Home >News > ProMED翻訳情報(411回) ~シリアで発生した狂犬病による人死亡事例~

ProMED翻訳情報(411回) ~シリアで発生した狂犬病による人死亡事例~

2015.10.12

RABIES – SYRIA: (DAYR AZ ZAWR) HUMAN, CANINE, REQUEST FOR INFORMATION
*********************************************************************

Date: Wed 5 Aug 2015   Source: Syrian News Center [in Arabic, trans. Mod.MM, edited]

 

Panic and anxiety have prevailed in the village of Algiaa — a western rural area of Dayr az Zawr [governorate] — after the death of a child previously diagnosed as [having contracted] rabies after being bitten by a rabid dog. One of his relatives became infected as well amid the severe shortage of medicines and appropriate vaccines in the whole western rural area of Dayr az Zawr.

デリゾール(またはダイルアッザウル)県西部の地方域(行政区域)のAlgiaa村では、狂犬病の犬に咬まれたのち狂犬病に感染したと診断された子供が死亡し、パニックや不安が広がりつつある。デリゾール県西部の地方全域では医薬品や適切なワクチンが不足している中、男児の親戚のうち一人も狂犬病に感染した。

[The described case must represent a much larger number of actual cases in Syria; since 2009, an upsurge of rabies has been reported from north eastern Israel on the border with Syria, in spite of the oral vaccination of wildlife applied within Israel’s borders. This has been found to be caused by the penetration of rabid stray dogs from Syria, infecting local pets (if unvaccinated) and susceptible domestic ungulates, particularly cattle, with the canine virus. Several cases involved wolves.

記載された症例はシリアで発生している、より多い実際の症例数のごく一部に違いない。イスラエルの国境で野生動物への経口ワクチン接種が行われているにもかかわらず、2009年以降、狂犬病の急増がシリアとの国境界であるイスラエル北西部で報告されている。これは、シリアから侵入した狂犬病感染野良犬、感染したイスラエル北西部のワクチン接種されていない飼育動物および犬の狂犬病ウイルスに感受性のある家畜有蹄動物、特に牛が原因であることがわかっている。狼も数件関与していた。

Most if not all of the cases on the northern frontier, with Syria and Lebanon, are caused by a rabies strain new to the country, designated V7. The importance of this strain is that dogs can both serve as a reservoir and also transmit the disease. This is in contrast to the fox strain (V1-V4), which was the major reservoir strain before introduction of the oral vaccination. The genetic strain V7 is genetically closely related to isolates obtained in 2007 in Turkey, where dogs are considered a reservoir of rabies. For more details.

シリアとレバノンとの北部国境では、すべての症例ではないが、ほとんどの症例は、この地域では新しいV7と表示された狂犬病ウイルス株により発生している。このウイルス株の重要性は犬が病原体保有者として、また病気を伝染させるものになりうるということだ。これは、経口ワクチンが導入される以前まで、主な病原体株であった狐のウイルス株(V1-V4)と異なる。このV7株は犬が狂犬病の病原体保有者と考えられているトルコで2007年に分離されたウイルス株に遺伝学的に極めて近い。

It may be assumed that the said strain is widely circulating in Syria, as well as in Lebanon.
Update of the rabies situation in Syria and Lebanon would be useful, though the political situation, particularly in Syria, may be an obstacle.

おそらく上記の株は、レバノンと同様に、シリア国内で広く存在していると考えられる。

シリアとレバノンの狂犬病の最新情況は、特にシリアの政治状況が障害になるかもしれないが、有益であろう。

PageTop