Home >News > ProMED翻訳情報(415回) ~アラスカ州で発生した飼い犬からの獣医療従事者の曝露事例~

ProMED翻訳情報(415回) ~アラスカ州で発生した飼い犬からの獣医療従事者の曝露事例~

2015.10.20

RABIES – USA (27): (ARKANSAS) CANINE, HUMAN EXPOSURE
****************************************************
Date: 6 Aug 2015         Source: The Cabin [edited]

A Greenbrier veterinarian went into emergency mode after discovering that a domestic dog from White County that bit him was rabid.

Greenbrierの獣医師は彼を噛んだWhite郡から来た飼い犬が狂犬病であったことを発見し緊急体制に入りました。

“It came in for an exam for weight loss and other symptoms,” said Dr. Carl Fulton of Faulkner County Veterinary Clinic in Greenbrier. “At first, the owner didn’t tell us about aggression. After I was bitten, we watched the dog and found it was neurologic, and the dog was having some changes that weren’t evident at the time.”

“それは体重減少や他の症状の検査のために来ました。”とGreenbrierのFaulkner郡獣医クリニックのDr. Carl Fultonは述べた。“最初は所有者が攻撃性について我々に告げませんでした。私が噛まれた後、我々は犬を観察し、それが神経症状であることを確認した。その時明白でなかったいくつかの変化がありました。”

He said the dog was not exposed in Faulkner County, and rabies in domestic animals is not terribly common. However, rabies exists locally. Rabies is more common in wild animals that have little to no contact with humans, Fulton said. When a domestic animal is infected, more humans are typically exposed through bites or saliva.

彼は犬がFaulkner郡で曝露されていなかった、そして飼育動物の狂犬病はほとんどいないと述べました。しかし、狂犬病は局在的に存在します。狂犬病は人間とほとんど接触のない野生動物ではより一般的です、とFultonは述べた。飼育動物が感染すると、より多くの人間が通常咬傷や唾液を介して曝露します。

The rabid dog that came to his office for an exam exposed about 10-12 people including Fulton and his staff. Fulton had a pre-exposure vaccine in veterinary school, so he received 2 additional vaccines after he was bitten.
His staff had to receive several vaccines in addition to immunoglobulin for immediate production of rabies antibodies.

検査のために彼の診療所に来た狂犬病の犬はFultonと彼のスタッフを含む約10-12名を曝露しました。Fultonは獣医学校で曝露前ワクチンを接種していたので、噛まれた後2回の追加接種を受けました。彼のスタッフは狂犬病抗体の直接の保持のための免疫グロブリンに加え何回かのワクチンを受けなければなりませんでした。

“The vaccine protocol is not as severe as it was in the past where as many as 48 shots had to be given, mainly in the stomach,” Fulton said.
“Thank goodness it’s not that bad anymore.”

“ワクチン接種手順は過去にあったように、48回ほどを主に腹部に接種するほど厳しくない。”とFultonは述べた。

“感謝することに、今はそんなに悪く無い。”

Fulton said rabies can be prevented in domestic animals with a rabies vaccine either yearly or every 3 years.

Fultonは、狂犬病は狂犬病ワクチンを毎年または3年毎のいずれかで接種された飼育動物で予防できると述べた。

“It’s state law that all domestic cats and dogs get vaccinated on a regular basis,” he said.

“すべての飼育している猫と犬に定期的に予防接種させることは州の法律だ”と彼は述べた。

According to the Arkansas Department of Health (ADH), skunks are the most common reservoir for rabies in Arkansas. In 2014, 109 skunks tested positive for rabies.

Arkansas州保健衛生局 (ADH)によると、スカンクはArkansas州における最も一般的な 狂犬病病原体の保有宿主です。2014年には、109頭のスカンクが狂犬病陽性と診断された。

Bats are the 2nd most common carrier of rabies in Arkansas, and 34 tested positive for rabies in 2014.

コウモリはArkansas州において2番目に多い狂犬病保有宿主であり、2014年には34頭が狂犬病陽性と診断された。

In Faulkner County, 1 skunk tested positive for rabies in 2014, accounting for one of 151 positive rabies tests in Arkansas. Pulaski County had the highest number of positive results with 21 positive rabies results in 2014.

Faulkner郡では、2014年には1頭のスカンクが狂犬病陽性であり、Arkansas州における151件の狂犬病陽性検体の一つを占めました。

1 human was infected with rabies in the U.S. in 2014.

2014年に米国で1人が狂犬病に感染しました。

The case, which was detected in Missouri, was fatal and spurred follow-up interviews with 2 people from Independence County in Arkansas. ADH found no risk of transmission in either Arkansas resident.

Missouri州で発見された症例は致命的であり、Arkansas 州Independence郡在住の2名の追跡インタビューの動機となった。ADHはArkansas州のどちらの住民にも伝播のリスクを認めませんでした。

Fulton said all of his staff successfully completed the postexposure treatment following the bite on 2 Jul 2015, and the ADH recommended those vaccines for everyone who was exposed.

Fultonは彼のスタッフ全てが咬傷による曝露後治療を2015年7月2日に首尾良く完了し、ADHは曝露されたすべての人のためにこれらのワクチンを勧める、と述べた。

ADH recommends washing wounds well with soap and water and applying antiseptic in the event of an animal bite.

ADHは動物による咬傷の際に石鹸と水でよく洗浄し消毒することを推奨します。

Though rabies is uncommon in dogs, cats and ferrets in the U.S., an animal that bites a human should be quarantined for 10 days.

狂犬病は米国においてイヌ、ネコ、フェレットでは珍しいですが、人を噛んだ動物は10日間隔離されるべきです。

“If a dog is healthy 10 days after it bit someone, you don’t have to worry about it being rabid,” Fulton said, adding that rabies can be difficult to recognize in animals because symptoms can range from severe aggression to severe lethargy.

“イヌが誰かを噛で10日後に健康であるなら、あなたはそれが狂犬病であることを心配する必要はありません、”とFultonは述べ、狂犬病は症状が激しい攻撃から重度の無気力まで様々であり動物で見分けることは困難だと付け加えました。

He said the owner of the rabid dog that bit him elected to have the dog euthanized and tested. The result was positive for rabies.

彼を噛んだ狂犬病のイヌの所有者はイヌを安楽死させ、検査することを選んだと彼は述べた。結果は狂犬病陽性でした。

“The most important thing is to make sure you have all your animals vaccinated,” Fulton said. “There’s no huge outbreak, but it is out there.”[Byline Jessica Booker]
“最も重要なことは、あなたのすべての動物がワクチン接種を行っているかを確認することです、“とFultonは述べた。

“大流行はないが、それは他にある。”


[Arkansas has its rabies rules.

 [Arkansas州には狂犬病規則があります。

Dogs and cats should be vaccinated by 4 months of age.

犬や猫は、生後4カ月までにワクチンを接種せねばならない。

In high-risk jobs, such as a veterinary medicine, individuals should have their titer checked every 2 years to ensure they are maintaining their protective level.

獣医療のようにリスクの高い仕事では、彼ら自身の保護レベルを維持していることを確認するために個人が自分の力価を2年毎にチェックすることが必要です。

Hopefully all exposed individuals will be all right.
うまくいけば、すべての曝露した人々は感染を免れるでしょう。

PageTop