Home >News > ProMED翻訳情報(422回) ~ペンシルベニア州で発生したねこからの狂犬病曝露事例~

ProMED翻訳情報(422回) ~ペンシルベニア州で発生したねこからの狂犬病曝露事例~

2015.11.20

RABIES – USA (29): (PENNSYLVANIA) FELINE, HUMAN EXPOSURE
********************************************************
Date: Sat 12 Sep 2015   Source: The Daily Review [edited]

On Dietz Road in Wilmot Township, Bradford County, a feral cat was located under a car. The owner went to get inside the car, and the cat jumped out from under the car and bit her on the leg and arm. The owner’s daughter was bitten on the arm while attempting to help her mother. The cat tested positive for rabies at the Pennsylvania Veterinary Laboratory in Harrisburg, PA.

 一匹の野生化した猫が、ブラッドフォード郡にあるWilmot Townshipの、Dietz Roadに停められた車の下にいた。その持ち主が車の中に入ろうとしたとき、その猫は車の下から飛び上がって、彼女の足や腕に咬み付いた。母親を助けようとして、その娘も腕に咬みつかれた。ハリスバーグにあるペンシルバニア州立の獣医学研究室で、その猫は狂犬病陽性と診断された。

There are no confirmed cases of domestic animals that were exposed to the cat. Two people are receiving rabies prophylaxis.

 飼育動物がその猫に曝露されたかは確認されていない。この二人は、狂犬病の予防措置を受けている。

Pennsylvania law requires all dogs and non-feral cats to be vaccinated against rabies within 4 weeks after the date the dog or cat attains 12 weeks of age. Unless otherwise indicated by the directions of the vaccine manufacturer, a booster vaccination shall be administered between 12 and 14 months from the date of the initial vaccination. The animal shall then be subsequently revaccinated on an ongoing basis in accordance with the directions of the vaccine manufacturer. Failure to comply with the law may result in a fine of up to USD 300.

 ペンシルバニア州の法律では、全てのイヌと飼われているネコに、それらが12週齢になってから4週間以内に抗狂犬病ワクチンを受けるよう求めている。ワクチンのメーカーによって特に指示されていない限り、追加接種は最初のワクチン接種日から12~14ヵ月後の間に行われることになっている。その後、ワクチンメーカーの指示により、動物へのその後のワクチン接種が決定されることとなる。この法律に違反すれば、300USドルの罰金が科せられる。

[With post exposure prophylaxis, these people should be fine.

 暴露後の予防措置により、これらの人々は元気でいられるだろう。

Animal bites should always be reported to the medical authorities and to proper legal authorities if it is a wild or unknown animal. Rabies is almost always fatal. The age of the animal is no indication that an animal may or may not have rabies.

 動物の咬みつき事故は、もしそれが野生動物か、あるいは未確認の動物によるものであるならば、常に医療従事者および適切な法律の専門家に報告されるべきである。狂犬病はほとんどの場合致死的である。動物の年齢は、それが狂犬病に罹っているか、または罹っていないかを示すものではない。

Vaccinating your animals (cats, dogs, horses, show animals) helps build a protective wall between the disease and yourself.

 あなたの飼っている動物(ネコ、イヌ、馬、展示動物)にワクチンを受けさせることは、疾病とあなた自身との間に防護壁を打ち立てる助けとなる。

Hopefully, the veterinarians in the community will organize a rabies drive to make people aware of the dangers and to get all pets vaccinated. – Mod.TG

 願わくば、地域の獣医師は、人々に危険を気付かせ、全てのペットにワクチン接種を受けさせるために、狂犬病の運動を組織化して下さい。

PageTop