Home >News > ProMED翻訳情報(402回) ~アラバマ州で発生したボブキャットからの狂犬病曝露事例~

ProMED翻訳情報(402回) ~アラバマ州で発生したボブキャットからの狂犬病曝露事例~

2015.10.11

RABIES – USA (24): (ALABAMA) BOBCAT, HUMAN EXPOSURE

***************************************************

Date: Thu 16 Jul 2015      Source: FOX Carolina [edited]

 

Crenshaw Co. woman undergoing rabies treatments after bobcat attack

クレンシャウ郡、女性がボブキャットに襲われ、狂犬病治療を受けている。

 

——————————————————————-

Wounds on [the victim’s] arm and hip are evidence of what she went through during a terrifying encounter with a wild animal. A rabid bobcat attacked her in her front yard, biting her twice as she tried to get it off of her. “I’m very sore, I’m hurting,” she said. “It’s rough but I’m dealing with it. I’m tough.”

 

(犠牲者の)腕及び臀部の傷は、彼女が野生動物との恐怖の出会いで何を行ったのかの証拠である。狂犬病のボブキャットは、彼女の家の前庭で彼女を襲い、彼女が引き離そうとしたので2回噛み付いていた。私はとても痛みを感じ、傷ついていた。ボブキャットはとてもどう猛だが、私はそれに立ち向かった。私は不屈だ。と彼女は言った。

 

 

It happened Monday [13 Jul 2015] around noon at her home on Sweetwater Road in the Sardis community, located several miles off of Highway 331 between Highland Home and Luverne in Crenshaw County [Alabama].

 

それは、月曜[2015年7月13日]の昼ごろ[アラバマ州]クレンショウ郡のHighland Homeと Luverneの間のハイウェイ331から数マイル離れたSardis地区Sweetwater通り の彼女の自宅で起こった。

 

 

When she looked out the window, she initially thought she saw a straydog in the front yard with her own dogs. When she got a better look at the animal, she realized it was a bobcat and sprung to action, worried about the safety of her dogs outside. She says she underestimated what she was up against as she ventured near the animal to save her beloved pets. “I wasn’t as scared as what I should have been. I should have been a lot more terrified and I wasn’t. I wasn’t thinking that the cat was sick, nothing like that. I didn’t think. I just wanted my dogsback inside,” she said.

 

窓から外を見たとき、最初彼女は、前庭で野良犬が彼女の飼い犬と一緒にいるのだと思った。彼女がその動物をよく観察するとそれはボブキャットで飛びかかかろうとしていると悟り、外の彼女の犬たちの安全が心配になった。彼女は彼女の最愛のペットを救うためにその動物に敢えて近づいた時に代償となることを過小評価したと話している。「私がしてしまったことにそれほど恐怖感はなかった。私は、もっとずっと怖がるべきであったが、私はしなかった。そのネコが病気だと思わなかったし、全くそうは見えなかった。私は思わなかった。ただ、私の犬たちを家の中に入れたかっただけなんです。」と彼女は話した。

 

 

The bobcat took off towards a drainage pipe that runs under her driveway, and she worked to get her dogs out of harm’s way. Then, she and her best friend went to track the bobcat because they knew something wasn’t right with it appearing in the middle of the day. She says she was worried that it could attack her pets and she wanted it away from her home. “It’s not normal for a cat to be in the yard, not afraid. Normally, a cat runs, especially in the day time,” she said.

 

そのボブキャットは、道路の下を通っている排水管に向かって逃げていった。そして、彼女は彼女の犬たちの難を避けるために行動した。それから、彼女と彼女の親友は、それ(ボブキャット)が昼日中にあらわれるのは何か異常であるということを知っていたので、そのボブキャットを追跡した。それ(ボブキャット)は彼女のペットをおそらく攻撃することを心配だったので、それを家から追い出したかった。「猫にとって庭にいるということは正常ではないことで、恐れなかった。通常、特に昼間には猫は走るものである。」と彼女は話した。

 

 

Her screams alerted her best friend, and he came running to help. As he went to one end of the drainage pipe to locate the bobcat, the animal ran out the other end of the pipe and attacked [the victim].

“This cat came straight out of this drainage pipe and just jumped full force and latched onto my arm. And I’m screaming, turning, moving every way I can trying to get it off of me,” she said. “[My friend] is terrified to shoot because he doesn’t want to shoot me. He just starts beating it with the stock of the gun. He knocked him off of me and as soon at the cat came off, he landed on his hind legs and jumped straight back on me and I threw my hands up and it latched onto my hip.” With her adrenaline pumping, she says she didn’t feel any pain when the bobcat’s teeth and claws tore into her arm and side.

 

彼女の叫び声は、彼女の親友を驚かせた、そして彼は助けるために走ってきた。彼がそのボブキャットの位置を確かめるために排水口の一方の端に行くと、ボブキャットは排水口の他の端へ走り出し、そして(その犠牲者を)攻撃した。「このネコは、この排水口から真直ぐに出てきた、そして、全力でジャンプし、私の腕にまつわりついた。そして、私は叫び声をあげながら、回転し、動き、私からそれ(ボブキャット)を引き離すあらゆる方法を取った。」と彼女は話した。(私の友人)は、私を撃ちたくなかったので銃を撃つのをためらった。彼は、銃床でそれ(ボブキャット)をすぐに叩き始めた。彼は叩いてボブキャットを私から引き離すとすぐに、ボブキャットは立ち上がって飛び退き、彼の後ろ足で着地し、私の背中側にまっすぐジャンプした、私は両手を上げるとそれは私の臀部にまつわりついた。彼女のアドレナリンが上昇していたので、彼女はボブキャットの歯や爪が彼女の腕や脇腹を引き裂いた時のどんな痛みも感じなかったと話した。

 

 

“[My friend] gets him off of me and tells me to run so I take off running and he shoots him. He shot him 4 times with a .22. But every time he shot him, this cat just started coming at him. Then [his] gun just locks up on him. He can’t shoot anymore. He just hit him again and again with the gun and stunned him. He ran and got a pistol and shot it,” she said. “All of this happened in 10 minutes from the time I saw him out the window to the time he was dead.” The bobcat, estimated to be around 30 pounds, later tested positive for rabies and [the victim] is undergoing rabies treatments. She says she will receive 9 shots in 14 days.

 

「(私の友人)がボブキャットと私を引き離し、そして走れと私に言ったので私が走り去った後に、彼はボブキャットを撃った。彼はa.22(22口径銃)で4回撃った。しかし、彼が撃つたびにこのネコは、彼に向かって攻撃を仕掛けようとした。それから、(彼の)銃は、ボブキャットを狙っているだけで、それ以上撃つことはできない。彼は、その銃で何度も打ってボブキャットを気絶させた。彼は走ってピストルを持って、ボブキャットを撃った。」と彼女は話した。「この出来事のすべては、私が窓の外にボブキャットを見てから死亡するまで10分間で起こった。」 そのボブキャットはおよそ30ポンドと推定され、後に狂犬病陽性と診断され、(被害者)は狂犬病治療を受けている。彼女は14日間に9回の注射を受けるだろうと話している。

 

 

The attack has left residents in the area on guard and on the lookout for any animals that look suspicious. The short-tailed cats are common in Alabama but attacks are rare, officials said.

 

その攻撃により、狂犬病を疑う(ようにみえる)すべての動物に対する警戒を地域住民に任せている。アラバマ州における短尾のネコは一般的であるが、攻撃することは稀である。と官吏は話している。

 

 

A neighbor spotted the bobcat earlier Monday [13 Jul 2015] at his father-in-law’s house next door to [the victim’s] home. [The neighbor] was alarmed when he saw the animal clawing and jumping at a glass door trying to attack a little dog inside. “You usually don’t see bobcats during the day or even at all but especially not up around houses in the middle the of day. And then usually when they see people they get spooked,” he said. [The neighbor] and his father-in-law tried to locate the bobcat and even went down to [the victim’s] house to check the area but they lost sight of it. He says the close-knit community is rallying around [the victim] as she recovers from the attack.

 

ある近隣住民は、前の月曜(2015年7月13日)に(被害者)の家の隣にある義理の父親の家でそのボブキャットを目撃した。(その近隣住民)は、その動物がガラス戸に爪を立てたり、ジャンプしたりして家の中の子犬を攻撃しようとしていたのを見たとき恐怖を感じた。「通常ボブキャットが日中に見られることはないし、特に昼に家の周囲にいることなど絶対にない。そして、通常、彼らが人を見たときには驚いて逃げる。」と彼は言った。(その近隣住民)と義理の父親は、そのボブキャットの居場所を突き止めようとし、周囲を調べるために(被害者)の家に行ったが、その姿を見失った。彼は、結束の固いコミュニティは、(被害者)がその攻撃から回復するにつれ、彼女の周りに集まっている、と話している。

 

 

“I know that on Facebook, a lot of people are praying for her and voicing their support and people have gone by to check on her,” he said. If she wasn’t turned to her side, it would have got her on her neck so she was very lucky. Everybody down here is about to start carrying weapons in their vehicles just for that reason.”

 

「私は、それをフェイスブックで知った。多くの人達が彼女のために祈っており、援助を表明している、人々は彼女をチェックした。」、と彼は話した。もし彼女が彼女の側に回転しなかったら、それ(ボブキャット)は彼女の首を噛み付いただろう、だから彼女はとても幸運だった。ここに書き留めた誰もが、その理由のみのために車の中に武器を携行し始めたことである。

 

 

Authorities are asking residents to be on alert in the wake of the incident. “A message from Sheriff Powell to the people of Crenshaw County, he wants people to keep an eye out and if they see something that looks odd, just call the game warden or call the sheriff’s office and we’ll check it out. We don’t want anyone else getting bit or hurt,especially children,” said Mike Johnson, chief investigator for the Crenshaw County Sheriff’s Office.

 

当局は、その事象の結果として住民に警戒するように要請している。「Sheriff Powellからクレンショウ郡の住民に対するメッセージで、彼は、周囲に気を配り、もし異常なものを見たら、すぐに猟区管理者か保安官事務所へ電話されたい、そうすれば我々が調査する。とのことである。我々は、その他に誰も咬まれたり、傷ついたりして欲しくはない。特に子供たちは。」、とクレンショウ郡保安官事務所の主任調査官Mike Johnsonは話した。

 

 

[The victim], meanwhile, is healing from her wounds and her horrifying ordeal. “I’m blessed. My dogs weren’t hurt and they’re blessed. It was very scary. I can’t stop thinking about it. I can’t get it out of my head,” she said. “I hope this never happens to anyone else — no kids, no dogs, nobody.”

[Byline: Lindsey Rogers]

 

 

一方, [その被害者]は咬傷とぞっとするような体験から治癒してきている。「私は恵まれている。私の犬たちはケガをしなかったし、彼らは恵まれている。それは、とても恐ろしいことであった。私はそれについて考えるのを止めることが出来ない。頭からそのことが離れない。」、と彼女は言った。「私はこのような事がその他の誰かに起こらないことを願っている。– 子供達、犬たち、誰にも。」

 

[This attack carried all the marks of a probable rabies infected animal: species out in the open at a time and place of its normal behavior; aggressive instead of quietly and quickly retreating – but remember, not all infected animals are “rabid.” Some will be paralytic and comatose. Something to be aware of when tempted by a possible taxidermy trophy.

 

[この襲撃には、おそらく狂犬病感染動物のすべての特徴を持っていた。様々な動物種の野外における時間と場所に関する正常な行動;おとなしく俊敏に隠れる動物が攻撃的獰猛に変わる–しかし、狂犬病に感染した動物が全て狂暴になるわけではないことは忘れてはならない。ある動物では麻痺を起こし、無気力になる。剥製の記念品の可能性に誘惑されたとき注意すべきである。

 

PageTop