Home >News > ProMED翻訳情報(403回) ~フィリピンで発生した狂犬病による人の死亡事例~

ProMED翻訳情報(403回) ~フィリピンで発生した狂犬病による人の死亡事例~

2015.10.11

RABIES – PHILIPPINES (04): (NEGROS OCCIDENTAL) HUMAN, CANINE

************************************************************

Date: 23 Jul 2015     Source: Outbreak News Today [edited]

 

Officials with the Provincial Health Office are reporting the deaths of 3 children in Negros Occidental in the Central Visayas region of the Philippines. Records show that the victims, ages 9, 10, and 12 years old, came from the cities of Victorias and Sipalay and the town of Toboso. The 10-year-old female died on 3 Jul [2015], while a 9-year-old male passed away on 15 Jul, and a 12-year-old male on 21 Jul 2015.

 

州の保健所の職員は、フィリピンの中央Visayas地域の西ネグロス州で3人の子供の死亡を報告している。記録によると、犠牲者は9歳、10歳、12歳で、Victorias市とSipalay市とToboso町出身であった。10歳の女の子は2015年7月3日に、9歳の男の子は7月15日に、12歳の男の子は2015年7月21日にそれぞれ亡くなった。

 

 

According to the World Health Organization, the Philippines is among the top 10 countries in terms of rabies problems. It is responsible for the deaths of 200 to 300 Filipinos per year. In 2010, 257 died of rabies, and in 2011, 202 deaths were reported.

 

WHOによれば、フィリピンは狂犬病の問題に関して、上位10国の一つである。それは年間200から300人のフィリピン人の死亡が原因である。2010年に狂犬病により257人の死亡があり、2011年に202人の死亡が報告された。

 

 

At least 1/3 of deaths due to human rabies are among children less than 15 years old. Animal bite cases have been increasing for the past 5 years. At least 328 459 persons in 2011, and 266 220 individuals in 2010 were bitten by animals. Almost half of rabies exposures are among school children.

 

人の狂犬病死亡の少なくとも1/3が、15歳以下の子供の間におこる。動物咬傷例が過去5年で増加している。2011年に少なくとも328、459人、2010年に266、220人が動物に噛まれた。狂犬病曝露のほぼ半数が学童間におこる。

 

 

Dogs remain the principal cause of animal bites and rabies cases. It was estimated that of the 9 million dogs across the country, only 1 million are vaccinated against rabies. March was Rabies Awareness Month in the Philippines, which has the ultimate goal of making the Philippines rabies-free by the year 2020. [Byline: Robert Herriman]

 

 

犬は、動物咬傷事例と狂犬病事例の主因のままである。国全体で、900万匹の犬がいると推定されており、ただ100万匹が抗狂犬病ワクチンを受けている。3月はフィリピンにおける狂犬病認識月であり、それは、2020年までに、フィリピンを狂犬病清浄国にする究極的な目的をもつ。

 

 

Communicated by:

ProMED-mail

<promed@promedmail.org>

 

[A check of the OIE zoonosis data showed that in 2013 the Philippines suffered 199 deaths from rabies, only a minor downward shift in incidence. We will not see a major downward shift until 8 million more dogs have been vaccinated. But as each province gets a hold on vaccinating dogs, we will see their numbers drop. This will encourage the others, 1 by 1. These child cases show that there are separate canine rabies problems in Victorias, Sipalay, and Toboso.

 

OIEの人獣共通感染症資料の点検では、2013年に狂犬病により199人のフィリピン人が死亡し、発生率のほんの僅かな下方変動を示した。800万以上の犬が予防接種を受けるまで、我々は大きな下向きの変化をみることは無いであろう。しかし、各州が、予防接種された犬を維持すれば、我々はこれらの数の減少をみるであろう。1つずつ、これは他を励ますであろう。別々の犬狂犬病問題がVictoriasとSipalayとTobosoにあることが、これらの小児事例で示された。

PageTop