Home >News > ProMED翻訳情報(424回) ~ロシアにおける狂犬病発生状況~

ProMED翻訳情報(424回) ~ロシアにおける狂犬病発生状況~

2015.11.20

RABIES – RUSSIA (02): (TULA) ANIMAL, REQUEST FOR INFORMATION
************************************************************
Date: Tue 23 Jun 2015  Source: STRC “Tula” [in Russian, trans. Mod.NR, summarised, edited]

In previous years, the number of rabies-infected animals in our region [Tula] has been relatively low, while currently it has increased.

 ここ数年、我々の地域[Tula]において、狂犬病に感染した動物の数は比較的少ないが、現在増加している。

During the 1st 5 months of this year [2015], 64 cases have already been identified, which is more than twice as many as last year’s [2015] figures. Rospotrebnadzor believes that [the increased incidence] may be caused by insufficient measures to combat rodents in populated areas [see comment].

 今年[2015年]の最初の5か月間に、64症例がすでに確認されており、それは昨年の数字の2倍を超えている。Rospotrebnadzorは、[発生の増加]が居住地域における齧歯類対策の不十分さが起因するかもしれないと信じている[コメント参照]。

Typically, cases are registered mostly among stray animals, while now about 80 percent of rabies cases are found in domestic animals. Pets that are not vaccinated often walk unleashed and get in contact with wildlife and thus are under high risk of catching an infection.

 一般的に、現在狂犬病症例の約80%が飼育動物で見つかるのに対して、症例の大部分が放浪動物で記録されている。ワクチン接種されていないペットはしばしば放されて歩き、野生動物に接触するので、感染症にかかる高いリスク下にある。

In Tula, officials launched a large scale vaccination of stray animals and are working to identify all spots where stray animals can be collected.

 Tulaでは、当局は放浪動物の大規模ワクチン接種を開始して、放浪動物を集めることができるすべての場所を決めるために働いている。

[The mentioned assumption of Rospotrebnadzor (Russian Federal Service for Surveillance on Consumer Rights Protection and Human Well-Being) that rodents are the reservoir of the rabies virus is in need of supportive evidence.

 齧歯動物が狂犬病ウイルスの保有宿主であるというRospotrebnadzor(消費者の権利保護とヒトの幸福に関する監視のためのロシア連邦機関)の言及された仮定は、裏付けになる証拠を必要としている。

It will also be helpful to know what is meant by “stray animals;”
stray dogs or, rather, wildlife? If the latter is the case, it would be helpful to know whether oral vaccination is applied. Oral vaccination of wildlife is the recommended mode for spatial rabies control, on top of continued general rabies vaccination of domestic pets (dogs and cats) in affected areas. – Mod.AS

 ”放浪動物”、ノラ犬、あるいはむしろ野生動物?によって意味されるものを知っておくことも助けになるであろう。後者の事例であるなら、経口ワクチン接種が適用されるかどうかについてわかっていることが役に立つだろう。野生生物の経口ワクチン接種は、発生地の飼育ペット(イヌとネコ)の継続されている通常の狂犬病ワクチン接種に加えて、空間的な(場所としての)狂犬病コントロールのために推奨された方法である。]

PageTop