Home >News > ProMED翻訳情報(407回) ~南アフリカで発生した犬咬傷による人の狂犬病死亡事例~

ProMED翻訳情報(407回) ~南アフリカで発生した犬咬傷による人の狂犬病死亡事例~

2015.10.12

RABIES – SOUTH AFRICA: (FREE STATE), HUMAN

******************************************

Date: 1 Aug 2015                   Source: Mes Vaccins [edited]

 

South African health authorities have reported a human case of rabies in an 8-year-old boy living near Ficksburg in Free State province. He was bitten on his thigh on 2 May 2015 by a dog. A few weeks later, he was admitted to hospital with symptoms of rabies infection and died on 6 Jul 2015.

南アフリカ健康当局は、フリーステート州のフィックスバーグ近郊に住む8才の少年の狂犬病症例を報告した。少年は2015年5月2日、一頭の犬に太ももを咬まれた。数週間後、少年は狂犬病感染の徴候を示して病院に入院し、2015年7月6日に死亡した。

 

Since the beginning of the year [2015], 5 cases of human infection with the rabies virus have been reported in South Africa: Limpopo (2 cases), KwaZulu-Natal (1 case), Eastern Cape (1 case) and Free State (1 case). A suspected case has been reported in the Eastern Cape Province. The diagnosis is pending confirmation.

今年(2015年)になってから、南アフリカでは狂犬病ウイルスに感染した人の事例が5件報告されている。すなわち、リンポポ州(2例)及び、クワズール・ナタール州(1例)、イースタンケープ州(1例)、フリーステート州(1例)である。一つの疑い例が、イースタンケープ州で報告されている。診断は確定を待っているところである。

 

Rabies is fatal if not treated in time. The preventive treatment of human rabies is very effective if administered promptly after contact with the carrier animal. Infection of humans is exclusively by animal contact: saliva by bites, scratches, licks on skin or excoriated mucosa (mouth).

狂犬病は適切な時に治療をしなければ致命的である。人狂犬病の発症予防処置は、狂犬病を媒介する動物と接触したあと、即座に行えば大変有効である。人への感染は、もっぱら咬傷、引っかき、皮膚を舐められる、粘膜(口)のすりむきを介して(発症)動物の唾液との接触による。

 

The animal can become contagious 15 days before the 1st symptoms of the disease and remains infected until it dies. If the animal is alive and does not have any symptoms after an observation period of 15 days from the date of exposure (bite or other exposure), it [is not rabid], and, therefore, could not transmit rabies to the bitten person.

その動物は最初の狂犬病の徴候の15日前から(他の動物への)感染が可能となり、その動物が死亡するまで感染能力を持続する。もしその動物が、曝露の日(咬傷や他への曝露)から起算して15日間の観察後にも生きており、いかなる徴候も見られない場合、その動物は(咬んだ時点で狂犬病に発病していない)、したがって咬まれた人に狂犬病を伝播することができなかったことになる。

 

To reduce the risk of rabies, you should avoid contact with pets [you don’t know], bats, or with wild mammals.

狂犬病(感染の)リスクを小さくするためには、(あなたの知らない)ペットや、コウモリ、野生哺乳動物との接触を避けるべきである。

 

If bitten, do not scratch or lick a wound. Clean the wound with water and soap for 15 minutes and rinse; application of chlorine or iodine antiseptic are indispensable to limit the risk of infection.

もし咬まれたら、傷を掻いたり舐めたりしてはならない。傷を水と石けんで15分間洗い、そしてすすぎなさい。塩素系やヨード系の消毒剤の使用は、感染リスクを限局するのに絶対必要である。

 

It is most important to consult a doctor, who will decide on the need for rabies vaccine treatment and administration of rabies-specific immune globulin in the absence of preventive vaccination.

狂犬病ワクチン投与処置の必要性や予防のためのワクチンがない場合の狂犬病特異免疫グロブリンの投与を決定してくれる医師と相談することは大変重要である。

 

Preventive vaccination may be recommended for expatriates and Travelers at Risk (hikers, children, cyclists, cavers, people having contact with animals). Preventive vaccination provides no cure but should be implemented as soon as possible in case of known or suspected exposure, but it simplifies treatment, and immunoglobulins are not always available in developing countries.

予防のためのワクチン接種は、リスクを伴う国外居住者や旅行者(ハイカーや子ども、自転車に乗る人、洞窟探検者、動物と接触する人)に推奨されるだろう。予防のためのワクチン接種は病気の治癒を提供しないが、既知あるいは疑わしい曝露の事例においてできるだけ早期に実行されるべきであり、治療を単純化する(ことができる)。しかし、途上国においては、免疫グロブリンは常に利用できるわけではない。

 

For the traveler, detailed information is available on Mesvaccins.net and Medecinedesvoyages.net.

旅行者のための詳細な情報は以下のサイトで対応している。

Mesvaccins.net

Medecinedesvoyages.net

Communicated by:

ProMED-mail from HealthMap Alerts

<promed@promedmail.org>

 

[For a map of South Africa, see:

<http://www.lib.utexas.edu/maps/africa/south_africa_physio-2005.jpg>.

Free State is in the middle of the country.

南アフリカの地図は以下のサイトで見なさい。

<http://www.lib.utexas.edu/maps/africa/south_africa_physio-2005.jpg>.

フリーステート州は国の中部にある。

 

Being bitten by a patently rabid dog is fairly clear, especially if the bitten person knows the dog. The problem is when it is a strange dog. Angry and/or threatened healthy dogs are known to bite, especially invaders or when the dog is uncertain and off its own territory. But dog bites must be taken seriously just in case, as described in this text, which is why veterinarians, folk by definition likely to be bitten, make sure to keep their rabies shots up to date just in case. – Mod.MHJ

明らかに狂犬病である犬に咬まれた場合、特に咬まれた人がその犬を知っていたならば、きわめて明快である。問題はその犬が見慣れない犬であることである。怒りそして(もしくは)威嚇する健康な犬は、特に侵入者もしくはその犬の出何処が不明確であったり、自身の縄張り外の時、噛み付くことが分かっている。しかし犬の咬傷は、この投稿に書かれているように、万一に備え慎重に扱わねばならない。大方咬まれ易い人たち、獣医師は万一に備え、狂犬病ワクチン接種を最新にしておくよう確認するべきである。モデレータMHJ

PageTop