Home >News > ProMED翻訳情報(419回) ~モンタナ州で発生したスカンクからの狂犬病曝露~

ProMED翻訳情報(419回) ~モンタナ州で発生したスカンクからの狂犬病曝露~

2015.11.10

RABIES – USA (32): (MONTANA) SKUNK, HUMAN EXPOSURE
**************************************************
Date: Fri 18 Sep 2015   Source: Missoulian [edited]

Missoula County placed under rabies quarantine; skunk bit woman
 Missoula郡は、狂犬病検疫状態下にある。;スカンクが女性を咬む
—————————————————————
The Montana Department of Livestock has placed Missoula County under a rabies quarantine after an infected skunk bit a woman last Wednesday
[9 Sep 2015].

 モンタナ州畜産部局は、先週水曜日(2015年9月9日)感染したスカンクが女性を咬んだ後にMissoula郡を狂犬病検疫状態とした。

It is the 1st time in nearly 2 decades that a case of terrestrial –non-bat — rabies has been found in the county. The quarantine was implemented on [14 Sep 2015] and will last 60 days. All dogs, cats and ferrets must have current rabies vaccinations for a minimum of 28 days prior to travel outside the county.

 約20年間で陸生の狂犬病が–コウモリでない–その郡で認められた初めての事例である。検疫は、2015年9月14日に実施され、60日間継続されるだろう。すべての犬、ネコ及びフェレットは、その郡の外へ出かける最低28日前までに最新の狂犬病ワクチン接種をしなければならない。

The woman was walking in the Harpers Bridge Road area west of Missoula when she was bitten [9 Sep 2015]. “The skunk that bit her was acting very abnormally and aggressively,” said Missoula County Environmental Health Director Jim Carlson.

 その女性は、咬まれたとき(2015年9月9日)Missoula西部地域のHarpers Bridge Roadを歩いていた。「彼女を咬んだスカンクは、とても異常で攻撃的な行動をしていた。」とMissoula郡環境衛生部長のJim Carlsonは話した。

The next day, a neighbor submitted a skunk for testing that he
captured after it had an encounter with one of his dogs. The results
were positive.

 その翌日、近隣住民はスカンクが彼の飼い犬の1頭と出くわしたあとに捕獲し、検査のために提供した。その検査結果は、陽性であった。

Carlson said officials have no idea whether the skunk that was captured was the same one that bit the woman, so Missoula County Animal Control officials are trying to trap all skunks in the area for testing. “There’s a really good chance that was the one, but we’re not 100 percent (positive),” said Missoula County Animal Control Supervisor Jeff Darrah. “We have some traps out there, but so far we haven’t caught any.”

 Carlsonはこう話した。官吏たちはその捕獲されたスカンクがその女性を咬んだものと同じスカンクなのかどうかわからない、そこで、Missoula郡動物管理事務所員は、その地域のすべてのスカンクを検査のために罠で捕まえようとしている。「それは一つの本当に良い機会であるが、私たちは100%(積極的)ではない。」とMissoula郡動物管理事務所スーパーバイザーのJeff Darrahは、話した。「私たちはその周辺にいくつかの罠を仕掛けたが、しかし、それ以上なにも捕まらなかった。」

Carlson said the bite victim has begun the rabies post-exposure treatment, and notification has been given to area residents. “She is receiving rabies immune globulin plus normal vaccination,” Carlson said. “Ordinarily, when it’s a human or animal being immunized, it
takes about 28 days to build up enough antibodies to be effective. So blood is taken from an animal that has been infected and they concentrate the immune material and give you that so you develop your own immunity. You are using antibodies from somebody or something else.”

 Carlsonによれば、咬まれた被害者は、狂犬病曝露後処置を開始された。そして、それは地域住民に告示された。「彼女は、狂犬病免疫グロブリンに加えて通常ワクチンを接種している。」「通常、人や動物が免疫されているとき、十分に有効な抗体が産生されるまで約28日間を要する。」だから、感染させた動物が免疫物質を濃縮した血液を採取して、あなたに投与することにより自身の免疫を発現させる。あなたは、誰かからまたその他のものからの抗体を使用している。」

Carlson said the victim is doing fairly well, all things considered,and should make a full recovery. [“Recovery” from what? Symptoms had not appeared. I think he means that the vaccination should successfully prevent disease. – Mod.MHJ] “She started the treatment
well within the window of need and there should not be any problems,”he said.

 Carlsonによれば、被害者は概ね健康で、すべてのことが考慮され、全快するだろう。[「回復」って何から?症状は現れていない。彼は、ワクチン接種が病気の発病を首尾良く防ぐだろうということを言いたかったのだろう。- Mod.MHJ]
「彼女は、必要十分な治療を始めた、そして全く問題はない。」と彼は話した。

The Department of Livestock and Animal Control are working together on the management of exposed domesticated animals.

 畜産及び動物管理部局は、暴露された飼育動物の管理に関しても共に担当している。

Four privately owned dogs and one colony of 15 to 20 feral cats appear to have been exposed so far. Three of the 4 dogs were past due on rabies vaccinations and will be placed under a 6-month quarantine. “A long quarantine period is inconvenient and can be expensive for the
owner,” said assistant state veterinarian Tahnee Szymanski. “In contrast, currently vaccinated animals only require a booster vaccination and a brief observation period.”

 4頭の個人所有犬と15~20頭の野生化した1集団の猫がこれまでに曝露されたと思われる。4頭のうち3頭の犬は、狂犬病ワクチン接種時期を過ぎており、6ヶ月の検疫下におかれる。「長期間の検疫は、飼い主にとって不便でありまた費用がかかりすぎる。」、と州獣医師補佐のTahnee Szymanskiは話した。「対照的に現在有効なワクチン接種をされた動物は、追加ワクチン接種と短期間の観察のみが要求される。」

The feral cat colony will be live-trapped and euthanized because of the difficulty of managing and quarantining wild or feral populations exposed to rabies. There is also the potential risk to human health and other animals if the spread of rabies is not controlled, Szymanski said.

 野生化した猫の一群は、狂犬病に曝露された野生や野生化した群を管理または検疫することは困難なことから、罠で生け捕りにされ安楽死されることになるだろう。もし、狂犬病の拡大が制御できない場合、人の健康や他の動物に対する潜在的危険性もある。とSzymanskiは話した。

“This incident highlights the importance of keeping your pet’s rabies vaccinations up-to-date,” Carlson said.

 「この事例は、あなたのペットの狂犬病ワクチン接種を常に更新し続ける重要性を浮き彫りにした。」、とCarlsonは述べた。

County health regulations require that all dogs, cats and ferrets older than 3 months be vaccinated against rabies and re-vaccinated at appropriate intervals.

 郡の衛生規則では、生後3ヶ月齡以上のすべての犬、猫及びフェレットは、狂犬病ワクチン接種及び適当な間隔での追加接種を定めている。

Lora O’Connor, executive director of the Humane Society of Western Montana, said that when her shelter 1st received the order, it had to stop people from adopting animals. However, shelter officials spoke with Animal Control and are now allowing adoptions, as long as pets are kept in the county for 60 days. “All of our animals are vaccinated against rabies with the exception of kittens under 3 months of age,” she said. “It’s business as usual as long as they don’t bring them out of the county.”

 西モンタナ州愛護協会の理事長であるLora O’Connorは、彼女のシェルター
は最初に指示を受けた時に、動物を里子に出すことを人々に止めさせるべきであった、と述べた。しかし、シェルター職員は動物管理部と話し合い、郡内に60日間据え置く限り、現在では里子を受け入れている。「我々の動物すべては、3ヶ月齡以下の子猫を除いて、狂犬病に対してワクチン接種を行っている。それは、動物たちが郡外へ連れ出されない限り平常の業務である。」、と彼女は話した。

Rabies is a fatal viral disease that is spread through the bite of infected mammals. It is nearly 100 percent preventable in domestic animals through the vaccine. A typical series for a dog or cat includes an initial 3-month vaccination, a one-year vaccination and subsequent doses every 3 years.

 狂犬病は感染した哺乳類の咬傷によって伝播される致死的なウイルス性疾患である。狂犬病は、飼育動物へのワクチン接種によりほぼ100%予防可能である。犬または猫へのワクチンの典型的な接種方法は、初回を3ヶ月齡で、1歳齡で追加接種し、その後は3年毎に1回接種する。

Historically, rabies in western Montana is seen almost exclusively in bats. The last documented case of non-bat rabies west of the Continental Divide was a single skunk in Missoula County in November 1996. “We always have endemic rabies in the bat population here
because bats are migratory,” Carlson said. “We’ve had situations where people thought they didn’t need vaccinations for their cats because they never leave the house, but then a bat gets in the house. It’s a very serious disease and people need to keep pets vaccinated to
protect their family.”[Byline: David Erickson] 

 歴史的に、西モンタナ州の狂犬病は、通常もっぱらコウモリにみられた。大陸分水嶺西側でコウモリ以外の狂犬病で最後に記録された事例は、1996年11月のMissoula郡における1頭のスカンクのものである。「コウモリが移動性であることから、ここのコウモリ集団のなかにいつも風土病としての狂犬病がある。「 コウモリは家の中へも入ってくるのに、猫は外へ出ていかないので猫には狂犬病ワクチンが必要ではないと考えている人々がいる。」「狂犬病はとても重篤な病気であるので、家族を守るためにペットにワクチンを接種し続けることが必要である。」、とCarlsonは述べた。


[If bat rabies is the most commonly seen, it would be of value for this skunk isolate of rabies virus to be genetically typed to see if it is a simple overflow from bats, or a skunk strain in its own right. –
Mod.MHJ

 もし、コウモリの狂犬病が最も一般的に見られるなら、ウイルスが単にコウモリから溢れ出したものなのか、独立したスカンク株なのかを調べるために、狂犬病ウイルスのこのスカンク分離株を、遺伝学的に型別することは有意義である。

PageTop