Home >News > ProMED翻訳情報(430回) ~チュニジアで行われた「世界狂犬病デー」イベント~

ProMED翻訳情報(430回) ~チュニジアで行われた「世界狂犬病デー」イベント~

2015.12.06

RABIES – TUNISIA (04): UPDATE
*****************************
Date: Sat 26 Sep 2015  Source: DirectInfo [in French, trans. Mod.AB, edited]

To mark World Rabies Day, the Ministry of Health [organized] an open day on vaccination and health education on [Sun 27 Sep 2015] at the Belvedere Park and Avenue Habib Bourguiba in Tunis, under the slogan “By vaccinating your dog, you protect yourself and your pet.”

 世界狂犬病デーを注目させるために、『あなたの犬に予防接種をすることで、あなた自身とあなたのペットを守ります』とのスローガンの下、チュニスのベルデベール公園とバビブブルギーバ通りにおいて、保健省は2015年9月27日日曜日に予防接種と健康教育に関する一般公開日を組織した。

“Together against rabies,” is this year’s theme of the World Day held on 28 September each year.

 『共に狂犬病に向けて』は毎年9月28日に行われる世界狂犬病デーの、今年のテーマである。

According to the Ministry of Health, Tunisia continues to record cases of rabies in humans, especially during the past 2 years. 5 deaths from rabies have been reported in 2015 in Tunisia and there were 3 in 2014. The Ministry of Health provides medical and preventive assistance and the necessary care to people exposed to dog bites free-of-charge in all public health institutions. In 2014, 47 000 people were vaccinated against rabies following a dog bite, compared with 41 000 in 2013, its statement said.

 保健省によると、特にこの2年間、チュニジアはヒトの狂犬病症例を記録し続けている。チュニジアで2015年に5名の狂犬病死亡例が報告され、2014年には3名であった。保健省は、犬にかまれ暴露されたヒトに対する医学的で予防的な援助および必要な処置をすべての公衆衛生研究所において無料で提供している。2013年の41000人と比較し、2014年に47000人が犬にかまれた後抗狂犬病ワクチン接種を受けた、とチュニジア政府は語った。

The Ministry of Health emphasizes the need for joint efforts to fight against rabies, given that responsible preventive behavior is the most important way of preventing the disease. The same source recommended that people who are bitten should wash the wound thoroughly with water and soap and go as soon as possible to the nearest health center.

 確かな防止的な振る舞いが病気を防止する最も重要な方法であると、保健省は狂犬病を抑制するために共同の活動の必要を強調している。咬まれた人は傷口を水と石鹸で完全に洗い、できるだけ早く近くの医療機関に向かうことを、同じ情報源で推奨している。

It is also recommended that dogs should be vaccinated annually to protect them against rabies and that household waste should be managed properly to discourage the proliferation of stray dogs.

 そこではまた、狂犬病から犬を守るために犬へ毎年のワクチン接種を行い、野良犬の増加を阻むために家庭ごみはきちんと処理しておくべきである、と勧めている。

As an initiative to strengthen prevention measures against rabies, the Ministry of Health has established a website and a Facebook page
() dedicated to the promotion of the national program against rabies, in order to enable all citizens and especially health workers to obtain instant and up-to-date information they may need.

 狂犬病に対する予防処置を強化する第一歩として、保健省はすべての市民ととりわけ公衆衛生従事者が必要とするかもしれない、迅速で最新の情報を得るためのウェブサイトとフェイスブックページ()を設立した。

Rabies is an infectious disease caused by a virus. In over 99 per cent of human cases, rabies virus is transmitted by domestic dogs through the saliva inoculated via a bite or a scratch. The incubation period for rabies is 1 to 3 months, but may vary from less than a week to more than a year. The disease usually begins with a fever and often pain or an unusual or unexplained paresthesia (tingling, itching,burning) in the site of injury.

 狂犬病はウイルスによって引き起こされる感染症である。ヒト症例の99%以上で狂犬病ウイルスは咬み傷やひっかき傷から唾液を介して飼育犬により伝播される。狂犬病の潜伏期間は1-3か月間であるがまれに一週間以下から一年間以上と様々である。病気は外傷部位の発熱としばしば痛みや異常、または原因不明の知覚異常(ヒリヒリ感、かゆみ、熱感)で通常始まる。

The World Health Organization recommends in its reports to treat the wound as quickly as possible. It also recommends the administration of a series of doses of a powerful and effective rabies vaccine. It is worth noting that effective treatment shortly after exposure can prevent the onset of symptoms and death.

世界保健機関(WHO)はできるだけ速やかに傷口を治療することをその報告で推奨している。それはまた、強力で効果的な狂犬病ワクチンの連続投与を勧めている。それは暴露直後の効果的な処置が症状発現と死を防止することが可能であることは注目に値する。

According to WHO, each year rabies kills tens of thousands of people worldwide, mainly in Asia and Africa. Each year, over 15 million people worldwide are vaccinated following a bite to prevent the onset of rabies, and this avoids hundreds of thousands of deaths per year, according to WHO.

 WHOによると、毎年、世界中の、主にアジアとアフリカで何万人もの人が狂犬病でなくなっている。WHOによると、毎年世界で15万人以上の人々が咬まれた後狂犬病の発症を防御するため予防接種を受けており、これは毎年数十万もの死亡を防いでいる。

[This is a commendable initiative taken by the Ministry of Health of Tunisia on the occasion of World Rabies Day to sensitize citizens to the danger of this disease and educate them on urgent measures to be taken, should they be bitten by an animal suspected of being rabid.
The involvement of veterinary services in this event is not mentioned in the article; however, one can assume they have been involved, given that the annual incidence of human rabies cases seems to be increasing in Tunisia and that only a vigorous and sustained action regarding stray dogs is capable of reducing these human cases.

 これは、狂犬病の疑いのある動物に咬まれた時のためにその病気の危険性を市民に知らせ、取るべき緊急措置を学んでもらうためにチュニジアの保健省が世界狂犬病デーに行った称賛すべき第一歩である。
このイベントで獣医療サービスの関与は資料に記載されていない。しかしながら、ヒトの狂犬病症例の年間発生率がチュニジアで増加しているとみられており、野良犬に関する活発で継続的な行動だけがこれらのヒト症例を減少させることができることから、人は獣医療サービスが関与していると考えることができる。

Tunisia was one of the 1st countries in which trials in vaccinating stray dogs have been performed (ref 1). At that time, no effective bait for dogs, compatible with the baits developed and widely, effectively applied for wildlife, became commercially available.

 チュニジアは野良犬の予防接種が実行された最初の国の一つである(文献1)。当時、野生動物用として開発され、広く効果的に使用されたワクチン入り餌(ベイト)と比較し得る犬用の効果的なベイトは市販されなかった。

A recent pilot study in Morocco showed, according to the authors, that oral vaccination of both owned and stray dogs is feasible with baits specifically developed (and described) for dogs and adapted modes of distribution (ref 2). Results of large-scale trials are anticipated.

 モロッコの最近の予備的研究で、著者によれば、飼い犬及び野良犬の経口ワクチン投与は犬用に特別に開発され(そして記述され)、また散布モードに馴化したベイトで実行できることを示した。大規模な試用の結果が期待されている。

PageTop