precautionary guidelines, said the Prefecture: Bats are wild and protected animals. It is,therefore, important not to touch them, let alone seek to catch them.

Upon discovery of a wounded or dead specimen, the Department Protecting Populations should be informed. If contact occurs with a bat, particularly a bite or scratch, the wound should immediately be cleansed with soap and rinsed thoroughly before applying a disinfectant. Alert health authorities [and get anti-rabies vaccinations – Corr.SB].

Communicated by:Sabine Zentis      Castleview English Longhorns      Gut Laach      D-52385 Nideggen      Germany

コウモリの事例に関して、心配することはない。しかし、その警告は基本的な予防指針を再度喚起する良い機会である、と知事は述べた。コウモリは野生保護獣である。従って、コウモリを捕まえることは言うまでもなく、コウモリに触らないことが重要である。負傷または死亡した動物を発見したら人口保護局へ連絡すべきである。コウモリとの接触、特に噛まれたり引っかかれたりした場合には、消毒する前にすぐに傷口を入念に石鹸で洗って、洗い流す事である。厚生当局の警告[及び抗狂犬病ワクチンの接種]

 

 

Now that France is free of urban and rural rabies, any new cases are going to be the result of animals or humans exposed abroad, or from domestic infected bats. – Mod.

現在、フランスは、都会においても郊外においても狂犬病フリーの状態であり、いかなる新しい事例も国外で曝露した動物あるいは人の結果であるかまたは国内の感染したコウモリによるものであろう。

 

PageTop