Home >News > ProMED翻訳情報(432回) ~バリ島で発生した犬咬傷による旅行者の狂犬病曝露事例~

ProMED翻訳情報(432回) ~バリ島で発生した犬咬傷による旅行者の狂犬病曝露事例~

2015.12.15

RABIES – INDONESIA (08): (BALI) CANINE, TOURIST EXPOSED
*******************************************************

Date: 21 Oct 2015  Source: Focus Taiwan [edited]

A Taiwanese tourist returning from Bali has received follow-up treatment for rabies after she was bitten by a dog and later confirmed to have been infected with the virus on the resort island, the Centers for Disease Control (CDC) said Tuesday. Lo Yi-chun, a doctor with the CDC, said the 31-year-old tourist went to Bali on 11 Oct 2015 and was chased and bitten by dogs at 1 of the island’s famous temples – Tanah Lot — resulting in wounds to her left calf and ankle that required 30 stitches to close. The tourist also received a tetanus shot, a fast-acting rabies immunoglobulin and the 1st of a series of rabies vaccines, as well as antibiotic shots and oral medicines while in Bali, Lo said.

 バリ島から帰国した一人の台湾人旅行者が、リゾート地であるバリ島内で犬に咬まれ、のちにその犬が狂犬病ウイルスに感染していたことが確認されたため、狂犬病発症予防のための追加処置を受けている、と台湾CDC(疾病管理センター)が火曜日(10月20日)に語った。CDCの医師、Lo Yi-chun氏は以下のように語った。31才の旅行者は2015年10月11日にバリ島に行き、島内の有名な寺院であるタナロット寺院で複数の犬に追いかけられ咬まれてしまった。結果としてその女性は左のふくらはぎとくるぶしに、30針を縫合する傷を負った。そしてその旅行者はバリ滞在中に抗生物質の注射と経口薬の治療を受けた上、破傷風のワクチン及び、即効性の狂犬病免疫グロブリン、一連の狂犬病ワクチンの初回の接種を受けた。

After the tourist returned to Taiwan on 16 Oct 2015, the CDC guided her to the disease inspection and quarantine station at the airport to prepare her for the next round in the series of rabies vaccines. The patient has been hospitalized and remains under observation.

 2015年10月16日に台湾に帰国後、CDCは女性に対して、疾病の検査と狂犬病ワクチンの2回目以降を接種するために空港の診療所と検疫所に案内した。患者は入院して経過観察下に置かれている。

Lo noted that between 55 000 and 60 000 people around the world die from rabies every year, with the disease most prevalent in China, India, Indonesia, Pakistan and Bangladesh. The CDC urged travelers to avoid contact with wild animals while traveling in areas where rabies is prevalent. If a traveler is bitten by an animal, he or she should wash the wound with soap and a lot of water for 15 minutes, then disinfect it with iodine or 70 percent concentrated ethyl alcohol before seeking medical treatment, Lo said.

 Lo医師は、世界中で毎年狂犬病により55,000人から60,000人が死亡しており、中国及びインド、インドネシア、パキスタン、バングラデシュでは非常に流行している、と話した。台湾CDCは、旅行者は狂犬病が流行している地域を旅行する間、野生動物との接触を避けるよう強調している。もし動物に咬まれた場合、男性でも女性でも、病院での医療行為を求める前に石けんと大量の水で15分間傷を洗浄し、その後ヨード剤か70%濃度のエタノールで消毒するべきであるとLo医師は述べた。

There are an estimated 500 000 stray dogs in Bali, but only half of them have been vaccinated against rabies, leaving the 4 million people who visit there every year vulnerable to the disease if they are attacked by dogs. More than 17 000 people were bitten by dogs in Bali in the first 6 months of 2015, and 12 of them died. The problem has been compounded by a shortage of the human rabies vaccines in major tourist areas in Bali for months, the Bali Animal Welfare Association said, according to a report dated 9 Oct 2015 on the Sydney Morning Herald’s website.

 バリ島内には推定50万頭の放浪犬がいるが、半数のみが狂犬病に対してワクチン接種を受けているに過ぎない。一方、犬に攻撃された場合には狂犬病に無防備な毎年島を訪れる400万人の人々は放置されている。バリ島では2015年上半期に1万7千人以上の人々が犬に咬まれ、そのうち12人が死亡した。シドニーモーニングヘラルドのウエブサイトに掲載された2015年10月9日付けの報告によると、この数ヶ月にわたり、バリ島内で多数の旅行者がいる地域でヒト用のワクチンが不足していることが事態を悪化させているとバリ動物福祉協会は述べている。

Rabies initially appeared in Bali in 2008, and 78 deaths resulted from the outbreak in 2009 and 2010. Only 1 person died of rabies in 2013 and 2 died of the disease in 2014 on the resort island.
[Byline: Lung Pei-ning, Jay Chou and Lilian Wu]

 狂犬病は2008年にバリ島で最初に発生し、2009年と2010年の流行で78人が死亡した。リゾート地であるこの島の狂犬病の死亡者は2013年にはたったの一人であり、また2014年に2人だった。

[It is a wonder that we do not see more reports like this of tourists exposed to rabid dogs on Bali. With international tourism being the major source of income for the island, one might expect an aggressive canine vaccination programme, plus a tactical canine cull in tourist areas. All one can say for the present is that anyone visiting the island should take great care.]

 バリ島内で狂犬病の犬に曝露されたというこのような旅行者の報告がもっと数多く見られないことは不思議である。その島の大きな収入源である国際観光旅行の見地から、旅行者がいる地域においては積極的な犬へのワクチン接種計画に加え、限定的な犬の淘汰が期待される。さし当たり全ての人に言えることは、バリ島を訪れる人は誰でも大きな注意を払うべきであると言うことである。

PageTop