Home >News > ProMED翻訳情報(414回) ~ブラジルで発生したネコからの狂犬病曝露による人の死亡事例~

ProMED翻訳情報(414回) ~ブラジルで発生したネコからの狂犬病曝露による人の死亡事例~

2015.10.20

RABIES – BRAZIL: (RIO GRANDE DO NORTE, ex PARAIBA), HUMAN, FELINE EXPOSURE

**************************************************************************

Date: Tue 1 Sep 2015        Source: ProMED ESP [in Spanish, trans. Mod. JG, edited]

 

 

The Public Health Secretary (SESAP) in Rio Grande del Norte (RGN), confirmed the death of a 20-month old boy caused by rabies, which occurred on 30 Aug 2015. According to the agency, the boy lived in Paraiba and received medical care in the RGN public health network.

リオグランデ・ド・ノルテ州(RGN)の公衆衛生担当主事(SESAP)は20ヶ月例の男児が、2015年8月30日に狂犬病で死亡したことを確認した。当局によると、少年はパライバ州在住であるが、RGN州公衆衛生ネットワークで医療を受けた。

 

According to the Subcoordination for Animal Surveillance in SESAP (SUVAN), this case was confirmed last Fri 28 Aug 2015, after tests performed by Pasteur Institute in Sao Paulo. The patient was taken care of in the RGN healthcare network on 20 Aug 2015, when he was brought by his relatives to Monsenor Pedro Moura Hospital in Nova Cruz/RGN, after being bitten by a cat in Jacarau Municipality in Paraiba. When the patient was brought to the hospital, he was dehydrated, and he also was vomiting and had fever, dyspnea, and high blood pressure.

SESAP(SUVAN)の動物調査の副調整機関によると、今回に事例は、サンパウロにあるパスツール研究所で実施された検査の後、先週金曜日、2015年8月28日に確認された。その男児の患者はパライバ州のジャカラウ自治区で一匹の猫に咬まれたあと、Nova Cruz/RGNのMonsenor Pedro Moura病院に親戚により連れて来られ、2015年8月20日にRGN州のヘルスケアネットワークで診療を受けた。男児がその病院に連れてこられたときには、脱水しており、また、嘔吐や発熱、呼吸困難、高血圧を示していた。

 

According to SUVAN, the boy was referred on the same day to Varela Santiago Children’s Hospital in Natal, since he developed aggressiveness, irritability, and photophobia. Later, he was transferred to Gurgel Manfredo Monsenhoe Hospital, where a CT scan of his brain was performed, and he was admitted into the intensive care unit (ICU).

SUVANによると、その男児は攻撃性や、興奮性、光り恐怖症を発現していたので、当日のうちに州都ナタールにあるVarela Santiago Children’s Hospitalに差し向けられた。のちに、Gurgel Manfredo Monsenhoe病院に搬送され、脳のCT検査が行われ、集中治療室(ICU)に収容された。

 

SESAP reported that in Gurnel Walfredo Hospital, a protocol for treating human rabies was started for this patient, being the same protocol that was used in 2 other cases that survived the infection: one in Floresta, Pernambuco, Brazil in 2008, and the other in Milwaukee, USA, in 2004. The Secretary also reported the case to Paraiba State, who started investigating the place where the boy lived. Four additional persons had been bitten by the sick cat in Jacarau and also the child’s father.

SESAPは、Gurnel Walfredo病院で、これまで感染から生還した他の2例で使用されたのと同じヒトの狂犬病を治療するプロトコルでこの患者の治療を開始した、と報告した。生還したうち一例は2008年ブラジルのFloresta, Pernambucoで行われたもの、もう一例は2004年にアメリカのミルウォ−キーで行われたものである。主事はまたパライバ州にその事例を報告した。彼はその男児が住んでいた場所の調査を開始した。4人の新たな人々と男児の父親が狂犬病の猫に咬まれていた。

 

The last case of human rabies in RGN was reported in 2010 in Frutuoso Gomes city. At that time, the vector was a vampire bat. According to the State Program for rabies control in SESAP in 2015, 26 animal cases of rabies had been diagnosed in 14 municipalities. These are the following: Acari, Caico, Ceara Mirim, Encanto, Monte Alegre, Navidad, Pau dos Ferros, Pedro Velho, Santana Creek, San Fernando, Sao Gonzalo do Amarante, Serrinha dos Pintos, Teniente Ananias, and Varzeas. Affected animals were mainly cattle (12 cases) and non-hematophagous bats (9 cases). In addition to these animals, there was also one case of a dog affected by rabies in Caico. Other affected animals were pigs, one horse, and one fox.

RGNにおける最近の人狂犬病事例はフルトゥオーゾ・ゴメス市で2010年に報告された。その時の媒介動物は吸血コウモリだった。2015年におけるSESAPの狂犬病制御のための州の計画によると、14の自治体において26頭の動物が狂犬病と診断されていた。これらは以下の通りである。Acariおよび、Caico、Ceara Mirim、 Encanto、Monte Alegre、Navidad、Pau dos Ferros、Pedro Velho、Santana Creek、San Fernando、Sao Gonzalo do Amarante、Serrinha dos Pintos、Teniente Ananias、Varzeasである。感染した動物は主に牛(12例)及び、非吸血コウモリ(9例)だった。これらの動物に加えて、Caico市における狂犬病に感染した1頭の犬の事例もあった。その他の感染動物は数頭の豚と、1頭の馬、1頭のキツネだった。

 

 

[With thanks to my colleague Jorge Gonzalez in ProMED-ESP. According to the OIE records, Paraiba only reported one rabies outbreak in 2014, while its neighbour Rio Grande do Norte reported 21, involving 20 cattle, 2 horses, and one dog. In 2013, Paraiba reported 8 outbreaks involving 15 bovine cases, all in all a pattern typical of a vampire bat rabies reservoir. Cats play with sick bats and thus get infected. This newswire reports the infant’s fatal case but mentions nothing of any post-exposure treatment for the 5 other people bitten by this rabid cat.

ProMED−ESPの私の同僚ジョージ ゴンザレス氏に謝意を申し上げる。OIEの記録によると、パライバ州では2014年に狂犬病の流行は1度だけ報告された。一方、隣接するリオグランデ ドゥ ノルテ州では20頭の牛と2頭の馬及び、1頭の犬を含む21回の流行が報告された。2013年にはパライバ州では15頭の牛を含む8度の流行が報告された。全ての事例は(全て)吸血コウモリを媒介動物とする流行様式だった。猫は狂犬病を発症したコウモリと遊び、その結果感染する。このオンラインニュースは幼児の死亡狂犬病を報告しているが、この狂犬病の猫に咬まれた他の5人のいかなる曝露後発症予防処置についても何も述べていない。

PageTop