Home >News > ProMED翻訳情報(418回) ~サウスカロライナ州で発生したキツネからの狂犬病曝露~

ProMED翻訳情報(418回) ~サウスカロライナ州で発生したキツネからの狂犬病曝露~

2015.11.10

RABIES – USA (31): (SOUTH CAROLINA) FOX, HUMAN EXPOSURE
*******************************************************

Date: Tue 15 Sep 2015     Source: The News & Reporter [edited]

Person exposed to rabies after fox attack

 キツネの攻撃後のヒト狂犬病暴露
—————————————–
One person has been referred to their health care provider for consultation after being exposed to rabies in the Great Falls area of Chester County [South Carolina] by a fox that tested positive for the disease, the Department of Health and Environmental Control reported
on Monday [14 Sep 2015].

 ある人物が医療提供者にチェスター郡(サウスカロライナ州)のグレートフオールズで狂犬病陽性と診断されたキツネによって暴露されたことについて相談を持ちかけた、と同州健康環境管理局が月曜日(2015.9.14)に報告した。

The exposure occurred on Thursday [10 Sep 2015]. The victim was attacked and bitten by the fox while in their yard. The fox tested positive for rabies the following day.

 暴露は木曜日(2015.9.10)に発生している。犠牲者は自宅の庭でキツネに襲われ咬まれた。当該キツネは翌日狂犬病陽性と診断された。

[Chester County had one confirmed case of raccoon rabies in 2014; none in 2013; a raccoon in 2012; a fox and a raccoon in 2011; and a skunk and a raccoon in 2010

 チェスター郡では2014年にアライグマ1例、2013年0例、2012年にアライグマ1例、2011年にキツネとアライグマ各1例、2010年にスカンクとアライグマ各1例が狂犬病と確定している。

The commonest animals in South Carolina diagnosed with rabies are raccoons, followed by skunks and foxes, and bats. – Mod.MHJ

 サウスカロライナで狂犬病と診断される最もありふれた動物はアライグマで、以下スカンク、キツネ、そしてコウモリが続く。

PageTop