Home >News > ProMED翻訳情報(408回) ~米国で発生した野生動物からのヒト曝露事例他(3題)~

ProMED翻訳情報(408回) ~米国で発生した野生動物からのヒト曝露事例他(3題)~

2015.10.12

RABIES – USA (22): (WASHINGTON, KANSAS) BAT, WILDLIFE, HUMAN EXPOSURE

*********************************************************************

[1] Washington: bat, human exposure

Date: Thu 9 Jul 2015        Source: KREM 2 News [edited]

 

Rabid bat bites child at Liberty Lake Park

狂犬病のコウモリ、Liberty Lake Parkで子供を噛む

——————————————

Washington State Public Health Laboratories confirmed [on Wed 8 Jul 2015] that a bat, which bit a child on [4 Jul 2015] at Liberty Lake Regional Park [Spokane County], tested positive for rabies. Officials said the child and the mother, who was not bitten, had contact with the bat and are both receiving vaccines for rabies. Health experts told KREM 2 News this is the 1st case of a rabid bat in Spokane County in 18 years.

 

ワシントン州立公衆衛生検査所は、[2015年7月4日に、スポケーン郡の] Liberty Lake Regional Parkで子供に噛み付いたコウモリが、狂犬病陽性と診断されたことを[2015年7月8日の水曜日に]確認した。当局によると、その子供と、噛まれてはいないがそのコウモリに接触した母親の両者は抗狂犬病ワクチンを投与されているとのこと。保健衛生の専門家は、KREM 2 Newsに対し、コウモリの狂犬病の事例は、スポケーン郡ではこの18年間では初めてだと述べた。

 

“I’ve actually liked bats if they’re in a cage,” said the 7 year old who was bit by the bat. [She] and her mom, were scouting out critters at Liberty Lake Regional Park when something caught [her mother’s] attention. A bystander pointed out a bat in a tree. The bat then flew off. They said everything was okay until out of nowhere [the girl] started screaming. [The woman] said that when she looked at her daughter, the bat had attached itself to [the child’s] thigh. “It didn’t want to come off. Its fangs wouldn’t come off,” she said. “Its little talons and legs came off pretty easily, but his teeth would not let go.”

 

“もしカゴの中にいるなら、私は本当にコウモリが好きなの。”と、コウモリに噛まれた7歳のその子は言った。[彼女と]彼女の母親は、その公園内で生き物を探していたが、[彼女の母親が]何かに気付いた。その場に居合わせた人は、コウモリは木の上にいたと指摘した。それから、そのコウモリは舞い降りた。彼らは、[その少女が]突然泣き叫び始めるまでは、何事もなかったと言った。[その女性が]彼女の娘を見ると、そのコウモリは[その子供の]腿にしがみついていた。“そのコウモリは離れようとしませんでした。その牙は離れませんでした。”と彼女は言った。“その小さな爪と足は簡単にはがれたのですが、その牙は離れませんでした。”

 

After several heart-pounding seconds, the bat finally flew away. A nearby group of people had captured the bat and [the woman] knew she had to keep the bat as evidence. She then took [her daughter] to the doctor to be treated for the bite. Health experts told her that [the child] will need to get painful rabies shots every week for the next month. Officials said time is of the essence when attempting to prevent rabies following exposure.

 

息詰まる数秒間の後、そのコウモリは最終的には飛んで離れた。近くにいた人々の一団がそのコウモリを捕まえ、[その女性は]そのコウモリを証拠として取っておかなければならないと知っていた。それから彼女は[彼女の娘を]、噛み傷の治療をするために医者へ連れて行った。保健衛生の専門家は、彼女[とその子供]に、来月まで、毎週痛い狂犬病のワクチンを接種する必要があるだろうと言った。当局は、暴露を受けた後に狂犬病を防ごうとするなら、時間が重要だと述べた。

 

The location of the incident was near the marshy area on the south side of the park’s designated swimming beach, authorities said. The bat was captured by a separate group at a nearby picnic table, officials said.

 

事故が起こったのは、園内の遊泳ができる砂浜として設計された場所の南側にある沼地に近いところだった、と権威筋は語った。コウモリは、近くのピクニックテーブルにいた別のグループにより捕まえられた、と当局は言った。

 

Though they do not believe that group had contact with the bat, as a precaution, health officials are urging them to contact Spokane Regional Health District’s Zoonotic Disease Program . Officials said anyone at the park between 3:00 pm and 6:00 pm on [4 Jul 2015], who may have had contact with a bat, should also contact the zoonotic disease staff. “We are being cautious in making absolutely sure that no one was potentially exposed to this bat,” said Dr Joel McCullough, a SRHD [Spokane Regional Health District] health officer. “If a person did not have direct contact with the bat, he or she is not at risk for rabies.”

 

このグループがコウモリと接触したとは考えられていないが、予防措置として、保健当局は彼らに、Spokane Regional Health District’s Zoonotic Disease Programに連絡を取るよう強く求めている。当局は、[2015年7月4日の]午後3時から6時の間に園内でコウモリと接触したかもしれないと思う人は誰であれ、人獣共通感染症担当の職員に連絡を取るように述べた。“我々は、このコウモリに誰も触れていないという絶対の確信を得るために警告をしています。”、とSRHD [Spokane Regional Health District]の保健衛生担当のJoel McCullough博士は言った。“直接そのコウモリに触れていなければ、彼または彼女には狂犬病の危険はありません。”

 

The primary animals that carry rabies in the north west United States are bats, but less than one per cent of all bats in the wild are infected with rabies, officials said. Rabid bats have been found in almost every county in Washington. Health officials said this is the 1st report of a rabid bat in Spokane County since 2007.

 

アメリカ合衆国北西部における、狂犬病を媒介する主要な動物はコウモリであるが、野生のコウモリ全てを合わせても、狂犬病に感染しているのはその1%にも満たない、と当局は述べた。狂犬病のコウモリは、ワシントン州のほぼ全ての郡で見つかっている。保健当局は、スポケーン郡で狂犬病のコウモリが見つかったのは、2007年以来初めてのことだと述べた。

 

This recent situation prompted public health officials to warn people across the county to take precautions around bats. Officials said preventing rabies is as simple as avoiding contact with wild animals, educating those at risk, and ensuring adequate pet vaccination and supervision. “Although most bats are harmless and do not carry rabies, people should never handle live or dead bats,” Dr McCullough said. “To protect yourself and your loved ones, your safest bet is to simply presume that every bat is rabid.”

 

この近年の状況を受け、公衆衛生当局は郡一円の人々に向け、コウモリに対して予め気をつけるように警告を強めた。当局は、狂犬病を避けるには、単純に野生動物との接触を避け、(狂犬病の)リスクを教え、ペットに適切なワクチン接種を受けさせ、管理することであると述べている。“ほとんどのコウモリは無害で、狂犬病を媒介することもありません。しかし、生きていても死んでいても、コウモリを手に取るべきではありません。”とMcCullough博士は述べる。“自分自身を、そして愛する人を守るための最も安全な策は、単純に全てのコウモリが狂犬病であると見なすことなのです。”

 

Health officials said if you come in contact with a bat you should wash any bite or wound with soap or water. They also said you should immediately call the Zoonotic Disease Program, and their own doctor as well. [byline: Ryan Simms]

 

保健当局は、もしコウモリと接触したなら、いかなる噛み痕も傷も、石鹸または水で洗うべきだと述べた。また、すぐにZoonotic Disease Programおよびその専属の医師にも連絡を入れるべきだと語った。

 

******

[2] Washington: bat, human exposure

Date: Thu 9 Jul 2015      Source: The Spokesman-Review [summ., edited]

 

Girl getting rabies vaccines after being bitten by infected bat

狂犬病に感染したコウモリに噛まれ、ワクチン接種を受けている女の子

—————————————————————

Health district spokeswoman Kim Papich said the girl was at the park with her mother and a friend of her mother’s when the bat attacked the girl without provocation. The friend was able to pull the bat off the girl using clothing, but the bat flew away and they lost sight of it.

 

保健衛生課の広報官であるKim Papichは、少女が母親と、母親の友人と公園にいた時、特に怒らせたわけでもないのに、少女にコウモリが襲い掛かってきたと述べた。友人は布切れを使ってコウモリを引き剥がすことができたが、コウモリは飛び去り、彼らはそれを見失った。

 

Soon after, a separate group at the park noticed a bat attacking a picnic table. The bat got stuck in the table and someone trapped the bat with a plastic cup, Papich said. At some point, the mother became aware of the commotion at the picnic table and the bat was turned over to her. Papich said the mother took her daughter to the hospital along with the bat, which still was alive.

 

その後まもなく、公園にいた他のグループが、コウモリがピクニックテーブルに襲い掛かっているのに気がついた。そのコウモリはテーブルに取り掛かりきりになっており、誰かがプラスチックのコップを使ってコウモリを捕まえた、とPapichは言った。その時点で、その母親はピクニックテーブルの騒ぎに気付き、そのコウモリは彼女に渡された。その母親は、まだ生きているそのコウモリとともに、彼女の娘を病院に連れて行った、とPapichは言った。

 

Health officials don’t believe people in the group who saw the bat at the picnic table came into contact with the bat, but as a precaution they and anyone else at the park Saturday who may have had direct contact with a bat are urged to contact the health district.

 

保健当局はピクニックテーブルでコウモリを見たグループのうちの誰かが、そのコウモリと接触したとは考えていないが、念のため、そのグループと、土曜日に公園でコウモリと直接接触した可能性のある人は誰であれ、急いで保健衛生課に連絡するよう勧告した。

 

“We are being cautious in making absolutely sure that no one was potentially exposed to this bat,” said Dr Joel McCullough, the district’s health officer, in a news release.

 

“我々は、このコウモリに誰も触れた可能性がないという絶対の確信を得るために用心をしています。”と、課の衛生管理士であるJoel McCullough博士は、新聞発表で述べた。

 

This is the 1st report of a rabid bat in Spokane County since 2007, when 3 bats tested positive for the deadly viral infection. A teenager in eastern Idaho was treated after being bitten by a rabid bat in June 2014. A year before that, 3 rabid bats were found in the Coeur d’Alene area. No one in Washington has died from rabies since 1997, when a man from Mason County was diagnosed after his death. In 1995, a 4 year old in Lewis County died after a bat bite in the child’s room went undetected.

 

3匹のコウモリがこの致死性の高いウイルスに感染していることが分かった2007年以来、スポケーン郡では初めての狂犬病のコウモリについての報告となる。2014年6月には、アイダホ州西部で一人のティーンエイジャーが狂犬病のコウモリに噛まれ、治療を受けている。その前年には、カーダレーン地域で3匹の狂犬病のコウモリが見つかっている。1997年に、メイソン郡の男性が、死後に(狂犬病だと)診断されて以来、ワシントン州では狂犬病による死者は出ていない。1995年には、ルイス郡で4歳児が、子供部屋でコウモリに噛まれた後に亡くなっている。噛み傷は確認されていない。

 

Officials say prompt vaccine treatment is highly effective in preventing rabies following exposure. Injections should begin within 14 days after exposure. [Most advise within 10 days or sooner. – Mod.MHJ] The virus is almost always fatal without proper treatment. Symptoms of rabies can take weeks to months to develop after exposure to a rabid animal.

 

当局は、狂犬病に暴露された後に迅速にワクチン接種を受けることが、狂犬病の予防に非常に効果的だと述べている。接種は暴露後14日以内に始めるべきである。[さらに言うなら、10日以内かもっと早く。- Mod.MHJ] 適切な治療がない場合、(狂犬病)ウイルスはほぼ間違いなく致死的なものとなる。狂犬病の症状は、狂犬病の動物と接触してから1週間~1ヶ月経って表れる。

 

Spokane County parks director Doug Chase said his department was not aware of the incident until he and other park workers were briefed by health district officials on [Wed 8 Jul 2015]. He said the girl’s contact with the bat occurred not long after employees who staff the park left for the day.

 

スポケーン郡の公園管理者であるDoug Chaseは、彼の部署はこの事故について、[2015年7月8日の水曜日に]保健衛生課から彼と他の職員が説明を受けるまで、全く知らなかったと話した。彼は、その日公園のスタッフが帰ってしまってからそう遅くない時間に、その女の子はコウモリと接触したのだと話した。

 

The primary animals that carry rabies in the north west [United States] are bats, but less than 1 per cent of all bats in the wild are infected with rabies. Last year [2014], 276 bats were tested for rabies in Washington, with 5 per cent identified as positive. Public health officials advise county residents to avoid contact with wild animals and ensure their pets are vaccinated.

 

[アメリカの]北西部において、狂犬病を媒介する主要な動物はコウモリであるが、野生の全てのコウモリにおいて、狂犬病に感染しているものは1%に満たない。昨年[2014年]、ワシントン州で276匹のコウモリが狂犬病の診断を受けたが、うち5%が陽性であった。公衆衛生当局は郡の住民に、野生動物との接触を避け、ペットには確実にワクチン接種を受けさせるようアドバイスを行った。

 

If the health district determines that an exposure to a person or pet might have occurred, a bat should, with proper precautions, be tested for rabies. Rabid animals may show unusual behavior and may become aggressive and attempt to bite people, pets and livestock. [byline: Scott Maben]

 

もし、保健衛生課が人またはペットがコウモリに接触したと判断した場合、適切な予防措置とともに、コウモリは狂犬病の診断を行わねばならない。狂犬病の動物は、普通とは異なる振る舞いを見せるかも知れないし、攻撃的になって、人々やペット、家畜に噛み付こうとするかもしれない。

 

 

[In a real sense the young girl was lucky to have been bitten in this traumatic manner. There was no doubt she had been  exposed. Too often bat exposure is not realised until clinical symptoms begin months later and virus identification indicates it had been from a bat. Too late. At the risk of being repetitive:

– avoid contact with wild animals you don’t know, and especially animals out at an unusual time of day and/or demonstrating unusual aggressive or passive behaviour;

– never adopt wild animals or bring them into your home. Do not try to nurse sick animals to health. Call animal control or a properly licensed animal rescue agency for assistance;

– make sure your pets receive the proper immunizations. Dogs and cats should get rabies vaccines by 4 months of age, followed by a booster shot 1 year later and another shot every one or 3 years depending on the type of vaccine used;

– teach children to never handle unfamiliar animals, wild or domestic, even if they appear friendly. “Love your own, leave other animals alone,” is a good principle for children to learn.

 

真の意味で、この少女はこのように外傷が残る形で噛まれ、幸運であった。彼女が(狂犬病に)暴露されたことは疑いようがない。コウモリによる暴露は、数ヵ月後に症状が現れ、ウイルスがコウモリからきたものだと示されて明らかになることがあまりにも多い。遅すぎるのだ。以下に繰り返し述べる。

―あなたの知らない野生動物に触れてはいけない。特に、日中の普段見られない時間にうろつく動物や、異常に攻撃的な、あるいは活気のない振る舞いの動物には。

―決して野生動物をあなたの家に迎え入れてはならない。病気の動物を回復に向かわせようとして看護しようとしてはいけない。介護のため、動物管理課か、または適切な資格を持つ動物救護機関に連絡すること。

―あなたのペットが適切なワクチン接種を受けているか確認すること。イヌとネコは4ヵ月齢で狂犬病ワクチンを接種し、その1年後には追加免疫を与えるべきである。使ったワクチンのタイプにもよるが、それから1または3年ごとにワクチン接種をすること。

―子供たちに、野生であれ飼われているものであれ、よく知らない動物は扱わないと教えること。例えそれが人懐っこく見えたとしても。“飼っているものだけを愛し、他の動物は放っておくこと”が、子供に教える上で最もよい原則である。

 

Bats are charming creatures, but always be cautious when handling them or in places infected by them. I speak from experience, having seen multiple species in a Mexican volcanic vent/bat guano mine, collected vampire bats in Brazil and Mexican free-tails in the French Quarter of New Orleans, and seen more than a few colonies in Texas latterly, which is why for years I kept my rabies shots up to date until my doctor persuaded me that my blood titre was quite adequate. – Mod.MHJ]

 

コウモリは愛らしい生き物であるが、彼らを扱うとき、あるいは彼らにより感染した場所では常に用心すること。私の経験から申し上げると、メキシコの火山性の洞穴や、コウモリの糞の採掘場で様々な種(のコウモリ)も見てきたし、ブラジルで吸血コウモリ、ニューオーリンズのフレンチ・クォーターではメキシコオヒキコウモリも捕まえていた。また、最近ではテキサスで、かなりの数の(コウモリの)コロニーも見てきた。その何年間かの間、私のかかりつけ医が、私の血中の抗体価が十分であると私に確信させるまで、私は定期的に狂犬病のワクチン接種を受け続けてきた。

 

******

[3] Kansas: animal

Date: Thu 9 Jul 2015    Source: High Plains/Midwest Ag Journal [summ., edited]

 

Rabies cases rise in Kansas

カンザス州で狂犬病の事例が増加している。

—————————

The Kansas Department of Agriculture’s Division of Animal Health has identified a an increased number of rabies cases reported in Kansas this year [2015]. As of [30 Jun 2015], 69 cases of rabies have been confirmed in Kansas for 2015.

 

カンザス州農業省の動物衛生課は、今年[2015年]のカンザス州における狂犬病事例の報告数が増加していることを明らかにした。[2015年6月30日までに]、カンザス州のこの年の狂犬病の事例は69件だった。

 

Rabies testing is performed by the Kansas State University Veterinary Diagnostic Laboratory, which confirmed only 69 positive cases in all of 2014. Of the 69 cases reported this year [2015], 13 of them occurred in domestic animals including 9 cattle and 4 cats. These numbers are expected to continue to rise through the end of the year.

 

カンザス州立大学のVeterinary Diagnostic Laboratoryが、2014年度に確認した狂犬病陽性事例は(全部で)69件のみだった。今年[2015年]報告された69件の事例のうち、13件が飼われている動物であり、うち9件が牛、4件がネコであった。これらの数字は、年末までさらに増え続けるだろうと予想される。

 

Dr Bill Brown, Kansas Animal Health commissioner, urged Kansans to be alert. “Being observant of erratic behavior in wildlife or livestock is important,” he said. “Pet owners are urged to follow best practices and vaccinate their pets to prevent this devastating disease.”

 

カンザス州の動物衛生委員であるBill Brown医師は、カンザス州の住民に注意するよう呼びかけている。“野生動物あるいは家畜における常軌を逸した振る舞いを観察することはとても重要です。”と彼は語る。“ペットの飼い主は、この悲惨な病気を食い止めるため、最善の習慣と最適なワクチンをペットに与えるよう強く求められます。”

 

 

 

[The previous rabies report from Kansas, dated 30 Jun 2015, listed only 51 confirmed animal cases, 41 of which were skunks. This sudden surge is more likely to be from having processed a backlog of specimens, and points up the significant risk of from animal rabies in that state.]

 

2015年6月30日日付のカンザス州からの先の狂犬病報告では、確認された動物の狂犬病事例は51件のみ記載され、うち41件はスカンクであった。この(狂犬病事例の数の)突然の上昇は、おそらく診断の遅れていた標本が診断されたことによるものであろう。また、このことはこの州における動物の狂犬病の重大な危険性を強調している。

 

PageTop