Home >News > ProMED翻訳情報(425回) ~インドにおける牛への狂犬病予防対策~

ProMED翻訳情報(425回) ~インドにおける牛への狂犬病予防対策~

2015.11.20

RABIES – INDIA (09): (KERALA) BOVINE, ex CANINE EXPOSURE
********************************************************
Date: Sat 10 Oct 2015  Source: The Hindu [edited]

Kerala has registered a drastic increase in the incidence of rabies in cattle during the year 2014-15, prompting the Indian Council for Agricultural Research (ICAR) to propose a strategic vaccination
programme for rabies control in the State.

 Kerala州は、2014年から2015年の間に牛における狂犬病の発生率の急増を登録し、インド農業研究評議会(ICAR)に、州における狂犬病制御のための戦略的なワクチン接種プログラムの提唱を促している。

According to the annual report of the All India Coordinated Research Project on Animal Disease Monitoring and Surveillance, rabies is highly endemic in Kerala, with a drastic increase in incidence among large ruminants (66 per cent). Rabies incidence and death of cattle was higher than anthrax, haemorrhagic septicaemia or black quarter in the State. [Black quarter is an infectious bacterial disease caused by_Clostridium chauvoei_.)

 動物疾病監視とサーベイランスの全インド協調研究事業の年報によると、狂犬病はKerala州において高度に風土病であり、大型反芻獣(66%)間の発生率で急増している。州において、狂犬病の発生率と牛の死因は、炭疽、出血性敗血症または気腫疽より高い。(気腫疽はClostridium chauvoeiによる感染性の細菌性疾患である。

The report, released at the annual review meeting of the project here,notes that rabies was newly reported from Ernakulam, Thrissur,Palakkad, Kozhikode, and Kasaragod districts. According to Gaya
Prasad, Assistant Director General, ICAR, vaccination and sterilisation of animals to control rabies had economic and strategic limitations. “While the animal birth control programme for sterilisation of stray dogs is too enormous a task to be taken up, the vaccination programme is not economically feasible.”

 ここでの年次検討会で公表された報告では、狂犬病がErnakulam、Thrissur、Palakkad、KozhikodeとKasaragod各県から新しく報告されたことが注目された。ICAR の部長補佐官Gaya Prasadによると、狂犬病制御の為の動物のワクチン接種と不妊手術は、経済的と戦略上の制限を有する。「放浪犬の不妊手術のための動物出生制御計画は適用されるのに非常に多くの課題があり、予防接種計画も経済的に実行可能でない。」

Dr. Prasad proposes a ring vaccination programme targeting regions and persons more prone to rabies. “Since rabies has wild reservoirs like mongoose, the campaign should focus on areas bordering forests where wildlife comes into contact with livestock. People like veterinary doctors and animal handlers should also be vaccinated.”

 Prasad博士は、狂犬病により罹り易い地域や人を標的とした、リングワクチン接種計画を提唱する。「狂犬病はマングースのような野生の病原体保有宿主がいるので、そのキャンペーンは、野生動物が家畜と接触する森林との境界地域に集中すべきである。獣医師や動物取扱い者のような人々も予防接種されねばならない。」

Rabies, he said, was a blot on India’s health profile. As much as 25 to 30 per cent of the human casualties due to rabies across the world were in India, he added.[Byline: T. Nandakumar]

 狂犬病はインドの衛生概観の汚点であると彼は述べた。世界中の人の狂犬病による死傷者の25~30%程度がインドであると彼はつけくわえる。

[Lack of adequate volumes of immunoglobulins and animal & human rabies vaccines are a longstanding concern, not just in Kerala but also in Himachal Pradesh. Then there is the problem of Indian rabies vaccines with deadly side effects. With the very active pharmaceutical industry in India, one can only pray that 1 of them will hear of this problem and respond appropriately. At this time India suffers 25 to 30 per cent of the human casualties due to rabies. The most cost-effective and efficient way of preventing human rabies is to vaccinate dogs. Now we are seeing another dimension of the canine failure in high numbers of bovine rabies.

 「免疫グロブリンと動物や人のワクチンの不十分さはKerala州でなく、Himachal Pradesh州でも長年にわたる懸念である。さらに、インドの狂犬病ワクチンに致命的な副作用の問題がある。人は、インドの非常に活動的な医薬品業界に対して、それらの一つがこの問題を聞き適切に対処することを、祈るだけである。現時点で、インドは狂犬病による人の死傷者の25~30%に苦しむ。もっとも費用対効果の高い人狂犬病予防方法は犬へワクチン接種することである。多数の牛狂犬病において、現在われわれは、犬における失敗の別な側面を見ている。]

PageTop