Home >News > ProMED翻訳情報(421回) ~ギニアで発生した子犬の狂犬病~

ProMED翻訳情報(421回) ~ギニアで発生した子犬の狂犬病~

2015.11.10

RABIES – FRENCH GUIANA: CANINE, HUMAN EXPOSURE, REQUEST FOR INFORMATION
***********************************************************************

Date: Tue 1 Aug 2015  Source: France-Guyane [in French, trans. CopyEd.LMI, edited]

Yesterday [31 Jul 2015], the Pasteur Institute in Paris confirmed a case of rabies in a 6-month old puppy living in Cayenne. The animal was hospitalized on 21 Aug 2015 at a veterinary hospital for nervous symptoms. He died the following night. 16 people in contact with the dog were sent to the anti-rabies center at the hospital in Cayenne.The Director for Food, Agriculture and Forestry (Daaf) continues to investigate to discover the origin of the infection. He reminds people of the following guidelines:
– any sudden death of a domestic animal with no identified cause should be reported to a veterinarian;
– any dog, cat, monkey, bat, or other animal bite should be reported to the Daaf;
– early vaccination (starting at 3 months) of domestic animals, with a yearly booster shot is required.

 昨日、(2015年7月31日)パリのパスツール研究所は、Cayenneに住む6ヶ月齡の子犬の狂犬病症例を確認した。その動物は、2015年8月21日に神経症状のため獣医科病院に入院した。その犬は翌日の夜に死亡した。その犬と接触した16名の人がCayenneにある病院の狂犬病センターに送られた。食料、農業及び林業長官(Daaf)は、感染源の調査を続けている。彼は、次のガイドラインを市民に確認している。
-すべての飼育動物の原因不明の突然死の場合は獣医師に報告するべきである。
-すべての犬、猫、猿、コウモリ、その他動物に咬まれたらDaafに報告すべきである。
-飼育動物に対する早期ワクチン(3ヶ月齡スタート)及び毎年の追加接種が必要である。
(校正者:原文中に表示されている死亡した子犬の入院時期がおかしい)

As a precaution, a lot more will be done to catch stray animals in the neighborhood and the entire area comprising the Zephyr bypass,Montabo, and Baduel roads, and Saint-Antoine path.

 予防措置として、Zephyr 迂回路,Montaboと Baduel街, および Saint-Antoin小路からなる全域とその近隣で放浪動物を捕獲するために、より多くのことが行われるだろう。

[According to French Guiana’s reports to the OIE, rabies has been absent there in domestic animals since 2003 and in wildlife since 2009.

 OIEへの仏領ギアナの報告によると飼育動物の狂犬病は2003年より、また野生動物の狂犬病は2009年より発生していない。

According to Ref 1 below, on 28 May 2008, the French National Reference Center for Rabies (Institut Pasteur, Paris) confirmed the rabies diagnosis, based on hemi-nested polymerase chain reaction on skin biopsy and saliva specimens from a Guianan, who had never travelled overseas and died in Cayenne after presenting clinically typical meningoencephalitis.

 下の参考論文 1によれば、2008年5月28日にフランス国立狂犬病レファレンスセンター(パスツール研究所、パリ)が、海外旅行経験が無く臨床的に典型的な髄膜脳炎を呈して死亡したギアナ人患者からの皮膚バイオプシー検体及び唾液検体からhemi-nestedPCRにより狂犬病診断を確認した。

>From the Author Summary:

“Until 2008, rabies had never been described within the French Guianan human population. Emergence of the 1st case in May 2008 in this French Overseas Department represented a public health event that markedly affected the local population, healthcare workers, and public health authorities. The anti-rabies clinic of French Guiana, located at Institut Pasteur de la Guyane, had to reorganize its functioning to handle the dramatically increased demand for vaccination. A rigorous epidemiological investigation and a veterinary study were conducted to identify the contamination source, probably linked to a bat bite, and the exposed population. Communication was a key factor to controlling this episode and changing the local perception of this formerly neglected disease. Because similar clinical cases had previously been described, without having been diagnosed, medical practices must be adapted and the rabies virus should be sought more systematically in similarly presenting cases. Sharing this experience could be useful for other countries that might someday have to manage such an emergence.”

著者の要約から

 2008年まで狂犬病は、仏領ギアナの人たちの間で話題になることはなかった。2008年5月の初発例について、このフランス海外領省は、地域住民及び医療従事者や公衆衛生専門家に明らかに影響を与えた公衆衛生の出来事を表明した。
仏領ギアナにおける狂犬病診療所はパスツール研究所ギアナ支所にあり、ワクチン接種需要の激増に対する制御機能を持たせるための改組が必要であった。詳細な疫学調査と獣医学的な研究が、多分コウモリの咬傷に関連して人々へ感染する、感染源を解明するために行われた。情報伝達は、挿話をコントロールし、この以前無視していた病気に対する地方の認識を変えるための重要な要因である。類似の臨床症例が診断されることなしに過去に記載されているので、医学的治療は改正されなければならず、類似した症状を呈する症例の場合、狂犬病ウイルスはもっと系統的に検索されるべきである。いつの日かこのような発生を管理しなければならなくなるかもしれない他の国々にとって経験の共有はとても有用であろう。

Results of the investigation into the source of infection of the 6-month old domestic dog reported above are anticipated with interest.

 上記に報告された6ヶ月齡の飼育犬の感染源に関する調査結果が、興味深く期待される。

PageTop