Home >News > ProMED翻訳情報(437回) ~ノルウェーで発見されたコウモリの狂犬病~

ProMED翻訳情報(437回) ~ノルウェーで発見されたコウモリの狂犬病~

2016.01.11

RABIES (EBLV-2), BAT – NORWAY (02): MAINLAND, DAUBENTON’S BAT,CONFIRMED

************************************************************************

Date: Thu 12 Nov 2015   From: Torfinn Moldal [edited]

Re: Rabies (EBLV-2), bat – Norway: mainland, susp. RFI
——————————————————
The Norwegian Veterinary Institute has detected European bat lyssavirus 2 (EBLV-2) in brain tissues from a Daubenton’s bat (_Myotis daubentonii_). The diagnosis is based on repeated RT-PCR and partial sequencing of the gene for the nucleoprotein. This is the 1st detection of EBLV-2 in Norway.

ノルウエー獣医学研究所はドーバントンホオヒゲコウモリ(_Myotis
daubentonii_)の脳組織からヨーロッパコウモリリッサウイルス2(EBLV-2)を検出した。診断は、核蛋白質遺伝子の繰り返し行ったRT–PCR(逆転写酵素-ポリメラーゼ連鎖反応)と部分配列解析に基づいている。これはノルウエーにおけるEBLV-2の最初の検出例である。

The bat was found by a private person in the county Oppland in the southern part of Norway on 3 Oct 2015 and brought to a care center for bats that is managed by the Norwegian Zoological Society with economical support from the Norwegian Environment Agency. The bat was weak, but it drank and ate initially. Subsequently it displayed problems with moving and swallowing and eventually died 2 days after arrival at the care center. Rabies was suspected, and the bat was
submitted to the Norwegian Veterinary Institute in Oslo. The autopsy revealed that the bat was in poor condition with no specific gross findings.

該当のコウモリは、2015年3月にノルウエー南部のオップラン県の一般人によって発見され、ノルウエー環境庁に財政的支援を受けているノルウエー動物協会が運営するコウモリのための救護センターに運ばれた。コウモリは衰弱していたが、当初は飲水し、食欲もあった。その後、運動や嚥下に障害を示し、結局救護センター到着2日後に死亡した。狂犬病の疑いがあり、コウモリはオスロにあるノルウエー獣医学研究所へ提出された。コウモリは明白な特異的所見が無く栄養失調状態であったことが剖検で明らかになった。

The official reference laboratory for rabies in the European Union,Nancy laboratory for rabies and wildlife in France, has kindly confirmed the diagnosis by detection of rabies virus and viral RNA by rabies tissue culture infection test (RTCIT) and RT-PCR respectively. Material has also been submitted to the Animal and Plant Health Agency(APHA) in Weybridge, UK for full genome sequencing as a part of an ongoing project to characterize EBLV-2 isolates from several European countries.

EU(ヨーロッパ連合)における狂犬病の公式標準検査機関であるフランスの狂犬病と野生動物のためのナンシー研究所は、狂犬病組織培養感染試験(RTCIT)とRT-PCRをそれぞれ行って、狂犬病ウイルスとウイルスのRNAの検出によって診断を確認した。材料は、ヨーロッパの複数の国からのEBLV-2分離株の性状を調べる進行中のプロジェクトの一環として、全てのゲノム配列を決定するためにイギリスのWeybridgeにある動植物衛生庁(APHA)にも送られた。

Torfinn Moldal Norwegian Veterinary Institute

[The above detailed, 1st hand information, for which we are very grateful to Torfinn Moldal and the Norwegian Veterinary Institute,confirms the suspicion published in posting
http://promedmail.org/post/20151014.3716306.

私達がTorfinn Moldalとノルウエー獣医学研究所に非常に感謝している上記の詳細な一次情報が、投稿により公表された疑問を確定的なものにした。

In the above posting we included the following information published by The Local (“Norway’s News in English”) on 19 Jul 2013: “The Norwegian health authorities fear a patient at Oslo University Hospital has died from rabies. … The patient originally comes from Asia, but has lived in Norway for several years. A blood test one month ago [June 2013] showed rabies antibodies, which could tell of infection or of having been vaccinated against rabies in the past. The woman’s family and any health care staff who came in contact with her have been vaccinated as a precaution” (see at<http://www.thelocal.no/20130719/first-suspected-rabies-case-in-years>).Our request for the said information is pending.

上記の投稿に私達は2013年7月19日に地方紙(英語のノルウエーニュース)に掲載された以下の情報を含めることとした。:”ノルウエー保健当局者は、オスロ大学病院で狂犬病により死亡した患者について危惧している。その患者は元々アジアから来たが、ノルウエーに数年間住んでいた。一ヶ月前(2013年6月)の血液検査で、過去に感染あるいはワクチン接種を受けたことを示す狂犬病抗体が検出されていた。その女性の家族と彼女と接触した全ての医療スタッフは予防処置としてワクチン接種を受けた。
(http://www.thelocal.no/20130719/first-suspected-rabies-case-in-yearsを参照)
上記の情報に対する私達の要望は、保留されている。

PageTop