Home >News > ProMED翻訳情報(401回) ~ノースカロライナ州で発生した犬からの狂犬病曝露事例~

ProMED翻訳情報(401回) ~ノースカロライナ州で発生した犬からの狂犬病曝露事例~

2015.09.03

RABIES – USA (23): (NORTH CAROLINA) CANINE, HUMAN EXPOSURE

**********************************************************

Date: Fri 10 Jul 2015             Source: WRAL [edited]

 

 

As a Macon man recovers from a rabid dog attack, Warren County Animal Control is urging area pet owners to get their animals vaccinated.

メイコン市の男性が狂犬病罹患犬の攻撃から回復したので、ウォーレン郡の動物管理局は、この地域の動物飼育者に対して、飼育する動物にワクチン接種を受けるよう要請した。

 

[The 56-year-old man], was attacked by 3 dogs on [1 Jul 2015]. He had finished walking his puppy and left the dog on the screened front porch, only to hear a commotion outside a few minutes later and find 3 dogs had come on to the porch. “I opened the door and hollered, ‘Get out of here.’ The one that was right there, he just latched onto my leg,” [the man] said [Fri 10 Jul 2015]. “I grabbed him by his face and hit him, and he yelped and ran off the porch.”

その56才の男性は(2015年7月1日に)3頭の犬に攻撃された。男性は自身が飼育する子犬の散歩を終え、仕切りのある正面のベランダに子犬を残した。数分後、外で騒ぎを聞き、3頭の犬がベランダに来ているのを見つけた。「私はドアを開け、「ここから出て行け。」と叫びました。すぐそこにいた1頭が私の足にまつわりついたんです。」と(その男性は)述べた(2015年7月10日金曜日)。「私はその犬の顔をわしづかみにして、殴りました。(すると)その犬は悲鳴を上げてベランダから逃走しました。」

 

A 2nd dog, which was attacking the puppy, then put up much more of a fight, however. “He jumped on me, jumped for my face,” he said. “When he did that, I ducked, and he grabbed me on top of my head. I threw the dog the half-length of the porch. I thought he would run off, but he didn’t. He just kept coming. “Every time I let loose of him, he kept biting me. I said I can’t keep staying right here. I’ve got to kill the dog,” he continued. His wife tossed a knife to him, and he stabbed the dog to death. Officials said it later tested positive for rabies.

子犬を襲った2番目の犬は、なんとさらにもっと戦いを挑んできた。「その犬は私に、私の顔に向かって飛びかかってきたんです。」「その時、私が身をかがめると、その犬は私の頭の上で私を押さえ込みました。私はその犬をベランダの半分の距離のところまで投げ飛ばしました。私はその犬は逃走するかと思いましたが、そうはしませんでした。その犬はまさに近づいてきました。私が好きにさせている間、その犬は私をかみ続けました。私はこのままではいられないと言いました。私はその犬を殺しました。」と男性は続けた。妻は男性にナイフを投げて私、男性は死ぬまで犬を刺した。当局は後にその犬が検査の結果狂犬病陽性だったと言った。

 

Warren County Animal Control Director Elma Rae Green said the other 2 dogs, which got away, most likely were rabid as well but have probably died of the virus by now. “We don’t have that many rabid dogs being tested in North Carolina,” Green said. “We usually see under a dozen dogs that are rabid. They are usually coming in contact with rabid wildlife.”

ウォーレン郡動物管理局所長のElma Rae Greenは、逃走した2頭の犬は狂犬病にかかっていたと思われるが、おそらく現在までに(狂犬病)ウイルスのために死亡しているだろうと語った。「われわれはノースカロライナ州内で多くの狂犬病の犬を診断しているのではありませんが、通常12頭未満の狂犬病の犬を診ています。それらの犬は通常狂犬病に罹患した野生動物に接触しています。」とGreen所長は語った。

 

Warren County had its 6th rabies case of the year on [Thu 9 Jul 2015]. 2 dogs killed a rabid skunk, and both dogs had to be euthanized because they weren’t up to date on their rabies vaccines and the county couldn’t find a place to quarantine them for 6 months.

ウォーレン郡では2015年7月9日(木曜日)の時点で6件目の狂犬病事例を経験した。2匹の犬が狂犬病に罹ったスカンクをかみ殺した。そして、その犬は両方とも狂犬病ワクチンの接種情況を最新の状態にしておかなかったことと、ウォーレン郡内で6ヶ月間それらの犬を隔離する場所が見つからなかったために安楽死せねばならなかった。

 

Green said her concern now is to protect the community, so her department is urging all Warren County pet owners to get their animals vaccinated against rabies and other diseases. “We have a strong rabies control program here. We held a low-cost rabies clinic at the local fire department and had several people come to that,” she said.

グリーン所長は、自分の懸念は地域社会を狂犬病から守ることであり、動物管理局はウォーレン郡の全てのペットの飼い主に、自身が飼育する動物に狂犬病や他の疾病に対するワクチン接種をするよう強く勧告していると語った。「私たちは狂犬病を管理するための強力な計画を持っています。私たちは地元の警察署に低料金の狂犬病診療所を開設しました。何人かの住民がそこを訪れています。」と所長は述べた。

 

[The man] who is undergoing a series of rabies shots and had to receive 40 stitches to close bite wounds, echoed Green’s call for vaccinating pets. “You got to do it. There’s no ifs, ands, or buts about it,” he said. “You don’t want a child to get attacked by one of these dogs or any dog that has rabies.”

(咬まれた男性は)現在一連の狂犬病注射が継続中であり、傷口を閉じるために40針を縫う処置を受けなくてはならなかった。そしてグリーン所長の呼びかけが繰り返された。「あなたは(ペットに狂犬病ワクチンを受けるよう)しなくてはなりません。もしとか、そしてとか、しかしとかの言葉は狂犬病に対しては存在しないのです。あなたは、子どもがこれらの犬の1頭に襲われたり、まして狂犬病の犬に襲われたりするなんて望まないでしょう。」と語った。

 

[The man’s] puppy wasn’t hurt in the [1 Jul 2015] attack. It was quarantined briefly and is now doing fine.[Byline: Arielle Clay]

男性の飼育する子犬は(2015年7月1日の)攻撃では傷つかなかった。子犬は短期間の隔離措置とされたが、現在は健康である。

 

 

Communicated by Kathryn Smith   Retired   Animal Control Director   Craven-Pamlico Animal Services Center  New Bern, NC 28562  USA

 

 

[Our thanks to Kathryn for sending us this report. Presumably, the attacked “puppy” had been vaccinated prior to being attacked, otherwise it would have been quarantined for an extended period.

我々は、Kathryn氏が私たちにこの報告書を投稿して下さったことに感謝する。おそらく、襲われた「子犬」は、襲われる前にワクチン接種を受けていた。さもなければ、さらに長い期間隔離されただろう。

 

 

Gentlemen, apropos the knife-tossing NC wife, I received the following story from Dr Smith: “Years ago we had a woman out walking her dog [on lead] one morning before work, a fox ran out of the woods and attacked the dog. She grabbed the fox and choked it to death — then called the PD/us (Animal Rabies Control). You’d have to know this lady to know how absurd this really was — small stature, kind of ‘prissy’, management position at our local airport — never in a million years would anyone think she could have choked ANYTHING to death!! but she does love her dogs!” So, treat all North Carolina ladies with respect.]

 

諸君、ナイフを投げ渡したノースカロライナ州の奥さんの新たな話題について、スミス博士から以下の話を受け取った。「数年前、ある日の朝、仕事に行く前にひとりの婦人がリードを付けて犬を戸外で散歩をしていたところ、1頭のキツネが森から飛び出してその犬を襲いました。婦人はそのキツネをわしづかみにして死ぬまで首を絞めました。その後に婦人は警察署と我々(動物狂犬病制御部)に電話をしたのです。あなた方はこの女性が行ったふざけた真実を理解しなければならないでしょう。その女性は小柄で、「神経質」な人で、地元の空港の管理職なのです。誰だって、百万年経ってもその婦人が「何かの」首を死ぬまで絞めることができるなんて考えもしないでしょう!!しかしそれほど自分の愛犬を愛していたのです!」

ゆえに、諸君は全てのノースカロライナ州の女性に対しては敬意を持って接するように。

PageTop