Home >News > ProMED翻訳情報(417回) ~ミズーリ州で発生した飼犬からの狂犬病曝露(コウモリ由来)~

ProMED翻訳情報(417回) ~ミズーリ州で発生した飼犬からの狂犬病曝露(コウモリ由来)~

2015.11.10

RABIES – USA (30): (MISSOURI) BAT, CANINE, HUMAN EXPOSURE
*********************************************************

Date: Mon 14 September, 2015    Source: Southeast Missourian [edited]

 

The Missouri Department of Health and Senior Services has issued a rabies alert in Bollinger County after the positive identification of infected animals. A bat and a domesticated dog in Bollinger County both tested positive for rabies, prompting the 6-month alert.

ミズーリ州Health and Senior Services局は感染動物の陽性結果を受けてボリンガー郡に狂犬病の警告を発令した。ボリンガー郡のコウモリ一匹と飼育犬一頭の両方が狂犬病陽性と診断され、6か月間の警告を促した。

 

Individuals who had been exposed to the infected dog are receiving precautionary preventative treatment for the disease.

感染したイヌの暴露を受けた人達は、病気に対する予防的治療受けている。

 

The alert applies only to Bollinger County, but surrounding counties have taken note and are being more cautious. “We’re just being very watchful,” Madison County Health Department’s Becky Hunt said Monday.

警報はポリンジャー郡にのみ向けてのものだが、周辺の郡も注意し、より用心深くなっている。『我々はまさに大変注意深くなっている』マジソン郡保健所のBecky Hunt氏は月曜日に語った。

 

Stoddard County Public Health director Debbie Pleimling said her office is taking care to stay abreast of the situation. “We’re aware of what Bollinger County is doing; I talked to them yesterday,” she said Monday. “Fingers crossed it doesn’t move down here, but we’re aware, and we’re on the lookout.”

ストッタード郡公衆衛生局長のDebbie Pleimlingは、彼女のオフィスが状況に後れを取らないように気を配っていると語った。「我々はBollinger郡が行っていることを知っている;私は昨日彼らと話した。」、と月曜日に彼女は語った。「それがここに留まらないことを祈るが、我々は分かっており、警戒している。」

 

Vanessa Landers, communicable disease coordinator for Cape Girardeau County Public Health Department, said although they regularly receive animal submissions, there hasn’t been a confirmed case of rabies in Cape Girardeau County for about a year. “We encourage people to get those [animals] tested if they do find one, due to the possibility that it would test positive,” she said.

ケープジラード郡の公衆衛生局伝染病調整官のVanessa Landers氏は、彼らは動物の提供を定期的に受けているが、およそこの一年間ケープジラード郡に狂犬病と確定された症例はなかった、と語った。『陽性となる可能性の一症例を見つけるために(動物たちを)検査することを推奨する』と彼女は語った。

 

Bollinger County Health Department administrator Juanita Welker urged residents to be vigilant against odd-acting or wild animals. “Pet owners need to understand how close the threat of rabies is to their families,” Welker said. “It’s often as close as the skunk that walked through the backyard.”

ボリンジャー郡衛生局管理者のJuanita Welker氏は住民に対し、おかしな動きや野生の動物に対して注意をするよう呼びかけた。『狂犬病の脅威が自身の家族にどれほど近くにあるのか、ペットのオーナーに理解してもらう必要がある。』、とWelker氏は語った。『それは裏庭を歩くスカンクのようにしばしば身近である。』

 

“Rabies is not just a problem in Bollinger County,” Welker said. “It can be found in any county in Missouri. Over the past 10 years, Missouri has averaged about 50 rabid animals annually, and that’s just the tip of the iceberg. This number includes only those animals tested because they either bit a person or someone’s pet — there were undoubtedly many more rabid animals that went undetected. Most of the animals found to be rabid during this time period were bats and skunks, but the total also includes cats, dogs, cattle, horses and 1 goat.”

『狂犬病はボリンジャー郡だけの問題ではない』、とWalker氏は語った。『狂犬病はミズーリ州のどの郡でも認められる。過去十年以上、ミズーリでは毎年平均約50例の狂犬病の動物があり、それはまさに氷山の一角です。この数はヒトや誰かのペットをかんだために検査された動物数だけを含んでいる。未検出のさらに多くの狂犬病の動物がいたことに疑いの余地はない。この期間中に狂犬病とされた最も多い動物はコウモリとスカンクだったが、全体的には猫、犬、牛、馬とヤギ一頭も含んでいる。』

 

Landers also pointed out rabid animals are taken seriously by health departments, as the disease poses a grave threat to humans. “Rabies is fatal in humans. There are very few people who have survived, and even those who are lucky enough to survive often have serious long-term effects,” she said, adding some might even consider patients unlucky to have survived. But cases in humans aren’t common, and the risk of infection varies from person to person. “It depends on that person’s activities,” she said. “If a person’s in the woods and has exposure to wild animals, that’s a problem.”

Landers氏はまた、狂犬病が人へ重大な脅威をもたらすので、狂犬病の動物は保健所によってしっかりと扱われている、とも指摘した。『狂犬病はヒトにとって致死的だ。生還者はわずかだ。そして幸運にも生還した患者でも深刻で長期間にわたる影響が残る。』、と生還に対しも不運を考慮されることを付け加えて彼女は語った。しかしヒトの症例は一般的ではなく、ヒトからヒトへの感染リスクは多様だ。『その人(感染者)の行動力に依存している。』と彼女は語った。『もしある人が森にいて野生動物から暴露を受けるならば、問題である。』

 

A Missouri man contracted rabies from an untreated bite wound from an infected bat and later died in November 2008.

あるミズーリ州の男性は感染したコウモリからの咬傷を無処置にしたところから狂犬病に感染し、のちの2008年11月に亡くなった。

 

Domestic animals typically are vaccinated against rabies but not always. Landers encouraged pet owners to be responsible and diligent in vaccinating their pets. “If you have animals, they need to be properly cared for. They need to be vaccinated,” she said, “not just for other people’s well-being, but for the owners’ as well.”

飼育動物は通常狂犬病に対するワクチン接種を受けているが、常にではない。Landers氏は、ペットの飼主に自分のペットに対して責任を持ってまじめに予防接種を実施することを奨励した。『もしも動物を飼ったなら、動物は適切なケアを受けるべきだ。動物たちには、飼い主のためだけでなく、他人の幸福のためにおいても予防接種が必要だ』と、彼女は語った。

 

The Banner-Press contributed to this report.   [Byline: Tyler Graef ]

バナー紙はこのレポートに貢献した。

 

It is is best to assume that bat rabies exists in most parts of every state; it is just that other states are not all as enthusiastic as Texas in demonstrating this risk, plus there is a cost involved. So unless there is a grad student striving for his/her PhD on this topic, most infected bats are discovered as a result of a human exposure or of a domestic pet playing with a sick bat. – Mod.MHJ

ほとんどすべての州にコウモリの狂犬病が存在すると考えるのが自然だ。この危険性を提示した時、テキサスほどほかの州すべてが積極的ではないことには費用が関係している。したがって、この話題で博士号取得に努力している院生でもいない限り、ほとんどの感染したコウモリはヒトへの暴露または病気のコウモリが家庭のペットのおもちゃとして発見されることになる。

PageTop