Home >News > ProMED翻訳情報(436回) ~ガーナにおける最近の狂犬病による人死亡の現状~

ProMED翻訳情報(436回) ~ガーナにおける最近の狂犬病による人死亡の現状~

2015.12.19

RABIES – GHANA (03): (GREATER ACCRA) HUMAN
******************************************

Date: Tue 13 Oct 2015  Source: GhanaWeb, Joy Online report [edited]

6 children die from rabies in 9 months — Korle Bu
 9ヶ月の間に、6人の子供たちが狂犬病で死亡―Korle Bu
————————————————–
Statistics from the Korle Bu Teaching Hospital’s Child Health Department [Accra, Ghana] indicates 6 children have died from rabies between January and September 2015. The statistics indicate in 2013 the hospital recorded 3 cases while 4 cases were also recorded in 2014.

 Korle Bu Teaching Hospital [Accra, Ghana]の小児科の統計によると、2015年の1~9月の間に、6人の子供たちが狂犬病で死亡している。この統計では、2013年の病院の(狂犬病による子供の死亡)事例は3件で、2014年では4件であった。

Rabies is an infectious viral disease that is almost always fatal following the onset of clinical signs. According to the World Health Organisation, in more than 99 percent of human cases, the virus is transmitted by domestic dogs. Rabies affects domestic and wild animals and is spread to people through bites or scratches, usually via saliva.

 狂犬病はウイルス性の感染症であり、発症すればほぼ間違いなく致死的となる。世界保健機関によると、人の事例の99%以上は飼い犬によってウイルスを伝播されている。狂犬病は飼育および野生の動物を冒し、咬みつきまたは引っ掻きにより通常唾液を介し、人々に広がってゆく。

Resident Doctor at the Korle Bu Teaching Hospital’s Child Health Department, Dr. Hilda Mantebea-Boye, told Adom News rabies attacks [are] on the rise and urged parents to report any case of rabies-related diseases to the nearest hospitals for treatment. “The menace is so disturbing and it’s about time the city authorities and the veterinary department intensify public education,” Dr. Hilda Mantebea-Boye said. She said other stakeholders must also collaborate with the various health facilities to prevent further increase in the numbers of the viral infection.

 Korle Bu Teaching Hospitalの小児科の研修医であるHilda Mantebea-Boyeは、Adom Newsに対し、狂犬病による被害は増えているといい、親たちには、狂犬病関連疾患のどんな事例であっても、近くの病院に行って治療を受けるよう訴えた。“この脅威はとても不穏なものであり、そろそろ市当局と獣医師たちが、啓発活動に力を入れてもいいころです。”とHilda Mantebea-Boye医師は述べた。彼女は、他の関係者もまた、さらなるウイルス感染の拡大を防ぐために、様々な保健機関と連携しなければならないと言った。

She also added that the authorities must pick up stray dogs on city streets to check rabies attacks.

 彼女はまた、当局は狂犬病の浸潤状況を把握するために、市中の野良犬を捕らえなければならないと付け加えた。

Dr. Mantebea-Boye also advised doctors and nurses at clinics in rural areas to contact experts from bigger hospitals when a suspected rabid case is brought to them to prevent people from losing their lives.

 Mantebea-Boye医師はさらに、地方の診療所の医師や看護師に、もし狂犬病の疑いがある事例が持ち込まれた場合には、人々の命を死から守るために、より大きい病院の専門家と連絡をとるようアドバイスした。

Meanwhile, Director of Public Health, Ghana Health Services (GHS), Dr. Badu Sarkodie, says the health service, the Veterinary Services Directorate and other stakeholders are educating Ghanaians about the disease.

 一方で、Ghana Health Services (GHS)の公衆衛生局長であるBadu Sarkodie医師は、保健当局、獣医師会や他の関係者は、ガーナの人々に向け、この疾病について啓発活動を行っていると述べた。

[I fear there is a need for better education about human rabies. Once symptoms have started it is too late. The patient will die midst horrifying nightmares. It is not a pleasant death. The only way to prevent human rabies cases, which are effectively all but inevitable once symptoms have started, is to treat the bite wound immediately by flushing it and injecting anti-serum (dose is weight dependent), followed by a series of 4 vaccinations. In the United States, post-exposure prophylaxis consists of a regimen of one dose of immune globulin and 4 doses of rabies vaccine over a 14-day period. Rabies immune globulin and the 1st dose of rabies vaccine should be given by your health care provider as soon as possible after exposure. Additional doses or rabies vaccine should be given on days 3, 7, and 14 after the 1st vaccination. Current vaccines are relatively painless and are given in your arm, like a flu or tetanus vaccine (extracted from: ).

 私は、ガーナにおいてのヒト狂犬病のさらなる啓発の改善を必要性を強く感じる。一旦発症が始まってからでは遅すぎる。患者は、ぞっとするような悪夢の真只中で死ぬことになるだろう。これは安らかな眠りではない。発症した場合を除いて、効果的に人の狂犬病を防ぐことができる唯一の道は、咬まれた傷口をすぐに流水で洗い、抗血清を接種し(用量は体重しだい)、その後4回の一連のワクチン接種を行うことだ。アメリカ合衆国において、暴露後予防は14日間の間に、1回の免疫グロブリンと4回の狂犬病ワクチンの投与によって行われる。狂犬病免疫グロブリンと最初の狂犬病ワクチンの接種は、暴露後できるだけ早く医療機関から受けるべきである。追加の接種は、最初の接種を受けた日から3、7、14日後に受ける。現在使われているワクチンは、ほぼ無痛であり、インフルエンザや破傷風ワクチンと同様、腕に接種する。(http://www.cdc.gov/rabies/exposure/index.htmlから抜粋)

According to OIE, Ghana reported 21 cases of rabies in 2014; 4 in 2013; 15 in 2012; 14 in 2011; and 19 in 2010. The events in Korle Bu are but the tip of a nasty iceberg.

 OIEによると、ガーナにおける狂犬病の事例は、2014年で21件、2013年4件、2012年15件、2011年14件、2010年は19件となっている。Korle Buにおける事例は、厄介な氷山の一角である。

PageTop