Home >News > ProMED翻訳情報(433回) ~インドで発生した犬咬傷による人死亡記事~

ProMED翻訳情報(433回) ~インドで発生した犬咬傷による人死亡記事~

2015.12.15

RABIES – INDIA (10): (TAMIL NADU) CANINE, HUMAN
***********************************************

Date: 27 Oct 2015   Source: The Hindu [edited]

MM (76) of Vellanchaettipalayam, near Karumathampatty, who was bitten by a rabid dog, died at the Coimbatore Medical College Hospital (CMCH) on Sunday [25 Oct 2015]. The police said that the man was sleeping in front of his house on 15 Oct 2015 when the dog bit him on his face.

 Karumathampatty近郊のVellanchaettipalayamのMM (76)は、狂犬病の犬に噛まれ、日曜日[2015年10月25日]にCoimbatore Medical College Hospital (CMCH)で亡くなりました。
警察はこの男性は2015年10月15日に彼の家の前で就寝中に犬に顔を噛まれたと述べています。

[There is no mention of this man receiving post-exposure treatment for rabies, so one must presume he did not receive any treatment, once again demonstrating how lethal it can be to forego or be denied proper prompt treatment when exposed. As the incubation period was so very short, the dose must have been high, and the virus had but a short distance to reach his brain.]

この男性が狂犬病の曝露後治療を受けたことに対する言及がないので、彼は曝露した時に治療を受けなかったと推測しなければならず、曝露された際に適切で迅速な治療が見合わせられたり拒否されることがどのように死に至るかを再び明らかにしている。潜伏期間がとても短かったので、曝露量は多かったに違いなく、ウイルスは本当に短距離で彼の脳に到達しました。

PageTop