Home >News > ProMED翻訳情報(439回) ~カリフォルニア州で発生したコウモリからの人の狂犬病曝露~

ProMED翻訳情報(439回) ~カリフォルニア州で発生したコウモリからの人の狂犬病曝露~

2016.01.11

RABIES – USA (36): (CA) BAT, HUMAN EXPOSURE
*******************************************

Date: Sat 26 Sep 2015   Source: Banning-Beaumont Patch [edited]

A San Jacinto High School student who handled a rabid bat is receiving medical treatment and appears to be out of danger, health officials said [on Fri 25 Sep 2015]. “The student is not sick,” Riverside County Department of Public Health infectious diseases specialist Barbara Cole told City News Service. “We started the rabies post-exposure treatment very quickly. It’s designed to protect the person and keep them from becoming ill.”

保健当局は、[2015年9月25日の金曜日に] 狂犬病のコウモリに触れたサン・ジャッキント高校の生徒が治療を受け、窮地は脱したようだと述べた。“その生徒は病気になってはいない。”と、リバーサイド郡公衆衛生局の感染症の専門家であるBarbara Coleは、City News Serviceに語った。“我々は、迅速に狂犬病の暴露後治療に取りかかりました。その治療は、その人を発症から守り、健康のままにしておくためのものです。”

The youth found the bat [Wed 23 Sep 2015] afternoon in the high school gymnasium and suffered a ‘puncture wound’ while handling the creature, while other students watched close by, according to the San Jacinto Unified School District. The student reported the incident and sought treatment soon after, according to Cole. “We received the bat on [Wed
23 Sep 2015] and had it tested for rabies yesterday [25 Sep 2015],”
she said. “The results were positive.” 

 サン・ジャッキント学区の言によると、その若者は[2015年9月23日水曜日に]高校の体育館でそのコウモリを見つけ、それを弄っているうちに“刺し傷”を負った。他の生徒たちは、それを近くで見ていたという。Coleによると、その学生は事故について報告し、すぐに治療を求めたという。“我々はコウモリを[同日に]受け取り、昨日[9月25日]には狂犬病の検査を行いました。”と彼女は言った。“結果は陽性でした。”

According to Cole, rabies can be transferred without a bite or scratch, emphasizing that “transmission can occur through secretions. “The rabies exposure protocol requires the victim to receive 4 vaccinations over a 2-week span.[byline: Alexander Nguyen]

Coleは言う。狂犬病は噛まれたり引っかかれたりせずとも伝播することがあり、特筆すべきは“伝播は分泌液を介しても起こりうることです。”狂犬病に暴露された場合、犠牲者は2週間にわたり、4回のワクチン接種を受けることが必要である。

[Guidelines from WHO for post exposure prophylaxis

 狂犬病の暴露後予防についてのWHOのガイドライン抜粋

Guide for post-exposure prophylaxis

(狂犬病の)暴露後予防法の指針
———————————–
The recommendations given here are intended as a general guide. It is recognized that, in certain situations, modifications of the procedures laid down may be warranted. Such situations include exposure of infants or mentally disabled persons and other circumstances where a reliable history cannot be obtained, particularly in areas where rabies is enzootic, even though the animal is considered to be healthy at the time of exposure. Such cases may be treated as category II or III.

 この文中での勧告は、あくまで一般的な指針である。ある特定の状況において、既に規定された手順の変更は正当化されるでしょう。このような状況とは、特に狂犬病が流行している地域においては、たとえ曝露時に動物が健康に見えたとしても、幼児や精神に障害を持つ人への暴露、および信頼できる暴露時の情報が得られない他の状況を含む。このような場合は、カテゴリーIIかIIIとして扱われるでしょう。

Post-exposure treatment, which consists of local treatment of the wound, followed by vaccine therapy (with or without rabies immunoglobulin) should be initiated immediately with contacts of categories II and III. Treatment may be discontinued if the animal involved (dog or cat) remains healthy throughout an observation period of 10 days; or if the animal is killed humanely and found to be negative for rabies by laboratory examination. Any biting animal suspected of being rabid should be immediately killed humanely and tissues examined using appropriate laboratory technique(s). Modification of the recommended procedures would be indicated in a rabies-free area where animal bites are encountered. In areas where canine or wildlife rabies is epizootic, adequate laboratory and field experience, indicating that there is no infection in the species involved, may justify local health authorities in not recommending specific anti-rabies treatment.

 傷口に対する処置とワクチン療法(狂犬病免疫グロブリンがあってもなくても)からなる暴露後の治療は、カテゴリーIIかIIIの暴露があった場合には、すぐにでも始められるべきである。暴露に関わった動物(イヌまたはネコ)が、10日間の観察期間を通して健康であった場合、あるいはその動物が安楽殺された後、実験室における診断で狂犬病陰性だと分かった場合、治療は中断されるだろう。咬みつき、狂犬病を疑われた動物はすぐに安楽殺され、その組織は適切な実験手法によって診断されるべきである。狂犬病清浄地域で動物による咬傷に遭った場合、推奨される(暴露後治療の)手順の修正が指示されるであろう。イヌや野生動物に狂犬病が発生しているが、かつ十分な研究施設と野外における(狂犬病に関しての)経験を持つ地域では、曝露に関与した動物種の感染の無いことが示されている場合、その地域の保健当局は、抗狂犬病の治療を勧めないかもしれない。

The indication for post-exposure vaccination with or without rabies immune globulin depends on the type of contact with the rabid animal.

 暴露後のワクチン接種において、狂犬病の免疫グロブリンが必要であるかどうかの指示は、狂犬病の動物との接触の仕方による。

Types of contact are:
– category I: touching or feeding animals, licks on the skin
– category II: nibbling of uncovered skin, minor scratches or abrasions without bleeding, licks on broken skin
– category III: single or multiple transdermal bites or scratches, contamination of mucous membrane with saliva from licks; exposure to bat bites or scratches

 接触の型は以下の通りである。

―カテゴリーI:動物に触れる、えさをやる、皮膚をなめられる。
―カテゴリーII:何にも覆われていない皮膚をかじられる、出血がない程度にわずかに引っかかれるか、擦り傷を負わされる、傷口をなめられる
―カテゴリーIII:皮膚を貫通するほどの咬み傷や引っかき傷を1箇所または複数負わされる、粘膜を唾液で汚染される、コウモリによる噛み傷および引っかき傷。

For category I no treatment is required, whereas for category II immediate vaccination and for category III immediate vaccination and administration of rabies immune globulin are recommended in addition to immediate washing and flushing of all bite wounds and scratches.
Depending on vaccine type, the post-exposure schedule prescribes intramuscular doses of 1 ml or 0.5 ml given as 4 to 5 doses over 4 weeks. For rabies-exposed patients who have previously undergone complete pre-exposure vaccination or post-exposure treatment with cell-derived rabies vaccines, 2 intramuscular doses of a cell-derived vaccine separated by 3 days are sufficient. Rabies immune globulin treatment is not necessary in such cases. The same rules apply to persons vaccinated against rabies who have demonstrated neutralizing antibody titres of at least 0.5 IU/ml.

カテゴリーIに対しての治療は必要ないが、カテゴリーIIに対しては早急なワクチン接種が、またカテゴリーIIIに対しては、全ての噛み傷や引っかき傷の洗浄と流水洗浄に加えて、早急なワクチン接種および狂犬病免疫グロブリンの投与が必要である。ワクチンのタイプにもよるが、暴露後治療のスケジュールは4週間以上にわたり、0.5mlから1ml量を4ないし5回筋内接種で処方されることとなる。狂犬病に暴露された患者が、以前に暴露前または暴露後の予防接種を、培養細胞由来ワクチンを用いて完全なスケジュールで受けている場合は、3日の間隔をあけ、培養細胞由来ワクチンの筋内接種を2回受ければ十分である。この場合は狂犬病免疫グロブリンの投与は必要ない。抗狂犬病ワクチンを受け、中和抗体価が少なくとも0.5 IU/ml を示す人にも同じ原則が適用できる。

In order to reduce the cost of post-exposure treatment, intradermal multi-site regimens using a fraction of the intramuscular volume per intradermal inoculation site have been developed. Purified Vero cell vaccine has been given intradermally to more than 70,000 recipients in Thailand, where it has been in routine use for several years. Intradermal rabies vaccination is also recommended by the ministries of health of Sri Lanka (since 1995) and the Philippines (since 1997). In each of these countries the introduction of this route for post-exposure treatment has permitted the discontinuation of the local production of vaccines prepared on brain tissue. Only the cell-derived vaccines that meet the WHO requirements regarding safety, potency, and efficacy for this application may be considered for intradermal use. Although rabies vaccines are usually administered under qualified medical supervision, field experience from routine infant immunization programmes with other intradermally injected vaccines highlights the potential difficulties in assuring proper delivery. This emphasizes the need for appropriate staff training to ensure correct storage, reconstitution, and injection. Provided that a correct sterile technique is used, the remaining doses may be kept in the vial at 2-8 deg C [35.6-46.4 deg F] and used for another patient within 6 hours after reconstitution.

 暴露後治療の経費を減らすため、接種部位に筋内接種量の何分の一かを用いる、複数個所の皮内接種法が開発された。タイでは、70,000人以上もの患者が精製Vero細胞由来ワクチンを皮内に接種されており、この手法はここ数年間、日常的に行われている。狂犬病ワクチンの皮内接種は、スリランカ(1995年から)やフィリピン(1997年から)の保健省によっても推奨されている。これらの国々では、曝露後治療にこの接種法を導入することで、地域で作られていた脳組織由来のワクチン製造を停止させることとなった。培養細胞由来ワクチンのみが、WHOが要求する安全性、有効性、効力の面で適合し、皮内接種での使用に考慮されている。狂犬病ワクチンは通常、適切な医療上の管理の下で取り扱われているが、他の皮内接種を行うワクチンを用いた通常の幼児への免疫プログラムによる現場での経験では、そのワクチンを確実に狙った場所へ打ち込むことの難しさを明らかにしている。このことは、(ワクチンの)正しい保管、調製、接種を保証する適切なスタッフの訓練が必要であることを強調するものである。正しい無菌操作を行えれば、余ったワクチンはバイアルびんの中で、2-8度(華氏35.4-46.4度)で保存が可能であろうし、調製6時間以内で他の患者に使うこともできる。

Tissue culture or purified duck-embryo vaccines of potency at least 2.5 IU per single intramuscular immunizing dose should be applied according to the following schedules.

 筋内接種一回の免疫量当たり少なくとも2.5国際単位(IU)の力価のある組織培養、あるいは精製アヒル胚由来ワクチンは、以下のスケジュールにしたがって用いるべきである。

Intramuscular schedules
筋内接種におけるスケジュール
———————–
One dose of the vaccine should be administered on days 0, 3, 7, 14, and 30. All intramuscular injections must be given into the deltoid region or, in small children, into the anterolateral area of the thigh muscle. Vaccine should never be administered in the gluteal region.

 1回投与分のワクチンは、(暴露後)0、3、7、14、そして30日目に投与すべきである。全ての筋内接種は三角筋に、小さな子供であれば大腿筋の前外側部に接種する。ワクチンは決して臀部に接種してはならない。

Abbreviated multisite schedule
複数個所に接種する短縮スケジュール
——————————
In the abbreviated multisite schedule, the 2-1-1 regimen, one dose is given in the right arm and one dose in the left arm at day 0, and one dose applied in the deltoid muscle on days 7 and 21. The 2-1-1 schedule induces an early antibody response and may be particularly effective when post-exposure treatment does not include administration of rabies immunoglobulin.

 複数個所に接種する短縮スケジュールである2-1-1接種法では、投与0日目には、右腕と左腕にそれぞれ1回分を投与する。7日と21日目には、1回投与分を三角筋に処方する。この2-1-1スケジュールは早期抗体反応を誘導し、特に抗狂犬病免疫グロブリンを使わない暴露後のワクチン接種において効果的であろう。

Intradermal schedule
皮内接種におけるスケジュール
——————–
WHO recommended the following intradermal regimen and vaccines for use by the intradermal route: 2-site intradermal method (2-2-2-0-1-1) for use with PVRV [purified Vero cell rabies vaccine] (Verorab TM, Imovax TM, Rabies vero TM, TRC Verorab TM) and PCECV [purified chick embryo cell vaccine] (Rabipur TM)

 WHOは皮内接種に用いるワクチンとその処方を次のように推奨している。すなわち、2箇所に皮内接種する手法として、PVRV(精製Vero培養細胞由来ワクチン[purified Vero cell rabies vaccine:VerorabTM, ImovaxTM, Rabies veroTM, TRC VerorabTM]およびPCECV (精製鶏胚培養細胞由来ワクチン[purified chick embryo cell vaccine:RabipurTM])を2-2-2-0-1-1の順で接種する。【訳者注:TM(トレードマーク)がついている単語は、いずれもワクチンの商標名と思われる】

For 2-site intradermal method (2-2-2-0-1-1), the volume per intradermal site is: 0.1 ml for PVRV (Verorab TM, Imovax TM, Rabies vero TM, TRC Verorab TM) 0.1 ml for PCECV (Rabipur TM)

 2箇所の皮内接種法(2-2-2-0-1-1)では、上記のいずれのワクチンの場合でも、1箇所当たりの投与量は0.1 mlである。

Brain-tissue vaccines
脳組織由来ワクチン
———————
The use of brain-tissue vaccines should be discontinued. WHO does not recommend any schedule using brain-tissue vaccine. National authorities should recommend a schedule of immunization that has been shown to induce an adequate level of protection when brain tissue vaccines are available in that country.

 脳組織由来ワクチンの使用はやめるべきである。WHOはどのような接種スケジュールにおいても、脳組織由来ワクチンの使用を推奨していない。もし脳組織由来ワクチンを使用できる国の場合、専門家は十分な防御反応を誘導することができる接種スケジュールを推奨するべきである。

Combined immunoglobulin-vaccine
免疫グロブリンとワクチンの併用
——————————-
Combined immunoglobulin-vaccine treatment was considered in the 8th report of the WHO Expert Committee as the best specific systemic treatment available at that time for the post-exposure prophylaxis of rabies in humans, although experience indicated that vaccine alone was sufficient for minor exposures (category II). Immunoglobulin should be given in a single dose of 20 IU per kg of body weight for human anti-rabies immunoglobulin, and 40 IU per kg of body weight for heterologous (equine) immunoglobulin; the 1st dose of vaccine should be inoculated at the same time as the immunoglobulin, but in a different part of the body. Sensitivity to heterologous immunoglobulin must be determined before it is administered. The physician should be prepared to deal with anaphylactic shock reactions. Administration of rabies immunoglobulin (RIG) should be infiltrated into the depth of the wound and around the wound as much as anatomically feasible. Any remainder should be injected at an intramuscular site distant from that of vaccine inoculation, such as into the anterior thigh.

 免疫グロブリンとワクチンを併用した治療は、WHOの専門家会議が出した8番目のレポートにおいて、人が狂犬病暴露後に予防処置を受ける際に採りえる最良の、本質的な効果を発揮する治療法であるとされているが、経験則からはわずかな暴露(カテゴリーII)ではワクチン単独の投与でも十分であると示されている。抗狂犬病免疫グロブリンがヒト由来のものである場合は、1回投与量は体重1 kgあたり20 IU、異種(ウマ)由来の場合は40 IUであるべきである。最初のワクチン投与の際、同時に免疫グロブリンも投与されるべきだが、これらは体の別々の場所に接種されなければならない。異種動物由来の免疫グロブリンに対する感受性は、それを投与する前に決定しておかなければならない。医師は、アナフィラキシーショックの対処にも備えておかなければならない。狂犬病免疫グロブリン(rabies immunoglobulin:RIG)は、できる限り傷口の奥深く、および周囲に浸透するように投与されるべきである。(ワクチンの)残部は、大腿筋前部のような、ワクチン接種された箇所とは離れた筋内に接種されるべきである。

Treatment should be started as early as possible after exposure, but in no case should it be denied to exposed persons whatever time interval has elapsed.

 治療は暴露後、できるだけ速やかに始められなければならないが、たとえ暴露から時間が経ってしまったとしても、暴露された人の治療を決して否定すべきでない。

Local treatment of wounds involving possible exposure to rabies are recommended in all exposures. – Mod.TG]

 狂犬病に暴露した可能性も含め傷口への局所処置は、全てのカテゴリーの暴露に対して推奨される。

PageTop