Home >News > ProMED翻訳情報(413回) ~ベトナムとインドネシアにおける狂犬病対策の現状(2題)~

ProMED翻訳情報(413回) ~ベトナムとインドネシアにおける狂犬病対策の現状(2題)~

2015.10.20

RABIES – VIET NAM, INDONESIA: FAILING CONTROL

*********************************************

[1] Viet Nam [2] Indonesia

 

******

[1] Viet Nam ベトナム

Date: 4 Aug 2015         Source: Tuoi Tre News [edited]

 

Ho Chi Minh City saw 16 410 people bitten by domestic animals and then inoculated against rabies during the first 6 months of 2015, with an average of 90 people given a rabies injection per day. Over 3600 of the victims were children, according to the Preventive Medicine Center of Ho Chi Minh City. More than 83 percent of the victims were bitten by dogs, and nearly 10 percent by cats.

ホーチミン市では、2015年初頭から6ヶ月間に16,410名が飼育動物に咬まれ、抗狂犬病ワクチン接種を受けた。これは1日平均90名が狂犬病ワクチン注射を受けたことになる。ホーチミン市の予防医療センターによれば、被害者の3,600名以上が子供であった。被害者の83%以上が犬による咬傷で10%近くが猫によるものであった。

 

A survey by the center showed that most domestic animals are kept as pets and left unleashed on streets and in public places.

そのセンターによる調査によれば、殆どの飼育動物はペットとして飼われているもの及び道路や公共の場所で放し飼いである。

 

All of the patients who were given rabies vaccination were healthy.

狂犬病ワクチンを受けたすべての患者は健常である。

 

Vietnam sees on average 300 000 people bitten by domestic animals per year, 40 percent of whom refuse to get vaccinated, although a dose of the rabies vaccine is cheap, around half a U.S. dollar.

ベトナムでは1年に平均300,000人が飼育動物に咬まれている。狂犬病ワクチン1回分の費用は安くおよそ50セント(usドル)なのに、その40%の人はワクチン接種を拒絶する。

 

As many as 26 people across the nation died of rabies during the first half of 2015, according to a report by the Department of Animal Health. The central province of Quang Nam had the most victims, with 4 dead. Rabies is considered a dangerous disease in Vietnam.

動物衛生局の報告によれば、全国で26名もの人が2015年の上半期に狂犬病で亡くなった。中部のQuang Nam省では、4名と最も多くの犠牲者を出した。狂犬病は、ベトナムでは危険な病気であるとみなされている。

 

In 1995, the nation had 410 deaths due to rabies. The number steadily fell until 2003, when only 34 deaths were reported. But the figure doubled in 2004. In recent years, Vietnam has had an average of 100 rabies deaths a year.

1995年には、この国における狂犬病による死亡者は410名であった。その数はほんの34名の死亡者が報告された2003年まで着実に減少した。しかし、2004年にその数は倍増した。近年、ベトナムでは年間に平均100名の狂犬病死亡者がある。

 

******

[2] Indonesia インドネシア

Date: 4 Aug 2015                                     Source: AAP [edited]

 

Human deaths from rabies in Bali are on the rise, and experts are worried by the knee-jerk response and the shortage of vaccine for post-bite treatment.

バリ島における狂犬病による人死亡者は増加している。専門家たちは膝蓋腱反射?(のような)狂犬病の再興及び曝露後治療のワクチンの不足を心配している。

 

As Australians made their winter retreats to Bali, unknown to them,hundreds of dogs were being poisoned and left to die in agony in the streets. The indiscriminate killing of the island’s ubiquitous canines follows a worrying upswing in human deaths from rabies. There have been 12 deaths so far in 2015 compared with only 2 in all of 2014.

オーストラリア人がバリ島へ避寒してくる時、彼らは知らないが、数百頭の犬が毒殺されていて、道でもがき苦しみ死んでいくのを放置している。バリ島の到る処にいる犬たちの無差別殺害は、人狂犬病死亡者増加の懸念を招いている。2014年の年間での死亡者たった2名と比較して2015年にこれまで12名の死亡者が出ている。

 

Experts are concerned not only by the panic culling, but the departure from the strategy proven to eliminate rabies, and the shortage in Bali of post dog-bite treatment.

専門家たちは、パニックを取り除くばかりでなく、狂犬病撲滅を検証した戦略からの離脱、狂犬病撲滅及びバリ島における犬咬傷後治療の不足について心配している。

 

Bali government teams are responding with mass vaccination of dogs,but in some areas, they are also poisoning scores at a time with strychnine darts. Photos on social media show some of the dogs left dead in the streets have collars, indicating they are vaccinated pets.Bali’s Animal Husbandry Department head Putu Sumantra says it’s necessary because of the high number of abandoned puppies and dogs.”That’s why, in places where cases are active, apart from vaccination,we’re also doing euthanasia,” he said.

バリ島政府チームは、犬に対する大規模ワクチン接種で対応しているが、しかし同時に場所によって、彼らはまた、ストリキニーネの矢による毒殺をしている。ソシアルメディアの写真では、通りで死亡放置された犬の何匹かは首輪の付いているのを示している。それらはワクチン接種をされたペットであるとことを示している。バリ島動物管理事務所長のPutu Sumantraは、それは捨てられた子犬や犬の数が多いため必要なのだと話している。「であるから、事例(狂犬病)が多発している場所において、一部ではワクチン接種に加えて安楽死処置も行っている。」と話している。

 

But the proven way to defeat rabies is by vaccination, not culling.Dogs that have been vaccinated against rabies — ideally 70 per cent of the dog population — are the best weapon in eradication. These dogs are then in the path of the virus, which will die out when there are no other dogs to catch it.

しかし、狂犬病を淘汰することを証明された方法はワクチン接種であり、殺処分することではない。狂犬病に対するワクチン接種をされた犬は、–理想的には犬集団の頭数の70%である。–(狂犬病)撲滅の最大の武器である。そこで、これらの犬は、狂犬病ウイルスの伝搬経路にいる。感染する犬がいなければ、ウイルス死に絶えるであろう。

 

Before 2015, mass vaccination was working. The human rabies toll declined from 23 in 2011, to 8 in 2012, and 1 in 2013. [And 2 in 2014.]

2015年以前、大規模なワクチン接種がおこなれていた。人狂犬病死亡者は、2011年の23名から2012年の8名、2013年の1名〔2014年は2名〕に減少した。

 

The UN Food and Agriculture Organisation has noted the change. “It is of concern to us that the vaccination strategy has not been carried out as effectively in 2014 as it was in previous years, in order to boost herd immunity to the level needed to cut transmission,” James McGrane of the FAO said.

国連食糧及び農業機関は、その変化に注目した。ワクチン接種戦略は、2014年にそれ以前の年のように、伝播を阻止するのに必要なレベルに集団の免疫を押し上げるほど効果的に行われなかったことは興味深い、とFAOのJames McGraneは話した。

 

The World Health Organisation is now investigating whether there’s a link between the spike in cases and Bali authorities’ decision to change the vaccine used on dogs. The WHO’s Dr Khanchit Limpakarnjanarat said for a period of 2014, the product used was not”pre-qualified”, or quality assured. But Mr Sumantra doubts the switch is responsible for the return of rabies. He also denies that budget issues are behind Bali’s shortage of post-bite treatment, which ideally should be given on the same day as a dog bite.

世界保健機構(WHO)は、(狂犬病)事例の急増とバリ島当局の犬へのワクチン使用に関する変更決定との間に関連があるかどうか調査している。WHOのDr Khanchit Limpakarnjanaratは、2014年1年間において、用いた(ワクチン)製品は事前検定なしかまたは品質は保証されたのかについて話した。しかし、Mr Sumantraは、その変更が狂犬病の再興の原因であると疑っている。彼は、また予算配布がバリ島の曝露後治療の不足の背景にあることを否定している。治療は理想的には犬に咬まれたその同日に行われるべきである。

 

Tourists have been forced to fly to Jakarta — or in the case of Australians, back home — for treatment. Sadly, locals don’t always get the right advice, or alternatives. Among this year’s victims was a 12-year-old boy who died a month after being bitten on the thigh. His family reportedly did not seek the life-saving vaccine.

旅行者は、治療のためにジャカルタに飛ぶことを強いられた。–またはオーストラリア人の場合には帰国する。 残念ながら、地方ではいつも正しいアドバイスや代替案を得られるわけではない。今年の犠牲者の中に、12歳の少年は太腿を咬まれて1ヶ月後に死亡した。彼の家族が報告したところによると、命を救うワクチンを見つけられなかった。

 

The FAO’s Mark Smulders says no person needs to die from rabies.”Prompt post-exposure vaccine treatment, following WHO guidelines, will save your life,” he said.

FAOのMark Smuldersは誰も狂犬病で死亡してもらいたくない、と話す。「WHOガイドラインに基づいた迅速な曝露後ワクチン治療はあなたの命を救うだろう。」と、彼は言った。

Among those who strove to get mass vaccination successfully under way in Bali was Janice Girardi. Now the Bali Animal Welfare Association president fields phone calls from villagers, distraught after discovering their dogs were poisoned in the night. “We were almost there, we were reducing human and dog rabies cases for years, using scientific methods, and high-quality and long-lasting vaccines,” she says. “Now we’re going back to what we know doesn’t work.”

バリ島において大規模ワクチン接種を成功させようと努力した人の一人がJanice Girardiである。現在、バリ動物福祉協会長は、夜間に犬が毒殺されたのを発見したあとに錯乱した村人たちからの電話に答えて、「もう少しのがまんです。私たちは数年のうちに科学的な方法、高品質で長期間持続するワクチンを用いて犬と人の狂犬病を減らそうとしている。今、私たちが活動していないと知ることに後退している。」と彼女は話している。

 

 

[The sad moral of these 2 accounts is the cost of not having an effective dog vaccination programme. And darting domestic pets with strychnine darts is guaranteed to remove all popular support and thus notification of possible rabid dogs. Without details of the numbers of dogs vaccinated on Bali in 2014, it is hard to judge the comments about a possible defective canine vaccine. But the overriding feel is of a cut-back in budget while basking in international congratulations. The lesson to be learned is that rabies rebounds very quickly and effectively unless significant vaccination pressure is maintained. And as we know very few dogs are totally ownerless — many of the apparent latter are in fact community dogs and individually recognised by their community.

この2件の話の悲しい教訓は、効果的な犬のワクチン接種プログラム費用がないことが原因である。ストリキニーネの吹き矢で飼育ペットを射ることは、すべての庶民の支持及び狂犬病犬かもしれない犬の届出を妨げるということを確信する。2014年におけるバリ島のワクチン接種犬の詳細な頭数の情報なしに、欠陥の可能性のある犬ワクチンについてコメントを判断することは困難である。しかし、もっとも重要に感じるのは、国際的な賞賛に浴している間の予算の縮小である。学んだ教訓は、有効なワクチン接種圧が持続しないなら、狂犬病はとても素早く甚大に再興するということである。私達は、全く飼い主がいない犬はほとんどいないことを知っているので、それらの多くは、事実上地域犬であり、彼らの社会で個々に認識されている。

 

PageTop