Home >News > ProMED翻訳情報(410回) ~バリ島における狂犬病の現状~

ProMED翻訳情報(410回) ~バリ島における狂犬病の現状~

2015.10.12

RABIES – INDONESIA (07): (BALI) HUMAN, CANINE

*********************************************

Date: 29 July, 2015     Source: The Jakarta Post [edited]

 

Rabies is on the rise again in Bali as the disease has already claimed 12 lives [in Bali] in 2015, a significant increase over 2014’s 2 fatalities and the single death in 2013.

2015年、バリでは狂犬病はすでに12人もの命を奪っており、2014年の2人、2013年の1人と比べ、再び狂犬病(の発生件数)が増加傾向にある。

 

The latest case was reported on Monday, as a 24-year-old was suspected to have died from rabies after a puppy bit a finger on his left hand during June 2015. He died at Sanglah Hospital in Denpasar. “From the clinical symptoms and the fact that the patient had been bitten by a dog, we can conclude that he died of rabies,” head of Bali Provincial Health Agency, I Ketut Suarjaya, told The Jakarta Post on Tuesday.

最近の事例では、24歳の男性が2015年の6月に、左手の指を子犬にかまれた後に死亡し、狂犬病が疑われている、と月曜日に報告された。彼はデンパサールのSanglah Hospitalで死亡した。“臨床症状と、患者がイヌに咬まれているという事実から、我々は彼が狂犬病で死亡したと結論付けました。”バリ州保健局の局長であるI Ketut Suarjayaは、火曜日にJakarta Post紙にこう述べた。

 

Suarjaya said that rabies tests could not be conducted on Kartawan because the patient was experiencing seizures, therefore it was too risky to take his blood for the test.

Suarjayaは、狂犬病の診断はKartawanでは行うことができなかったと述べた。患者はてんかん発作を起こしており、診断のために採血を行うことは非常に危険を伴うものだったからである。

 

Since 2008 a total of 160 people have died from the disease, said the official. He said rabies has been rising again on the resort island since earlier in 2015. Prior to that the local government had boasted that the province would be free from rabies. “We should revise the target now,” Suarjaya acknowledged.

2008年以来、合計160名もの人々がこの疾病によって死亡している、と局長は述べた。彼は、2015年初頭から、バリ島で再び狂犬病が増加しつつあると述べた。地方自治体が、この地方は狂犬病清浄であると豪語する矢先の出来事である。“我々は今や、目標を見直すべきでしょう”とSuarjayaは認めた。

 

Data at the provincial husbandry agency showed that Bali has a population of 500,000 dogs. Of them, only 5 percent are properly nourished. although a further 70 percent are owned by residents, they are left to live as stray dogs. The remaining 25 percent do not have owners.

州農業機関のデータによると、バリには500,000頭のイヌがいる。そのうち、適切に飼われているのは5%に過ぎず、70%以上のイヌは住民によって飼われているが、彼らは放って置かれ、野良犬のように暮らしている。残る25%には飼い主がいない。

 

According to data at the provincial health agency, Bali recorded 4 cases of rabies in 2008. The figure increased to 28 the following year and climbed to 82 in 2010. In 2011 the number of rabies cases was down to 23, and then to 8 in 2012 following the launching of a mass animal vaccination program in Bali. For their achievements, the Bali provincial administration received awards from the World Health Organization (WHO) and the Food and Agricultural Organization (FAO) in 2013 for its success in preventing and mitigating rabies.

州保健当局によると、バリでは2008年に4件の狂犬病が報告されている。この数字は翌年には28件にまで増え、2010年には82件に上った。2011年には狂犬病事例の数は23件にまで減り、続く2012年にはバリで大規模な動物へのワクチネーションプログラムが立ち上げられたことから、(この数は)8件となった。この業績を受け、世界保健機関(WHO)と食糧農業機構(FAO)は2013年に、バリ州政府が行った狂犬病の予防および軽減の成功に対して賞を贈った。

 

Buleleng has the highest number of fatalities, with five victims, followed by Bangli, where 2 people have died. Other cases have been in Badung, Tabanan, Gianyar, Karangasem and Klungkung. Denpasar and Jembrana are free from the disease. “But now we cannot be sure that those 2 regions are rabies free. Everyone should remain alert,” Suarjaya said.

ブレレン県は5人の(狂犬病による)犠牲者という、最も多くの死者を出している地域であり、2名の死者を出しているバンリ県がそれに次いでいる。他の事例は、バドゥン県、タバナン県、ギャニャール県、カランガスム県およびクルンクン県でも起きている。デンパサール市とジュンブラナ県では狂犬病は発生していない。【訳者注:いずれもバリ州の県および市】“しかし今や、この2地域が狂犬病清浄であるとは保証できません。警戒を続けるべきでしょう。”とSuarjayaは語った。

 

To help curb the disease, Bali Governor Made Mangku Pastika has implemented a culling of wild dogs across the island, a policy that many NGOs and animal lovers have been criticizing. Responding to the critics, Pastika said that the Balinese were different from Europeans who nourished their pets properly and gave them regular vaccinations. In Bali, most people leave their dogs on the street without proper care.

この疾病を抑制するため、バリの知事であるMade Mangku Pastikaは、島中の野犬の淘汰を行ってきたが、この施策は多くのNGOと動物愛好家から批判を浴びてきた。この批判に対し、Pastikaは、ちゃんと動物に餌をやり、きちんとワクチンを打たせているヨーロッパの人々とバリの人々は違うのだと述べた。バリでは、ほとんどの人々が彼らのイヌの世話をせず、通りに放っておいている。

 

“Rabies must be eliminated because human life is more precious than dogs’ lives. We all love animals but what else can we do? We have to prioritize human life,” Pastika said.  [Byline: Ni Komang Erviani]

“人の命はイヌの命より尊いのであり、だからこそ狂犬病は撲滅しないといけません。我々はみな動物が大好きですが、他に何ができるでしょう?我々は人命を優先しなければなりません。”とPastikaは語った。

 

[When you have enzootic canine rabies, you cannot slack off, especially when 25 percent are ownerless strays. Bali is an island — which is an advantage, as dogs won’t swim across from another island. A high level of annual vaccination must be maintained until you have a number of years of which, with active surveillance, no new canine cases have been observed. And an absence of human rabies does not prove that there is no canine rabies, just that the latter might be low.

イヌの狂犬病が地方病としてあるなら、特に25%が、飼い主のいない野良犬である場合は、気を緩めるべきでない。バリは島である―イヌは他の島から泳ぎ渡ることができないため、これは利点となる。積極的な監視とともに、数年間にわたって毎年、ワクチン接種を高率に続けることができたなら、新たなイヌの狂犬病が見られることはないだろう。そして、ヒトの狂犬病が起こっていないということはイヌの狂犬病がないということを示すものではない。ただ、後者の発生が少ないだけなのだろう。

 

PageTop