Home >News > ProMED翻訳情報(405回) ~インドでの人用狂犬病ワクチンの不足~

ProMED翻訳情報(405回) ~インドでの人用狂犬病ワクチンの不足~

2015.10.11

RABIES – INDIA (08): (MAHARASHTRA), LACK OF IMMUNOGLOBIN
********************************************************

Date: 21 Jul 2015     Source: Times of India [edited]

 

In most animal bite cases, patients are administered human rabies immunoglobulin (HRIG) injection. However, most hospitals as well as medical stores in the city [Nagpur] don’t have this in stock. Administrators say the shortage is a pan-India phenomenon caused by low production of HRIG. This is all the more worrying as India
accounts for the largest number of rabies deaths in the world.

動物によって咬まれた症例のほとんどで、患者はヒト狂犬病イムノグロブリン製剤(HRIG)の接種が処置される。しかしながら、Nagpurにある医療品店舗はむろんのことほとんどの病院でこの製剤の在庫がない。行政官は、HRIGの低生産性から生じる製剤の不足はインド全体の現象であると述べている。これは、世界で最も狂犬病による死者が多いインドにおいて、いっそうの心配を起こす。

In the period between April 2014 and March 2015, more than 6000 people in the city were bitten by dogs. In the 3 months since, almost 2000 people have been bitten. Most victims prefer going to government hospitals, all of which have a well functioning rabies clinic. However, none of the public sector hospitals in the city, neither those run by state government nor those run by Nagpur Municipal Corporation (NMC), stock HRIG.

2014年4月から2015年3月までの間、市内で6000人以上が犬に咬まれた。それから3ヶ月の間にほぼ2000人が咬まれている。多くの被害者は、狂犬病クリニックとして良好に機能している政府病院に行くことを好む。しかしながら、市内の州立病院やNagpur地方自治協同病院も含めた公立病院にはHRIGの在庫がない。

“Medical stores don’t stock them because of low demand. Since most victims of animal bites don’t go to private practitioners, and government hospitals have their own stock of drugs and injections, even if we stock them, these injections expire before we can sell them. Being expensive, it is risky for retailers to stock them only to be wasted,” said Jagannath Shinde, president of the Maharashtra State Chemist and Distributor’s Association. [But see comment below].

「需要が少ないため、医療品店舗ではHRIGを備蓄しない。動物による咬傷事故の多くの被害者は私立の診療所には行かず、政府病院は独自の薬品や注射剤の在庫をもっている。もし、我々がHRIGの在庫をもっていたとしてもそれらは販売前に消費期限がきてしまう。高価なものであるため、ただ無駄になる在庫をもつことは小売人にとって非常にリスクがある。」、とマハシュートラ薬剤師&販売業者協会の協会長であるJagannath Shinde氏は述べている。

An official from Government Medical College and Hospital (GMCH) responsible for procurement of medicines said that their order for HRIG had remained unfulfilled since months. “Our rate card only permits us to buy the injection from one company called Bharat Serum. It has been months since we last sent them an order for HRIG. We heard the company had stopped producing the injections but no such communication has been made to us,” he said.

政府医学校病院(GMCH)の関係者で、医薬品の調達担当者は、HRIGの注文は数ヶ月も保留にされたままだと述べている。「我々の価格表はBharat Serumと言う会社から注射製剤を購入するよう求めている。私たちは数ヶ月前にHRIGの発注を行いましたがそれきりです。噂でその会社が注射製剤の製造を中止したと聞きましたが、そのような情報は知らされない。」、と彼は述べた。

 

Another doctor at the rabies clinic in a government hospital said shortage of HRIG must not be based on the number of victims. “Not all of them require immunoglobulin. It is only needed in wounds described as Class III, a categorization based on several factors including type of wound, site, number of wounds, depth and type of animal responsible for the bite,” he said. He did say the high number of deaths due to rabies was sad, as although the disease is 100 percent fatal, it is also 100 percent preventable.

政府病院の狂犬病クリニックで働く別の医師は、HRIGの不足は被害者の数に基づくべきではないと話した。「全員がイムノグロブリンを必要とする訳ではないのです。傷の状態がクラスⅢに分類されたときのみ必要とされる。分類は、傷口の種類、場所、数、深さや咬んだ動物の種類などを含むいくつかの要因に基づいている。」また、彼は、狂犬病は100%致死的であるとはいえ、100%予防が可能でもあるので、狂犬病による多くの死者数は悲しい事である、と話した。

A study by Global Alliance for Rabies Control’s Partners for Rabies Prevention Group released earlier this year [2015] said there were over 20 000 rabies related human deaths annually in India. It also said the number of dogs vaccinated in the country was much lower than even those in sub-Saharan African countries.

今年(2015年)初めに発表された、Global Alliance for Rabies Controlの協力機関である狂犬病予防グループが行った調査では、インドでは毎年20,000人以上の狂犬病関連ヒト死亡例があると示した。また、インドでワクチン接種されている犬の頭数はサブサハラアフリカ地域より非常に低いと報告した。

A fatal shortage
———–
Rabies immunoglobulin: Human rabies immunoglobulin (HRIG) is administered to patients bitten by dogs or other wild animals. It is indicated for all people having Class III wounds. It contains antibodies that a patient with severe bite requires immediately before the body can produce antibodies of its own.

致命的な不足

狂犬病イムノグロブリン:ヒト狂犬病イムノグロブリン(HRIG)は犬や他の野生動物に咬まれた患者に投与される。HRIGの投与はClassⅢの外傷を負った全ての患者に指示される。重度の咬傷を受けた患者は自身の免疫反応により抗体を作るより以前に、迅速に抗体を必要とし、HRIGはその抗体を含んでいる。

HRIB (G?) is recommended in case of being bitten by a rabid dog, in unvaccinated victims of dog bites, with bites on sensitive areas like joints, very deep wounds, and bites inflicted by wild animals or rodents. In absence, the patient is unable to produce antibodies to fight the rabies virus, which is fatal.

HRIGは狂犬病の犬に咬まれた場合、犬に咬まれたワクチン未接種の被害者、関節など感受性の高い部位への咬傷、非常に深い傷、野生動物やげっ歯類に咬まれた場合に推奨される。HRIGがないということは、患者が狂犬病ウイルスと闘うための抗体が産生されず、致死的である。

Dog-bite cases in the city: 市内での犬咬傷件数
——————–
April 2014-March 2015: 6403  2014年4月〜2015年3月: 6403件
April 2015-June 2015: 1971   2015年4月〜2015年6月: 1971件

[Byline: Payal Gwalani]

[CDC characterises rabies exposure as follows

“What type of exposure occurred?

“どのタイプの曝露が起こっているのか”
————————
Rabies is transmitted only when the virus is introduced into a bite wound, open cuts in skin, or onto mucous membranes such as the mouth or eyes.

 

狂犬病はウイルスが咬傷、皮膚の開いた傷や口、目などの粘膜から侵入した際にのみ伝染する。

Other factors to consider when evaluating a potential rabies exposure include the natural occurrence in the area, the biting animal’s history and current health status (e.g., abnormal behavior, signs of illness), and the potential for the animal to be exposed to rabies (e.g., presence of an unexplained wound or history of exposure to a
rabid animal).

 

潜在的な狂犬病への曝露の評価で、他に考慮すべき要因には、その地域における通常の発生、噛みつく動物の病歴と最近の健康状態(例えば、異常行動、病気の徴候)、動物が狂犬病に曝露されていた可能性(例えば、不可解な傷の存在、あるいは狂犬病に罹った動物との接触歴)が含まれる。

A currently vaccinated dog, cat, or ferret is unlikely to become infected with rabies.

一般にワクチン接種されている犬、猫、フェレットは狂犬病に罹ることはほとんどない。

When an exposure has occurred, the likelihood of rabies infection varies with the nature and extent of that exposure. Under most circumstances, 2 categories of exposure — bite and nonbite — should be considered.

曝露された場合、狂犬病に感染したかどうかは曝露の状況と程度で様々である。ほとんどの状況下で、2つの曝露カテゴリー — 咬まれたと咬まれていない — は考慮されるべきである。

Bite 咬傷

Any penetration of the skin by teeth constitutes a bite exposure. All bites, regardless of body site, represent a potential risk of rabies transmission, but that risk varies with the species of biting animal, the anatomic site of the bite, and the severity of the wound. Bites by some animals, such as bats, can inflict minor injury and thus be
difficult to detect.

歯が皮膚を貫通していれば、咬まれたことによる曝露とする。咬まれた場所に関わらず、すべての咬傷は狂犬病伝播の可能なリスクを意味するが、噛んだ動物種、咬まれた体の部位、傷の重症度によってリスクは様々である。コウモリなど一部の動物による咬傷は小さな傷のため見つけることが困難である。

Was the bite from a provoked or an unprovoked attack? Bites inflicted on a person attempting to feed or handle an apparently healthy animal should generally be regarded as provoked. If it was an unprovoked attack, that’s more likely to indicate that the animal is rabid.

咬傷は、被害者がけしかけたために攻撃されたのか、何もせずに攻撃されたのか?餌を与えようとした、または健康そうに見える動物に手を出したということも、“けしかけた”として通常考慮すべきである。もし、何もせずに咬まれたのであれば、その動物がおそらく狂犬病に罹っていることを示している。

Nonbite  非咬傷
—–
The contamination of open wounds, abrasions, mucous membranes, or theoretically, scratches (potentially contaminated with infectious material from a rabid animal) constitutes a nonbite exposure. Nonbite exposures from terrestrial animals rarely cause rabies. However, occasional reports of rabies transmission by nonbite exposures suggest
that such exposures should be evaluated for possible post-exposure prophylaxis administration.

開口した傷、擦り傷、粘膜などの汚染、理論的にはひっかき傷も(狂犬病の動物からの感染性物質に汚染される可能性がある)非咬傷曝露例となる。陸生動物からの非咬傷曝露例では狂犬病に罹る可能性は低い。しかしながら、非咬傷曝露例による狂犬病伝播が時折報告されていることから、非咬傷曝露例でも曝露後予防的措置の可能性を考慮されるべきであることを暗示している。

Other contact by itself, such as petting a rabid animal and contact with blood, urine, or feces of a rabid animal, does not constitute an exposure and is not an indication for post-exposure vaccination.”

狂犬病の動物を撫でたり、えさを与えたり、狂犬病の動物の血液、尿、糞に接触するなど、別の接触では曝露したとせず、曝露後ワクチン接種は必要ない。

This report echoes a similar one of Kerala in January of this year (2015) and very probably reflects a notional concern; see 20141219.3042512. It is a worrying and concerning problem for the Nagpur. In the relative absence of HRIG, a partial solution would be to increase the dog vaccination, which would reduce the potential number of rabid biting dogs and the need for human treatment.

この報告は今年(2015年)1月に報告されたケララの状況と類似しており、非常によく国としての問題を反映している。20141219.3042512参照。Nagpurにとって、この問題は、厄介で、気がかりな問題である。HRIGの相対的な不足において、部分的な解決策は犬へのワクチン接種を増やすということがある。その結果、狂犬病罹って咬傷事件を起こす犬の数を減らし、それによりヒトの処置の必要も減少するであろう。]

PageTop